二世帯住宅、と聞くと、「お姑さんやお舅さんと一緒の生活になるんだよね…うまくやっていけるのだろうか」
「自分の両親と自分のパートナーは血がつながっていないけど、一緒に暮らすのはうまくいくのか」など、不安なことがたくさん浮かびますよね。
しかし、ひとくちに二世帯住宅といっても、そのスタイルにはいくつかあります。
生活のスタイルに合わせた間取りで建てれば二世帯住宅、二世帯同居でもストレスフリーな生活を送ることができます。
どうしても相性が悪かったり、生活の時間帯が異なったりしても、うまくやっていく方法があります。
その逆、仲が良いので大家族のような雰囲気を味わいたい!
という方におすすめのスタイルもあります。
この2つのスタイルの「いいとこどり」をして程よく共有する、ということもできます。
それぞれのメリットや注意点を確認していきましょう!
スポンサーリンク



どんなスタイル?

マンションなどの“お隣さん”のような距離感でいることができるのが、独立二世帯のパターンです。
2階建て、3階建てなどで、1階は親世帯、2階3階は子世帯が住む、ということが多いようです。
このスタイルでは、建物内は玄関も含めて共有しているスペースはありません。
お互いが生活している空間が全く異なり、お互いの生活が互いにわからないものになります。
また、玄関も共有しているため、お互いの居住スペースに出入りするためにはいったん外に出て相手方の玄関の前に行く必要があります。
建物内で共有している部分がないため、お互いに干渉しあうことはほとんどありません。
生活における違いを互いにみせないことで、互いが干渉しあうのを防ぐことができます。
スポンサーリンク



こんな人におすすめ!

一緒に住むのには抵抗があるけどなるべく近くで様子を見たいという方や、生活時間帯が全く異なる方の場合におすすめです。

費用は?

この場合、共有しているものがなかったり、ほとんどなかったりするため、建築の際の費用やメンテナンスの費用は高くなります。およそ2軒分とみておくと良いでしょう。

ここに注意!

マンションのお隣さんのような関係になるので、意識しないと互いの様子を知ることができません。
定期的に互いに交流をもてるような場を設けるなどして、様子を見ることのできる環境をつくる必要があるかもしれません。
このスタイルでは完全分離の形をとることがメインですが、建物内に階段やドアを設けることでお互いのスペースへの行き来を可能にすることもできます。
スポンサーリンク



一部を共有で程よくフリー

どんなスタイル?

玄関や浴室などの一部だけを共有して、キッチン、リビングや寝室などのみを独立させてそれぞれで使うのが、共同二世帯のパターンです。
これは部分共同型ともいわれます。
建物内の設計の際に共有するもの・しないものを決めることができるので、自分たちの距離感に合わせて決めていくことができます。
このスタイルでは親世帯を1階に、子世帯を2階に配置する方法や、平屋建てで中心に浴室やキッチンなどの共有するものを配置して、その左右にそれぞれのプライベートスペースを配置するという方法がとられます。

こんな人におすすめ!

このスタイルは、親世帯と子世帯の生活時間帯が異なる場合におすすめです。
また、べったりと同居のスタイルには抵抗があるけど、完全別居だと不安に感じる場合にもおすすめです。
お休みの日の昼間などに共有しているスペースを使って、みんなでゆっくり過ごしたい、ということもできるので、生活時間の違いを気にしている方にもおすすめです。

費用は?

共有するものがある場合、同じものを2つ以上つくる必要はないため、完全に独立している場合よりは費用は安くなります。

ここに注意!

生活時間にずれがある場合には、お風呂などの音が大きいものの位置決めに注意しなければなりません。
互いの寝室などに近すぎないようにすること、物音が気にならないように配慮する必要があります。
スポンサーリンク



多くを共有でお金と子育て助け合い!

どんなスタイル?

生活時間に大きな開きがなかったり、親世帯と子世帯の仲が良かったり、子世帯が共働きでなかなか家にいられなかったりする場合にとられるのが、融合二世帯のパターンです。
これは完全同居型ともいわれます。
このスタイルでは寝室だけをそれぞれ必要なだけ設けます。
そして、玄関や浴室だけでなく、居間やキッチンなどのすべてのものを共有しています。
そのため、大家族としてにぎやかな生活を楽しむことができます。
いつも誰かがリビングにいて、夜でも常にどこかに明かりのともっている生活になります。
また、子が共働きで昼間に家にいなくても、親がいるので、子どもの面倒を見てもらったり、親と孫が交流しやすくなったりするというメリットがあります。
また、家事を親世帯と分担するため、1人当たりの家事の負担割合が下がり、家事にかかる時間が減り、余裕がうまれるでしょう。
また、食費や光熱費が下がることが多くあります。
大人数で食材を使うので、食品をまとめ買いできたり、使い残しなどが減ったりします。
また、食事をまとめて作ることができるので、調理にかかるガス代や電気代を抑えることになります。

費用は?

この場合、家の中のほとんどのものを共有しているため、費用を大幅に抑えることができます。
通常の戸建ての1軒のものよりも部屋数が多めになるので、それよりも少し高めだと思っておくと良いでしょう。

ここに注意!

家事を分担する際にきちんとルール決め等しておかないと不仲の原因になってしまうことがあります。
また、生活時間が異なる場合のお互いの生活音が気になってしまい、ストレスになってしまうことも考えられます。
光熱費や食費などの生活費の負担の方法を前もって決めておかなければなりません。
多くのものを共有しているため、境界線があいまいになってしまいます。
「親しき仲にも礼儀あり」という言葉もあるように、費用などについてはきっちりと線引きをしておきたいですね。
また、共有しているものやスペースが非常に多いため、互いの生活の違いがどうしても気になってしまいます。
そうすると「こうしなきゃいけない」「ああしなきゃいけない」と互いに口出しをしてしまうことにもつながりかねません。
また、子世帯の会社の同僚やママ友や、親世帯の趣味仲間などを気軽に家に呼びにくくなって疎遠になってしまった…ということが起こってしまうかもしれません。
それぞれの来客をもてなすことのできるスペースも考えておく必要があります。
スポンサーリンク



まとめ

家を建てるのは人生に一度あるかないかの一大イベントです。
その家が二世帯住宅だとなおさら、後悔しないように気を配りたいところですよね。
不安なことは建築士さんや担当の方に費用も含めてしっかりと相談しながら、親世帯と子世帯の意見を両方から取り入れていきましょう。
生活スタイルやお互いの関係性をしっかり見つめながら、後悔をしないように選んでくださいね!
スポンサーリンク