浴室は水(お湯)を使うところなので、どうしても湿気が残ってしまったり水が残ってしまったりして、汚れやカビが繁殖しやすくなってしまいます。
水はけがよく乾きが早いカラリ床にしていても気が付いたら黒っぽい汚れや赤っぽい汚れがついていて「うわー!」っとなってしまいます。
床掃除の簡単な仕方、予防の方法をご紹介します。
浴室の床に出来る汚れは、水・湯あか、皮脂汚れ、石鹸カス、カビなどです。
白っぽい汚れは水垢や皮脂汚れ、石鹸カスなどで、床の目に残ってしまい積み重なってしまいます。
床の目が詰まるとカラリ床でも水が残ったり石鹸カスが残りやすくなったりします。
気が付いたら出来ている黒ずみ、それは黒カビです。
黒カビは高温多湿な浴室では繁殖しやすいです。
ピンクっぽい汚れ、これはカビではなく菌です。
カビより増殖が速く、ピンクになっているところにはカビがはえやすいです。
スポンサーリンク



浴室の床の掃除!方法

常にブラシを浴室に置いているので、お風呂に入った時に気になるとゴシゴシと床や壁をこすっているんですけど、気が付くとまた汚れがついてしまっています。
水・湯を使うところなのでしかないのですが、本当キリがないですよねぇ。
スキっとスカッと綺麗にしたいです。

重曹とクエン酸

重曹もクエン酸も100均で簡単に手に入ります。
重曹はそのまま吹きかけて使えるボトルに入った重曹クリーナーも売られていますが、浴室の床掃除には粉末の物を使用します。
クエン酸は200mlの水にクエン酸の粉末をスプーン1杯入れクエン酸水を作ります。
床の黒ずみにクエン酸水をかけて(スプレー容器に入れると便利です)、そこに重曹を振りかけます。
泡泡になってくるので、しばらく放置してからブラシでこすると汚れが取れます。

泡泡が汚れを浮かしてくれます。クエン酸が無ければお酢でもいいのですが、お酢の匂いが気になるかも。。。

うちは重曹を掛けたらそのままの状態で少し放置でしたが、ラップなどをかけて空気になるべく触れないようにしてからブラシやスポンジでこすったほうが綺麗になりやすく、予防にも良いそうです。
水垢・湯垢だけならクエン酸水だけでも綺麗になります。
皮脂汚れや石鹸カスは重曹がいいです。
なので、黒カビのときと同様どちらもしてしまえば綺麗になりますね。
どれが水垢でどれが皮脂汚れでなんていちいち確認しながら掃除していると時間は経つし疲れてしまいますもんね。

消毒用エタノール

ピンクっぽい色の汚れは菌なので、除菌をしないとすぐ増えてしまいます。
スポンジやブラシでこすると色が落ちますが表面が落ちただけです。
消毒用エタノールとキッチンペーパーでパック除菌をします。
ピンクの汚れの所にキッチンペーパーを置き、消毒用エタノールを上から掛けてしばらく放置です。
その後、キッチンペーパーを剥がしたところをスポンジやブラシで軽くこすり水洗いをします。
この時、お湯を使うと空気中の菌は高温多湿にになり喜んでしまうので、水で洗い流します。
予防のためには、洗ったあとしっかり水分を拭き取ったり換気をよくすることです。

シール剥がしスプレー

簡単便利アイテムとして言われているのがシール剥がしスプレーです。
誰が使い始めたのかはわかりませんが、シール剥がしスプレーで浴室の床が簡単に綺麗になります。
100均でも小さいですが売っています。
気になるとこに吹きかけてしばらく放置。
その後、スポンジやブラシでこすって洗い流します。
シール剥がしスプレーは汚れを溶かしてとってくれます。

予防

汚れを予防するには、汚れたまま放置しない。
水気をとる。
乾燥させることです。
お風呂に一番最後に入った人が掃除をしてでてくる、という家庭もたまに聞きますが、これは汚れを残さないという理にかなっています。
水垢や皮脂汚れを次の日まで残していると乾燥して固まってしまいますし、お湯を浴槽に残したままだと多湿状態が続くので、菌やカビが発生しやすくなってしまいます。
浴室乾燥機を点けたり、家にいる時には浴室の窓を開けるなどして乾燥をさせます。
汚れを作らない為には、普段からの予防が必要です。

おしまいに

浴室は体や髪の毛を洗い綺麗にしてリラックスも出来る場所ですので、そんな場所が汚れていては気持ちよくはないですよね。
床や壁の汚れを落として、綺麗な浴室で一日の疲れと汚れを落としましょう。
スポンサーリンク