頭痛の原因に雨など天気も関係してくる?気象病とは?対処の方法は?
普段から片頭痛など頭痛に悩まされている人がいます。
そしてその中には天気が悪いと頭痛がするとか頭痛が増すなどという人もいますが、頭痛と天気とは何か関係があるのでしょうか?
また、その場合に頭痛を和らげる対処法などはあるのでしょうか?調べてみましょう。
病気などではないのに頭痛がするという人も少なくないと思います。
この頭痛は「一次性頭痛」と呼ばれます。「一次性頭痛」にも2種類あるとされていて、1つはよく耳にする「片頭痛」、もう一つは「緊張性頭痛」です。
ここで注目するのあh「片頭痛」。
この偏頭痛がおこりやすいという人の中には雨の日や雨が降りそうな日などに頭痛がおこる、つまりは低気圧の時に頭痛がおこるという人もいます。

片頭痛のメカニズム

片頭痛は脳の血管が急激に拡張、つまりは広がることで神経を刺激しズキズキ問いした痛みがおこるとされています。
これが片頭痛の直接的な原因です。
また、片頭痛には予兆があり血管が拡張する前には一度収縮をします。
その収縮時に予兆としてアクビが出たりイライラしたり、また手足がだるく感じたりする症状が現れることも多いそうです。

頭痛と雨の関係性

実際、雨の日には頭痛がおこりやすいのでしょうか?
調べてみると「雨」「低気圧」が原因で頭痛が起こるという訳ではないようです。
ただ全く関係性がないわけでもありません。
脳血管の拡張にはいろいろな要因があると言われていますが、雨もその一つです。
気圧の低下によって自律神経が活発になる事が片頭痛をおこす要因になっているようです。
これが「雨の日の頭痛」の原因です。いわゆる「気象病」です。
ただ、先にも述べましたが片頭痛の要因は1つだけではありません。
女性ならば、月経や排卵日に頭痛が起こる人もいますし、寝すぎや寝不足・空腹などでも片頭痛をおこす人もいます。
中にはストレスから解放されたことで緊張が解け脳血管が拡張し頭痛がおこってしまう人もいるそうです。
自分で記録を取ってみると何の要因で片頭痛がおきているのか分析することができます。
また、先ほど雨や低気圧も片頭痛の要因いなるといいましたが、逆に強い日光や強いライトの光も片頭痛をおこす要因になっています。

気象病とは

低気圧によっておこる片頭痛は「気象病」と呼ばれる病気の1つだとも言われています。
気象病は気象の変化や湿度の変化・季節の変わり目などに自律神経が反応して活発になり、片頭痛以外にもめまい・吐き気・神経痛などの症状が起こる病気です。
激しい人になると鬱の症状が出たりします。
急激な気圧や湿度の変化などで体や脳がストレスを感じて症状が出てくるそうです。
スポンサーリンク


片頭痛の対処法

片頭痛は血管が広がり神経を刺激することで起こる為、対処法としては以下のようになります。
  • 首の後ろを濡れタオルなどをあてて冷やす
  • 明るすぎない照明の部屋で症状が落ち着くまで休む
片頭痛は数時間又は1日経つと自然に収まってくるものなので、頭痛が起きた時に葉無理せず休むのが一番です。
かといって仕事を持っている人などはそうそう仕事をやすんだり途中で休憩するわけにもいかないので市販の鎮痛剤を使用したり医師から処方してもらった薬で対処する方法もあります。
ただ、やはり薬に頼ってばかりはよくないので出来る時は上記の対処法で乗り切ってください。
最近では気象予報で体調管理をするアプリ「頭痛―る」や「頭痛ろぐ」などを利用して片頭痛が起きそうな日を事前に予測し対処する人もいます。
因みに、緊張型頭痛は片頭痛とは反対でストレスや緊張・肩や首に凝りなどで血管が収縮して起こるので対処法も真逆に首の後ろを温めてあげたりマッサージで筋肉をほぐしてあげると落ち着いてきます。
スポンサーリンク


おわりに

自分はただの頭痛だと思っていても片頭痛か緊張性頭痛かによっても対処法が全然異なるのできちんとした対処をする必要があります。
まずは頭痛の原因が何かを知る事だけでも気持ちも変わってきます。
人によって症状が違ったりすることもありますし、長く症状が続いたりする場合などは別に要因・原因があるかもしれないので、一度医師の診断を受けてみることも対処法を知る一つです。

みんな読んでいる関連記事!