スポンサーリンク



職場のバレンタイン事情は会社ごとに全然違います。そもそもバレンタインチョコを渡さないところもあれば、お返しが気前良いところもあったり。友達の職場と比べるのも楽しいものです。ここでは、話に聞いた職場のバレンタインのお返し事情を紹介します。
スポンサーリンク



まずはじめに、女性からバレンタインに渡すチョコの相場からチェックしてみましょう。まれに「ウチはそういうの一切しない」という職場もありますが、だいたいは渡す文化があるようです。感謝の気持ちを伝えて、人間関係を良くしておこうという魂胆が見えます(笑)
といっても、500~1000円くらいの安いチョコがほとんど。職場の人数が多いほど、1人あたりの単価が落ちる傾向でした。私が以前勤めていた職場は、4粒入りのチョコ500円が定番でした。
スポンサーリンク



バレンタインのお返しは、チョコの相場より少し高めのお菓子が多い

こうして渡されたバレンタインチョコに対し、男性側はチョコより少し高いお菓子をお返しする傾向が強いです。話を聞いてると、だいたい1000~1800円くらいが相場でした。
また、女性がノンブランドのチョコを平気で渡すのに対し、男性側のお返しは分かりやすく有名ブランドのお菓子であることも多いです。スイーツ好きの女子ならひと目で「○○のお菓子だ!」と分かるものをくれるので、値段に関係なくみなさん満足している様子でした。

お菓子の種類はチョコが人気

バレンタインのお返しといえば、キャンディーやマシュマロというイメージが強いのですが、実はあまり歓迎しない女性が多いんですよね。たしかに、ほかのお菓子と比べてキャンディーやマシュマロが特別美味しいブランドってあまり聞いたことがありません。
女性に人気のバレンタインのお返しは、意外にもチョコ!あの甘い誘惑は男女問わず、いや、女性の方が好きなのです。ゴディバをはじめ、チョコなら美味しいと有名なブランドもたくさんあるから、男性も入手しやすいですから利害一致ですね。
スポンサーリンク



気前良すぎなバレンタインのお返しも!

職場によっては、500円のチョコのお返しとは思えないほど豪華なプレゼントをもらえるところもあります。これも私の昔の職場の例なのですが、女性社員だけの豪華レストランのディナーをプレゼントしてもらったことがあります。社長がポケットマネーで出してくれました。
女性同士の人間関係がめんどくさいところだと「ゲッ」ってなりますが、私がいたところはみんな仲良しだったので、これは楽しかったです。しかも定時より少し早めに退社させてもらえたのも嬉しかったですね。みんなでレストランに行って、世間話をしながらコース料理を堪能。いい思い出です。
スポンサーリンク



バレンタインのお返しなし!の職場も

一方で、お返しがなかった職場もたま~にあるようです。義理で渡されたチョコにわざわざお返しするのか!という偏屈なボスがいたり、そもそも貰ったことを忘れてたり、人間関係が悪すぎて誰がお返し買うかという話し合いすらできなかったり・・事情はそれぞれですが、全体的に「どよん」とした雰囲気が漂います。
個人個人が義理チョコをどうとらえるかは勝手ですが、女性側も付き合いで渡してる以上、社会人としてはお返ししないってちょっとあり得ない気もするんですがね・・。こればっかりは運ですね。
スポンサーリンク



まとめ

職場ごとに全然違うバレンタイン事情はいかがでしたか?たいていは無難にお菓子の交換で済むようですが、一方でお返しがスルーされることで職場の闇を感じたという人も。自分の職場環境を改めて見直すきっかけになるかもしれませんね。
スポンサーリンク