食品宅配気になる野菜。有機野菜と無農薬野菜とオーガニックの違い。
共働きでなかなか買い物に行く時間もゆっくり取れない、年配の方は重い買い物がちょっと大変になってきたという人たちの為に注文した食材を自宅に届けてくれる便利な食品宅配サービスも沢山増えてきました。
そこでちょっと気になるのが野菜。
肉や魚なら「国産」とか「養殖」などと表示されていたり「○○産」と地域や国の名前を表示してあります。
野菜の場合は、「オーガニック」「有機野菜」「無農薬野菜」などとうたい文句があります。
本当のところこの3つの言葉の違いや内容の違いはご存知ですか?
やっぱり商品は自分がきちんと納得した上で購入するのが一番です。
特に食品宅配は手元に届くまで商品を確認することはできませんから。
スポンサーリンク



ではどの食品宅配を注文しようかな?という前にこの3つの違いを知っておきましょう。

有機

農薬や添加剤などを使用せず、且つ遺伝子組み換えなどをしていない有機JAS規格の条件をクリアしたものをいいます。
しかし、農薬を使用していないという訳ではなくJAS規格内であれば使用可能な薬剤もあります。
化学肥料や農薬の事は「無機質肥料」という一方、動物の糞や腐葉土・草木の灰など生物から来る自然の肥料を「有機質肥料」と言います。
有機野菜の求める基準は野菜を育てる土壌も前2~3年(作物による)は無機質肥料を使用していないことが定められています。

無農薬

その名の通り、野菜を育てる工程で農薬や化学肥料を一斉使用していない栽培方法です。
有機と違いは、育てる工程で農薬や化学肥料は使用していなくても農薬や化学肥料を使用していた土壌を使用している可能性があります。
農薬まみれの土壌で育った無農薬野菜は本当に無農薬と言えるのでしょうか?実は、農林水産相は「無農薬」という言葉が誤解を招く可能性があるとして商品に対して「無農薬」という言葉の使用を禁じています。

オーガニック

オーガニックとは英語でorganic、日本語の意味は「有機」です。
つまり、「有機」と「オーガニック」は言い方を変えているだけで同じものです。
さて、「有機」「無農薬」「オーガニック」の意味がわかったところで、どれが安全なのかもわかりましたね。
「無農薬」よりも土壌にも既定のある「有機」「オーガニック」の方が安全だといえるでしょう。
実は他にも「有機」という言葉を使用する有機JAS規格が定めているものがあります。
家畜などの「有機畜産物」、製品の95%が有機農産物や有機畜産物を使用している「有機加工食品」、化学物質をいれていない「有機飼料」、そして野菜や果物などの「有機農産物」があります。
スポンサーリンク



野菜宅配サービス

と野菜について少しわかったので、今度はどんな野菜宅配サービスがあるのか見てみましょう。

らでぃっしゅぼーや

「農薬に頼らない」栽培を主として育てられた野菜たちの定期宅配サービスです。
野菜だけでなく畜産物や飼料・加工品にも安心安全にこだわっています。
お試し宅配は1,980円で(4,000円相当)無料宅配してくれます。
野菜宅配だけでなく、忙しいお母さんにはミールセットなどもおすすめです。

おーがにっくがーでん

有機野菜と人参ジュースを売りにしている宅配サービスです。
定期宅配にはこだわっていないので全体的にコストが高めには感じますが、欲しい時に注文して届けてもらうことができるので安心です。
お試し宅配セットはインターネット予約であれば1,980円で無料宅配してくれます。
(ただし4~10月は別途クール便料金が必要)
月替わりで替わる内容も写真付きでサイトに出してくれるのでわかりやすいです。
有機野菜と人参ジュースを売りにしているだけあって「有機にんじんお試しセット980円」などもあります。

ビオ・マルシェ

「100%オーガニック宣言!」とうたっているだけに有機野菜の販売には35年という実績を持っている定期宅配サービスです。
4つの有機野菜セットから選ぶことができ、野菜だけでなく果物の入ったセットや卵が入っているセットもあります。
料金は少々高めに感じます。
お試しセットは1,500円で(2,800円相当)無料宅配してくれます。
スポンサーリンク



おしまい

自分や家族の健康の為に、また自分たちの生活に合ったものを上手に利用できるといいですね。
他にも有機野菜の宅配サービスはいろいろありますが、「有機」なのか「無農薬」なのかそれとも「有機」+「無農薬」+「放射線検査あり」などなどよく調べてまずはお試しセットからしてみるのはいかがでしょうか。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!