スポンサーリンク



職場でもらったバレンタインデーのお返しには毎年悩まされますよね。
何を選べばいいのか、どんなものを選べばいいのか…悩みの種は尽きません。
せっかく選んだのにいい顔をされなかった、文句を言われてしまったという経験もきっとありますよね。
今年のホワイトデーはそんなことにならないように、注意しておきたいポイントを確認して、準備していきましょう!
スポンサーリンク



職場で貰ったバレンタインデーのチョコのお返しで注意したいポイントをご紹介していきます!
スポンサーリンク



義理でも必ずお返し

義理とはいえ贈り物をもらっている場合は必ずお返しをするようにしましょう。
バレンタインやホワイトデーが職場で慣習として存在しているのであれば必須です。
お返しをしていないと、ホワイトデーが終わってから、誰々はお返ししてくれたのにこの人はしてくれなかった、などと噂話の対象になってしまいます。
いいイメージでの噂話であれば問題ないのですが、お返しをもらえなかった、というのは悪いイメージですよね。
そうするとあっという間に広まっていってしまいます。
なかなか取り返すことができないので、早めに手を打っておきましょう。
スポンサーリンク



身につけるものや残るものは避けるのがベスト

お返しに贈るものは食べ物や消耗品などといった消え物にしましょう。
義理で渡したのに、そのお返しがアクセサリーのような身につけるものだと、もらってもかえって困ってしまいます。
また、マスコットなどのキャラクターものも避けましょう。
キャラクターものは好みが大きく分かれます。
キャラクターものは一切使いたくない、という人もいます。
また、「このキャラクターは好みではない」なんて言われてしまうと悲しいですよね。
渡す相手が好きだと言っているキャラクターであれば問題はないですが、好きだとはっきりしないときはキャラクターものは避けましょう。
スポンサーリンク



賞味期限が近いものや保冷が必要なものはNG

賞味期限が近いものはすぐに食べないといけないというプレッシャーを与えることになってしまいます。
また、保冷などが必要なものは職場から離れているところから出勤している人には扱いに困ります。
スポンサーリンク



金額に注意!

あまりにも安すぎるのもいい顔をされない、というのはよく聞きますよね。
かといって、あまりにも高すぎるものを選ばれても困らせてしまいますので、金額には注意が必要です。
一般的にはもらったものの同額から2倍の金額が目安とされています。
だいたい500円から2,000円程度のものを選ぶようにしましょう。
スポンサーリンク



メッセージカードがついていた人へのお返しは?

義理チョコでもメッセージカードを付けてくれている人がたまにいますよね。
その人へのお返しには、メッセージカードを付けておくとよいでしょう。
内容はバレンタインのお礼程度で十分です。
相手からのメッセージカードの内容に沿ったものを準備しましょう。
スポンサーリンク



渡す時も注意!

最後に気を付けたいのが、渡す時です。
みんながいるところで(みんなの前で)、バレンタインのお礼の言葉をかけて、全員にもれなく渡す、ということをしっかりと意識しましょう。
職場で本命ではない限りはほかの人がいるところで渡すことで”ほかの人と同じ”ということをアピールしておきましょう。
ふたりっきりな所で渡すと、自分に気があるのではないか、などと相手に誤解させてしまうことにつながります。
スポンサーリンク



定番!スイーツのお返し

バレンタインデーのお返しといえばスイーツのお返しです。
甘いものが好きな女性は多いのでハズれることは少ないと思ってもいいでしょう。
スイーツの中でもおすすめのものをご紹介していきます!
スポンサーリンク



新作・期間限定・お取り寄せのコトバには弱い!

なかなか手に入れられなかったりする商品につけられる、この言葉たち。
この言葉には女性はとっても弱いんです!
まとめて渡すというのであれば、職場のほかの人といっしょにインターネット通販でお取り寄せをしてみるのもいいですね。
スポンサーリンク



クッキー

クッキーなどの焼き菓子は日持ちするので喜ばれます。
日持ちする以外にも、入れ物が可愛いデザインのものも多く、その点でも喜ばれます。
意外にリーズナブルなので負担はまだましかもしれません。
スポンサーリンク



フィナンシェ・マドレーヌ

フィナンシェやマドレーヌはしっとりとしているお菓子です。
コーヒーや紅茶のお供におすすめのお菓子です。
クッキーよりも見た目にボリュームがあるため、満足感が高いこともあります。
スポンサーリンク



こんなものもおすすめ!スイーツ以外のお返し

バレンタインの職場でのお返しはスイーツ以外のものでもOKです。
おすすめのものをご紹介していきます!
スポンサーリンク



定番!ハンドクリーム

ひとつひとつの単価は高いのですが、有名ブランドのものはとっても喜ばれます。
3月は乾燥しやすい時期で、またエアコンなどで乾燥しやすいので、手や指先のケアを気にするひとにとって欠かすことのできないアイテムです。
効果が高いことはもちろんですが、パッケージの可愛さや香りのよさも重要視されるポイントです。
選ぶときはそれぞれに注意して選びましょう。
わたしも冬から春にかけてはハンドクリームを愛用しています。
ブランドのものをなかなか買いに行くことができていなかったので、バレンタインデーのお返しとして有名ブランドのハンドクリームをいただいたときはとっても嬉しかったです。
いつものものとは違う、可愛いパッケージ、好みの香りだったので、見るたんびにウキウキしていました。
スポンサーリンク



寒い季節におすすめ!入浴剤

3月の中旬とはいえ、まだまだ寒い季節です。
お風呂でのリラックスタイムに必須の入浴剤をお返しに渡すのもいいですね。
ギフト用になっている入浴剤には可愛いものがとても多いです。
また、香りや効能に種類が多いので、いろいろな種類のものが入っているととても喜ばれます。
スポンサーリンク



いろんな効能からひとつ選んで♪アロマキャンドル

リラックスタイムや気分転換のためなど、生活のいろんな場面でアロマグッズを活用している人は多いです。
また、種類によっては花粉症の症状に効いてくれるものもあります。
渡す相手に合った効果が期待できるものを選んであげられるといいですね。
スポンサーリンク



まとめ

職場でのバレンタインデーのお返しについてご紹介してきました。
バレンタインのお返しはスイーツでも、スイーツじゃなくても、どちらを選んでも問題はありません。
避けたいものだけは避けて、あとで”わだかまり”などになってしまわないようにしましょう!
スポンサーリンク