夏真っ盛りの8月。砂丘で有名な鳥取県で開催される夏祭りが「鳥取しゃんしゃん祭」。鈴をつけた傘を“しゃんしゃん”と鳴らしながら大勢の踊り子たちが一斉に踊る姿は圧巻で、2014年には“傘踊り”の“ギネス記録”に認定されほど。

そこで今回は、鳥取市内最大の夏祭り「鳥取しゃんしゃん祭」についてご紹介します。

ギネスに挑戦

2014年には、傘を使って5分以上何人一緒に同じ振り付けで踊れるかを競う“傘踊り”のギネス世界記録に挑戦。その結果、それまでルーマニアの持っていた世界記録1,461人を200人以上更新する“1,688人”が成功し、世界記録として認定されました。

開催地・日程など

  • 開催日:例年8月13日から15日に開催
  • 開催地:【前夜祭】 若桜街道【一斉傘踊り】若桜街道、智頭街道、バードハットなど【市民納涼花火大会】千代河原市民スポーツ広場
  • 問い合わせ:鳥取しゃんしゃん祭振興会 事務局 TEL0857-20-3210

約4千人の踊り子が舞う「一斉傘踊り」

「鳥取しゃんしゃん祭」のメインイベントは、祭り2日目に開催される「一斉傘踊り」。約4,000人もの踊り子が一斉に「しゃんしゃん傘踊り」を披露します。鳥取の街中に色鮮やかなしゃんしゃん傘の“花”が咲く様子は必見です。開催時間は16:00~21:00。
動画は朝日新聞社です。

小学生の絵を花火に!「市民納涼花火大会」

祭りの最終日に千代河原市民スポーツ広場で開催される「市民納涼花火大会」。祭りのフィナーレにふさわしく、音楽花火など趣向を凝らした花火、約5,000発を打ち上げます。
また、県内の小学生から募集した絵を本物の花火にして打ち上げるという素敵な企画も行われ、人気となっています。開催時間は20:00~21:00。
スポンサーリンク



「鳥取しゃんしゃん祭」のアクセス情報

「前夜祭」や「一斉傘踊り」の会場となる若桜街道は、JR「鳥取駅」から徒歩7分。花火大会が開かれる「千代河原市民スポーツ広場」 は、JR「鳥取駅」から徒歩15分もしくはJR鳥取駅から運行する有料臨時バス(大人160円、子供80円)を利用できます。
スポンサーリンク



“傘”と“鈴”で盛り上げる珍しいお祭り

“鈴”をつけた“傘”をつかって総勢4,000人もの踊り子たちが一斉に踊る様子を見られるのはこの「鳥取しゃんしゃん祭」だからこそ。

また、見るだけではなく、しゃんしゃん傘踊りを踊ってみたい人は、

お祭り会場で「しゃんしゃん傘踊り体験コーナー」が設置されるので、こちらにも参加してみると楽しいですよ。

動画は神戸新聞社です。
スポンサーリンク