スポンサーリンク



車の購入で考えるのは、「どんな車に乗りたいか」だけではありません!
「どうやって購入しようか」「お金はどうしようか」という事も考えますよね?
購入資金を用意する方法で最初に思い浮かぶローンの疑問のあれこれを、分かりやすくまとめてみました。
スポンサーリンク



せっかく車の免許を取得しても、車がないと運転する事は出来ないですよね!
でも、服や靴を買うように欲しいと思ってもすぐに手に入るほど車は安くありません。
免許を取る費用は親が出してくれたけど、車は「自分で購入したい」と考える人も多いと思います。
それぞれの理由や目的があり、正社員ではなくアルバイトで働いている人の中には、これから車を購入しようと計画している人も多いと思います。
そこで気になるのが、自分の収入で車を購入することが出来るのか?
という事ではないでしょうか?
スポンサーリンク



現金?ローン?収入の現状から考える!

現金で購入するにしても、ローンを組むにしても車は高い買い物です。
思いついてすぐにという訳にはいかないのが現実ですよね!
正社員で安定した収入がある人でも現金で購入する場合、購入資金を溜めるために何年も頑張って貯金をしている人の方が多いと思います。
そう考えると、アルバイトやフリーターの収入で、車を現金で購入するのはかなり難しいと言えます。
しかし、アルバイトやフリーターであっても、生活環境や勤務状況などの事情によって、車が必要になる事がありますよね!
そこで、できるだけ早く車を購入する手段が「ローンを組む」という方法なのです。
コツコツと貯蓄をしてからでも間に合うのであれば、現金で購入する方法が一番ムリのない選択と言えますが、それでは時間がかかりすぎるので、ローンを組んで車に乗りつつ返済をしていきたい!
と考える人も多いのです。
スポンサーリンク



アルバイトでもローンは組めるの?

もちろんアルバイトでも、ローンを申し込む事は可能です。
ですが、申し込んだからと言ってローンが組めるという事にはなりません!
ローンを組む場合、ローン会社の審査を取らなければ購入資金を借り入れる事は出来ないのです!
そして、収入が安定しないアルバイトやフリーター、パートだと審査が通りにくいのが現実です。
特にアルバイトで未成年の場合は、基本的に親の同意書(保証人)が必要になります。
親の名義で車を購入するとか、ローンを組むなどの方法でないと購入するのは難しいかもしれません。
私も、初めて車を購入した時は働き始めたばかりで年収も低かったので、ローン審査に通るかの不安もあり、結婚してから主人の名義でローンを組んで購入してもらいました。
もちろん、家計が一緒なので夫婦の収入で返済しましたが、無理のない返済額、返済回数でローンを組みました。
アルバイトに限らず正社員であっても、ローンを組む際の審査基準として、前年度の収入も審査の対象となりますので、働き始めて1年未満(1年以上経っていない)の場合では、ローンを組めない可能性は高いと言えます。
反対に、アルバイトやフリーターでも勤続年数が長くて前年度の年収もある程度あり、安定していると判断されれば、ローン審査に通る可能性もあります。
スポンサーリンク



新車でも中古車でもローン審査は同じなの?

ローンの審査は、車が新車か?中古車か?ということで判断するのではなく、あくまでも本人の収入や職業、他社(他の金融機関)からの借り入れ状況などで行われるので、審査内容が違うという事はありません。
違うのは、審査の種類ではなく使えるローンの種類になります。
カーローンには3つの種類があり、「ディーラーローン」「銀行系ローン」「フリーローン」と分けられています。
「ディーラーローン」は審査に通りやすいと言われていますが、金利は高くなります。
「銀行系ローン」は、反対に、審査に通りにくいですが金利が低いのが特徴です。
そして「フリーローン」ですが、「最も審査に通りやすい」けれど、「最も金利が高い」という「メリット」と「デメリット」の両面を持っています。
新車であれば全てのローンが可能ですが、中古車の場合はディーラーローンが使える店舗や車両が限られてきます。
つまり、全てのローンが使える新車の方がお金を借りやすいとも言えます。
なぜ、中古車ではディーラーローンを使える店舗や種類が限られているのに新車だと全て使えるのか!
なぜ、ディーラーローンの審査は通りやすいのか!
その理由は、購入した新車自体の資産価値にあります。
しかも、返済中は車の所有権はディーラーまたは金融機関にあるので、お金を貸す側にとってリスクが低いからだと言われています。
スポンサーリンク



ローン審査に通っても安心してはいけない!理由その1

無事に審査が通ったとしても、返済責任が発生するのでムリな返済計画は後々苦労するので慎重に検討する必要があります。
あなたの収入源がアルバイトであるならば、より慎重にムリのない確かな返済計画を立てることをお勧めします。
初めて自分の車を購入するのですから、新車にしようか?
中古車にしようか?
迷いますよね!
でも、実際には自分で購入してローンを返済することを考えると、購入資金がより高額になる新車より少しでも手が届きやすい価格の中古車を選ぶ人も多いのです。
スポンサーリンク



ローン審査に通っても安心してはいけない!理由その2

私が初めて購入した車も中古車でした。
結婚したばかりなので、ローンの返済で生活が苦しくなるのを避けたいという考えもありました。
でも、一番の理由は車を購入するまでペーパードライバーだったので、どこかに「乗り上げ」て「こすって車体にキズ」を付けるかもという心配からの方が大きかったからです。
このように、車を購入する時に想定しておいた方がいい事は沢山あります。
なぜなら、車の購入資金は車体価格だけではないからです。
商品を購入する時には消費税がかかります。
まして、車ほどの高額な商品の消費税は、日用品などを購入した時の消費税とは比べ物になりません。
消費税以外にも様々な諸経費がかかる事も忘れてはならないのです。
ローン審査が通ったからと言って安心できないのは、そういう訳があるからです。
スポンサーリンク



中古車選びやローンだけじゃない!チェックすべき車の諸費用

ローンを組んで返済するとなると尚更、理想よりも現実を考えるのが正しい選択ではないでしょうか!
それにはまず、知っておくべき知識があります。
それは、車を購入するという事は、車体価格+消費税の他にも色んな手続きなどの諸経費がかかるという事です。
そして、ローンの問題、諸経費の問題をクリアーして購入できても、今度は常に維持費がかかるという問題です。
それらの知識を持たずに車を購入すると、維持し続ける事が困難になり、車を手放すだけでなくローンだけが残ってしまい大変な思いをすることになります。
ですから、まずは車にかかる費用を全て把握しておく必要があります。
スポンサーリンク



中古車購入!これだけの諸費用がかかる!

中古車の車体価格を見て、「この金額なら買える」と思ってしまう人も多いと思います。
しかし、いざ購入しようと見積もりを出してもらうと、「あれ?」って思う事はないですか?
もちろん車体価格には消費税もかかります。
車体にオプションで製品を付けた場合は、その製品の代金(消費税含む)もかかります。
他にも手続きなどの諸経費がかかることぐらいは、誰でも予想していると思います。
手続きにかかる諸経費の内容や金額については大まかな予想をしているだけで、実際の金額よりも低く見積もっているのではないでしょうか?
税金や保険などの「法定費用」の他に、中古車の場合は「名義変更」など、必要な手続きをする「代行費用」がかかってきます。
「名義変更」とは、今の所有者から所有する権利を自分に移す為の必要な手続きですが、面倒なので一般的には中古車販売店に代行してもらう事が多いのです。
しかし、自分で手続きを行えば無料で出来るので、諸経費を抑える事もできます。
スポンサーリンク



中古車購入でかかる諸経費の内訳は?

「法定費用」と「代行費用」の中にはどんなものが含まれているのでしょうか!
「法定費用」は、車を所有している限り定期的に継続してかかる費用と、車の購入時にだけかかる費用とがあります。
「自動車税」や「自動車重量税」「自動車取得税」「自賠責保険」「リサイクル料金」「消費税」などが「代行費用」と呼ばれる費用になります。
スポンサーリンク



中古車購入でかかる法定費用の内容とは?

※各税金は毎年変動することもあります。
「自動車税」は、排気量によって異なる税金で、中古車購入時(登録月)の翌月から3月までの分を一括で支払う決まりになっています。
ただし、軽自動車に限っては、いつの月に購入しても定額です。
「自動車重量税」は、車両の重さによって異なる税金で、通常1年ごとにかかりますが、車検時に車検証の有効期間分をまとめて支払う事になっているため、車検の有効期間がまだある中古車を購入する場合は、次回の車検まで自動車重量税の支払いは不要になります。
※軽自動車の場合は重量に関係なく自動車重量税は定額になります。
「自動車取得税」は車を取得した人にかかる税金ですが、新車を購入した場合と中古車を購入した場合では異なり、更に中古車でも年式が新しい場合と古い場合でも金額が異なります。
「自賠責保険」は、車を所有する人は必ず加入が必要と義務付けられている「強制保険」です。
どこの中古車販売店でも決まった金額になりますが、本土や離島、沖縄、沖縄離島によって保険料が異なるようです。
車検時に次の車検までの期間を支払います。
車検の残り期間がある中古車の場合は、「自賠責保険経過相当額」という項目で支払う事が多いようです。
「リサイクル料金」は自動車リサイクル法で定められた廃車処分に必要な費用で、前払いで支払う事が義務付けられていますが、金額にすると1~2万円程度で、車を売却する場合に戻ってくる費用になります。
「消費税」は、ご存じの通り商品を購入する時には必ずかかる税金ですが、中古車の場合は、本体費用、オプション費用、代行費用など(法定費用を含まない金額)に対して8%がかかります。
これだけでも、いろいろと費用がかかるのが分かりますよね!
スポンサーリンク



中古車の購入でかかる代行費用と諸経費用の内容とは?

「代行費用」の概要と大体の相場に関しては、中古車販売店により異なり、また、自分で行える手続きは面倒でも自分で行うことで、かかる費用が変わってくるとも言えます。
「車両登録代行費」は、名義を自分に移すための手続きですが、自分で行えば無料になります。
もし、代行手続きを依頼するとなると、相場は3万円以内と考えられます!
車を購入した時に必ず取らなくてはならない「車庫証明書」を取るための「車庫証明代行費」もあります。
「購入した車を置いておく場所がある」という証明が必要なのですが、この手続きも自分で行えば無料になります。
代行を依頼した時の相場は2万円以内と考えられます。
車を購入した時に自宅まで運んでもらうのですが、その時にも「納車費用」がかかります。
運ぶ距離によっても変わってくるのですが、交渉によっては値引きも可能と言われています。
そして、他にも車の引き渡し前に行う洗車やクリーニングなど、全て費用がかかります。
しかし、この費用も交渉次第で値引きが可能なのです。
こんなにかかる費用を並べると、一体いくらになるのか見当もつかないと思います。
購入する車の金額によって変わってくるので、明確な金額は分かりませんが、我が家が今までに何度か車(新車、新古車、中古車)を購入(乗り換え)してきた際にかかった諸経費から考えると、本体価格費用(オプションなどの費用も含む)に10~20%程プラスした費用がかかると考えておけば足りるのではないかと思います。
スポンサーリンク



まとめ

ここまで、中古車購入時のローンや必要な費用をまとめてみましたが、あまりに色んな手続きや費用がかかることに、更に不安になったり心配が増えたりしてしまったかもしれませんね!
それと、最後に忘れてはならない事があります。
それは、車はガソリンがないと動かないという事、故障したら修理しないと走れない(乗ってはいけない)と言う事です。
その問題をクリアーするためにかかる費用は、常に必要になります。
でも、これら全てが車を購入して所有する為の必要な知識であり、覚悟なのです!
そして、これだけ現実をみて車の購入を考えることができれば、ローンを組んだとしても計画的に返済を済ませ、次の車に乗り換える時には、きっと不安を感じることなく乗りたい車を購入する計画を立てることが出来るのではないかと思います。
スポンサーリンク