スポンサーリンク



2月にあるビッグイベントといえば、バレンタインデー。
バレンタインデーに贈るものは日本ではチョコレートですが、その由来を知っていますか?
海外では、実はチョコレートを贈る習慣はほとんどないことも知っていましたか?
今回はバレンタインデーの由来と、日本でチョコレートを贈るようになった由来についてご紹介していきます!
海外でのバレンタインデーについても少しご紹介しているので、参考にしてみてくださいね♪
スポンサーリンク



今や日本ではすっかり年中行事として定着したバレンタインデー。
カタカナ表記されていることからもわかるように、バレンタインデーはもともと海外発祥のものです。
まずはどんなことがきっかけでこの日が生まれたのかご紹介していきましょう。
スポンサーリンク



「バレンタイン」の由来とは?

バレンタインデーはカンタンに言ってしまえば、バレンタインの日、ということになります。
このバレンタイン、というのは、聖バレンタインのことを指しています。
この聖バレンタインというのは、ローマで3世紀に殉教したキリスト教の司教でした。
その当時のローマ皇帝、クラウディウス2世は、兵士の士気が下がってしまう、という理由で兵士の結婚を禁止しました。
しかし、バレンタイン司教はこっそりと兵士たちを結婚させていました。
これが皇帝にばれてしまい、また、当時はキリスト教が禁止されていたため、バレンタイン司祭にキリスト教からの改宗を迫りましたが、司教はこれを拒否し、処刑されることになりました。
バレンタイン司祭が処刑された日が2月14日で、これがバレンタインデーの由来とされているのです。
スポンサーリンク



バレンタインデーのもうひとつの由来、ルペカリア祭

バレンタイン司祭が処刑された2月14日は、家庭と結婚の女神とされているユノの祝日でした。
そして、この翌日からはルペカリア祭の始まる日でした。
このルペカリア祭というのは、別々に住んでいる男女が札を引くことで、祭りの期間中は一緒にいることを決められていました。
この札によってできた男女の多くがそのままカップルになり、結婚しました。
バレンタイン司教が処刑された日はユノの祭日であるだけでなく、たくさんのカップル・夫婦を生んだルペカリア祭の前日でもあります。
そのため、キリスト教徒にとっても、この日は祭日とされて、「恋人たちの日」になったといわれています。
カップルが多く生まれるきっかけとなるルペカリア祭はとてもロマンチックですが、本当は禁じられていた兵士たちの結婚をさせていたバレンタイン司教が処刑された日、というのはなんだか悲しいような気がしますね。
スポンサーリンク



日本でのバレンタインデーはちょっと独特!?~日本でのバレンタイン文化~

日本でのバレンタインについて見ていきましょう!
スポンサーリンク



きっかけはデパートのバレンタインセール

日本でのバレンタインは、昭和30年代にデパートでバレンタインセールがチョコレート会社によって行われたことがきっかけでした。
しかし、最初のころはなかなかうまくいかなかったようです。
ところが、1970年代になってくると、バレンタインデーにチョコをあげる、という風習は小学生高学年から高校生といった学生の間に広まることとなりました。
その後、1980年代には主婦にまで広がったのです。
このようにして、日本ではゆっくりと広まることになっていきました。
スポンサーリンク



日本でのバレンタインデーの特徴は?

日本でのバレンタインデーの特徴は、なんといっても、チョコレートを渡すことにあります。
これは、チョコレートの会社がバレンタインセールを始めたことがきっかけなので、どうしてもそうなりますが…
バレンタインセールが行われた当初では、日本では「夫婦の日」とされ、チョコレートを添えて、メッセージを贈る日とされていました。
そして、その後学生に広まるころには、女の子が男の子にチョコレートを贈る、今の形になりました。
そして、1980年代には、いまではおなじみの「義理チョコ」やバレンタインのお返しの「ホワイトデー」の習慣ができあがりました。
スポンサーリンク



お返しはホワイトデー

ホワイトデーは、バレンタインデーの1か月後、3月14日を指していますよね。
この日は、「女の子からもらった愛にこたえるホワイトデー」として、キャンディーやマシュマロを贈ろう、というキャンペーンがなされたのが始まりです。
バレンタインの返礼品として、マシュマロなどの白いお菓子やクッキーなどのお菓子が主流です。
相手との関係性によっては腕時計などを渡す場合もあるようです。
スポンサーリンク



西ヨーロッパやアメリカの海外のバレンタインデーは?

西ヨーロッパやアメリカでは日本での「女の子から男の子へ」というような慣習はありません。
男性も女性も、それぞれがお花、ケーキやメッセージカードを恋人や親しい人にそれぞれ渡す日です。
贈り物はそれぞれが自由に選ぶことができます。
一時期はハートのモチーフのものが贈り物用としてもてはやされたこともありました。
チョコレートが贈られる習慣ができたのは19世紀の後半と言われています。
イギリスのあるお菓子メーカーが綺麗な絵をつけて、贈答用のチョコレートボックスを発売したのがきっかけです。
そして、日本のようなお返しとしての、ホワイトデーは存在しません。
スポンサーリンク



まとめ

バレンタインデーについてご紹介してきました。
バレンタインデーにチョコレートを贈ることになった由来はなんだか身もフタもない、という感じでしたね。
でも、バレンタインで一番大切なのは、気持ちです。
チョコレートにもしっかりと気持ちを乗せて、大切な方に贈ってくださいね!
スポンサーリンク