カロリーたっぷりの物って
何故だか美味しくって、
ついつい食べ過ぎてしまいますよね。
で、
後で後悔してしまったりして。
気が付けば
体重が増えてしまってたりして。
そんな時は、
糖質制限をして
ちょっとダイエットはいかが?
無理せず
長い目でみて効果を持続させましょう。
スポンサーリンク



炭水化物抜きダイエットが
流行った時期もありました。
白米やパン、パスタ等、
またイモ類を絶つダイエットです。
でもやっぱり
主食となるものがないと寂しいし、
食べた気があまりしなかったりします。
そんな時は糖質制限ダイエットに
変えてみましょう。

糖質制限ダイエット

糖質制限とは、
簡単に言えば「糖分」の取り過ぎを
抑えることで、
また、炭水化物の中にある
「糖質」と「植物繊維」の
糖質だけを抑えることです。
まったく摂取を止めるのではなく、
量を控えます。

炭水化物制限ダイエット

炭水化物は、
上にも述べたように白米やイモ等
「糖質」と「植物繊維」が
入っているものです。
炭水化物を全然摂取しなくなると、
植物繊維が足りなくなりますし
エネルギー不足になり、
タンパク質が分解され
身体の不調にもつながります。
スポンサーリンク



糖質制限ダイエットをするとき、どうやって糖質を減らす?

ちょっとだけ普段の食生活を
見直してみましょう。
まずは、間食をしすぎたり、
甘いものを取り過ぎていませんか?
お米がおいしいからと
食べ過ぎていませんか?
お米と麺類を
一緒に食べていませんか?
当てはまる方は、
それらの量を
少し減らしてみてください。
それだけでも
効果はみえてきます。
スポンサーリンク



私の身近なこんな人で糖質制限ダイエットを検証

実は私の主人は外国人なのですが、
かなりの偏食でした。
太っている方ではないと思うのですが、
本人は
「ちゃんと体も動かしているのに、
こんな体重になったことは
人生で初めてだ。」
といっていました。
そこで検証。

食事編

独身時代、
気に入った食べ物にはまると、
そればかり食べる。
当時一番はまっていたのが
「ラザニア」です。
毎日食べていました。
ひどいときには
昼・夜と2回。
次が、
「フリッターミックス」と
「フライドポテト」のセット。
当時はまだ外国にいたので
ポテトかパンが主食。
フライドポテトは
山盛りで食べていました。

飲み物編

「味のしない飲み物は飲めない。」
とジュースやコーラを飲んでいました。
コーヒーを飲むときは
「苦くて飲みにくい。」
と言って砂糖を10本。
紅茶には5本ほど。

間食編

「スィーツは食べない、
甘いものは嫌い。」
といいながら、
たまに冷凍の
レアチーズケーキ(ホール)を
買って一回に半分食べていました。
また、スニッカーズとマシュマロが
好きでどちらかを寝る前に
食べていることがありました。
上記からわかるように、
糖質のとりすぎです!
太らないはずがないですし、
体にも悪い。
でも本人は気づいていないのか
若かったからか、
「適度に運動しているし大丈夫、
自分が食べたいものを食べる。」
と言っていました。
スポンサーリンク



糖質制限ダイエットの、その後の変化は?

結婚後すぐ日本に移り住みましたが、
色んなことが違い驚いていました。
そこで初めて、
「こんな体重になったのは初めてだ!」
と自分が太ったことに
気づいたようです。
そして、
少しづつ見直していきました。

食事編 (夕食)

魚を食べる習慣が
お国柄あまりなかったのですが、
週2~3回は魚料理に変更。
必ず
生野菜サラダを一品つける。
ドレッシングは嫌いなので、
塩・胡椒・オリーブオイルの
シンプルなもの。
毎日同じ野菜は飽きるので、
野菜を少しづつ変えていく。
豆腐が食べられないのですが
植物性タンパク質も必要なので、
ハンバーグを作るときは
必ず内緒で豆腐を混ぜる。
(未だに知りません。)
白米は味がしない、
と苦手だったので
お米を食べるときは
ふんだんの野菜を入れて
油少なめ焼き飯に。
(かさ増しにもなりますし、
野菜もとれる)。
ゴマをいれる。
肉は
牛や豚よりチキンが多め。

飲み物編

私側の家族はとにかく
コーヒーを良く飲むのですが、
誰も砂糖をいれません。
牛乳のみです。
それに感化されたのか、
自ら砂糖の量を
1本づつ減らしていきました。
(9本に慣れたら8本へという感じ)
最終、
5本までいけましたが、
やはり苦いのか
コーヒーを飲むこと自体を止めました。
その代り紅茶を
すごく飲むようになりましたが、
紅茶の砂糖も減りました。
今では
レモンのみの時もあります。
あたりまえですが、
紅茶を良く飲むようになったら
ジュースやコーラを
飲む量が減りました。
スポンサーリンク



糖質制限ダイエット_間食編

家でケーキを食べるときは、
甘さ控えめの自家製ケーキ。
そして、
適度な運動は続ける。
駅ではエスカレーターではなく
階段を利用する。
すると知らない間に体重は減ってゆき、
2年後には10キロほど
体重が落ちていました。
外食の時は好きなものを
好きなだけ食べるのですが、
本人の意識が変わったのか
サラダは必ずと言っていいほど
食べてましたね。
急激な糖質制限ダイエットではなく、
無理せずに少しづつ変えて
いったのが良かったのか、
本人はストレスは
感じていないようでした。
スポンサーリンク



おわりに

かなり極端な例でしたが、
一度食生活を見直して
糖質を取り過ぎていないか
考えてみてください。
そして、
すぐに効果を期待するのではなく、
長ーい目でみて、
持続できそうなことから
少しづつ慣らしていってください。
急激な食事制限ダイエットは
逆に体調をくずしたり、
ストレスになります。
その後、
主人は自宅で
簡単な筋トレもはじめ、
更に体重を落としました。
昔の体重に戻ったと
言っています。
数年経った今でも
体重はほとんど変わっていません。
スポンサーリンク