スポンサーリンク



大晦日の夜と言えば年越しそば。
毎年なんとなく食べているけどその食べる理由を知っていますか?
ニガテな人にとっては苦痛以外の何物でもない年越しそばですが、実はたくさんの美味しい食べ方があるんです。
これを機に、おいしいたべかた、見つけてみませんか?
今回は、年越しそばの食べる理由やその由来、おいしい食べ方、おすすめの縁起の良い具材をご紹介していきます!
スポンサーリンク



大晦日のばんごはんがおそばだったり、ばんごはんを食べてから、年を越す直前におそばを食べたり、と年越しそばを食べて一年を締めくくろうとしている方も多いのではないでしょうか。
この年越しそば、どうしておそばなんだろう?
うどんじゃダメなの?って思ったことはありませんか?
私は温かいおそばが少しニガテなので、うどんじゃだめなのか、と切実に思っていました…。
しかし、年越し「そば」であることにはちゃんと理由があったんです!
年越しそばの意味やその由来についてご紹介していきます!
スポンサーリンク



どうして年越しそばを食べるの?

年越しそばを食べることには、「今年一年の災厄を断ち切る」という意味があります。
年越し「そば」である理由は、おそばは切れやすいということ、また、昔からおそばを食べると内臓に溜まっている毒を取り去ってくれる、と考えられていたことが挙げられます。
また、おそばって、細長いですよね。
そのため、長寿を願っていた、ということも理由として挙げられます。
そして、おそばには金運がよくなるように、という願掛けもよく行われていました。
これは、細工師が、散らばってしまった金粉を集めるためにそばの粉をまとめたものを使っていたことがあります。
そのため、年越しそばを食べ残してしまうと、新年で金運に恵まれない、ということにつながってしまうので、おなかがいっぱいの時は少なめに盛って、残さないように工夫しましょう。
ちなみに、薬味に使われるネギにも意味があるんです!
このネギには、心を和らげるという意味の「労ぐ(ねぐ)」という意味が込められています。
年越し「そば」の理由がわかりましたね。
うどんではだめで、「そば」であることにちゃんと理由があったんですね。
年越しそばはあたたかくても、冷たくてもどちらでも大丈夫です。
おそばがニガテだなあと感じる方は、お好みの方で食べてみてくださいね!
スポンサーリンク



年越しそばを食べるようになったその由来とは?

年越しそばは江戸時代から食べられていた、と言われています。
江戸時代中期に商家では月の最後の日におそばを食べるという「三十日蕎麦(みそかそば)」という習慣がありました。
これが転じて、大晦日にだけおそばを食べる「年越しそば」になったと考えられています。
スポンサーリンク



具材は何を入れる?

年越しそばに入れる(乗せる)具材は「これを入れないといけない!」というものはありませんが、地域やご家庭で異なります。
その中から、いくつかご紹介していきます!
スポンサーリンク



にしんそば

主に京都や北海道でされます。
にしんの甘辛煮を乗せて食べます。
あたたかいおそばが好きな人におすすめです。
スポンサーリンク



たぬきそば

全国的にはたぬきそばは天かすをのせたおそばです。
あたたかくても冷たくてもおいしく食べられます。
京都のたぬきそばは油揚げをのせたあたたかいあんかけそばです。
スポンサーリンク



わんこそば

岩手で食べられることが多いおそばです。
おそばをあたたかいつゆにくぐらせて食べるおそばです。
1杯の量がとても少なく、わんこそば7杯でかけそば1杯分の量になります。
スポンサーリンク



きつねそば

関東を中心に食べられているおそばです。
甘辛く煮た油揚げを乗せた温かいおそばです。
ちなみに、京都や大阪では「きつねうどん」というものがあります。
これは油揚げを乗せたうどんの事をさしています。

越前蕎麦

福井のおそばです。
越前おろしそばともいわれる、大根おろしを乗せたおそばです。
冷たいおそばが主流ですが。最近では温かいおそばもあります。
大根おろしでさっぱりと食べられます。
この食べ方は、ゆでたおそばに大根おろしをかけたり、大根おろしにめんつゆをかけてつけそばにして食べるというものがあります。
スポンサーリンク



縁起のいい具材は?

最後にご紹介するのは縁起のいいとされている具材です!
これにはえび、紅白かまぼこ、卵焼き(だて巻き)、春菊、油揚げがあります。
スポンサーリンク



えび

えびは、腰が曲がっているので、腰が曲がるほど長く生きることができる、という意味で長寿のシンボルとして扱われています。
かき揚げやてんぷらにしてあたたかいおそばに乗せるのがいいですね。
スポンサーリンク



紅白かまぼこ

紅白はおめでたいときによく使われる色ですよね。
そのため、お祝い事には欠かすことができません。
材料である、白身魚は昔は非常に効果なもので、それを使ったかまぼこは贅沢極まりないものでした。
また、かまぼこは生のお魚よりも保存がきくので、より高級なものとして扱われていました。
かまぼこは薄く切って乗せます。
冷たくてもあたたかいおそばでもおいしくいただけます。
スポンサーリンク



卵焼き(だて巻き)

卵焼きやだて巻きは黄色いですよね。
この黄色は、金色につながるので、縁起がいいとされています。
だて巻きは、巻かれているので、着物の布を連想させるため、着るものに困らない=繁栄、繁盛できる、とされています。
卵焼きもだて巻きも薄く切って乗せます。
スポンサーリンク



春菊

春菊は年越しの時期にはちょうど旬を迎えています。
お鍋に入れる方も多いのではないでしょうか?
春菊の春の字には「旬」という意味があり、盛り、という意味を持ちます。
また、どんぶりの中に緑を入れることになりますので、彩が鮮やかになります。
軽くゆでて乗せます。
スポンサーリンク



油揚げ

お稲荷さんは商売繁盛の意味があります。
そのため、商売をしている方は、油揚げを甘辛く煮てきつねそば風にしてみるのがおすすめです。
縁起が良いとされている具材をご紹介しました。
お気に入りのものはありましたか?
ぜひいろいろなものを試してみてくださいね!
スポンサーリンク



まとめ

大晦日に食べる年越しそばを食べる理由や全国の食べかたについてご紹介しました。
年越し「そば」にはちゃんと意味があります。
年越しそばの食べかたには特に「こうじゃないとだめ!」というような気まりやルールはありません。
好きな具材や好きな食べ方で食べて、新年を気持ちよく迎えましょう!
スポンサーリンク