新緑がまぶしく、さわやかな風が心地いい5月。お出かけしたくなる季節の到来です!
そこで、今回ご紹介する5月のイベントは、「おくのほそ道 芭蕉ゆかりのまちあるき」松尾芭蕉にちなんで設定された5月16日の「旅の日」に、東京・江東区で毎年開催されるイベントです。
江戸時代を代表する俳人、松尾芭蕉が弟子の河合曾良(かわい そら)とともに江戸を出発し、「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」の一節で知られる「おくのほそ道」の旅へと旅立った「1689年(元禄2年)3月27日=新暦5月16日」にちなんで、日本旅のペンクラブが、1988年(昭和63年)に制定した記念日。
忙しく、せかせかした日常の中で忘れてしまいがちな「旅の心」を顧みる1日にしてほしいとの思いが込められています。
ちなみに、芭蕉がこの旅に出発した年齢は46歳。江戸の深川から、東北、北陸をまわり、終着地は美濃の大垣で、その行程は156日間、1800km以上の長旅となりました。
スポンサーリンク



旅の日を満喫!「おくのほそ道 芭蕉ゆかりのまちあるき」

毎年「旅の日」である5月16日に東京・江東区で開催されるイベント「おくのほそ道 芭蕉ゆかりのまちあるき」。今から300年以上前の元禄2年、松尾芭蕉が深川から船で千住へ向かい、千住から陸路で東北へと向かったことに思いを馳せながら、屋形船での墨田川・湾岸クルーズ、船上俳句講座や句会を楽しむイベントです。
子どもたちにもわかりやすく俳句を教えている講師を迎えます。船内で開かれる俳句講座では、優秀作品が選ばれ賞品がプレゼントされるそう。乗船人数に限りがあるので、事前の申し込みが必要です。

おくのほそ道 芭蕉ゆかりのまちあるき

  • 【日時】例年5月16日9:30頃から
  • 【集合場所】芭蕉記念館
  • 【アクセス】都営新宿線・都営大江戸線「森下」駅、A1出口から徒歩7分
  • 【対象】高校生以上、定員50名
  • 【参加費】3,800円(保険料、お弁当代含む)
  • 【問い合わせ】NPO法人本所深川 TEL:090-2206-0240
また、翌日5月17日には、もうひとつのイベント「芭蕉と深川について講演会とまちあるき」が 芭蕉記念館で10:00から開催されます。
俳人の講師を迎え、まちあるきのコースは、 芭蕉記念館→芭蕉庵史跡展望庭園(ばしょうこうしんあんしせきてんぼうていえん)展望庭園→芭蕉稲荷→臨川寺→採荼庵跡(さいとあんあと)→雄松院前(ゆうしょういんまえ)→深川江戸資料館と芭蕉にゆかりのある場所を巡ります。対象は高校生以上、定員は30名。参加費は500円。
こちらも事前の申し込みが必要です。
では最後に、イベント「おくのほそ道 芭蕉ゆかりのまちあるき」の拠点となる「芭蕉記念館」についてご紹介しましょう。年に一度の「旅の日」はもちろん、いつでも芭蕉について学べるスポットとなっています。
スポンサーリンク



いつでも芭蕉を学べる「芭蕉記念館」

1680年(延宝8年)、芭蕉が江戸日本橋から深川の草庵に移り住んだ縁で建てられた「江東区 芭蕉記念館」。
館内では、芭蕉関係の資料やパネル展示を通じて、芭蕉の人物像から深川での俳諧活動、「おくのほそ道」の出発地としての深川などをわかりやすく紹介しています。中でも、1917年(大正6年)に常盤一丁目から出土した「芭蕉遺愛(いあい)の石の蛙」は見どころのひとつ。
また、芭蕉の句に詠まれた草木が植えられ、芭蕉庵を模した祠(ほこら)や芭蕉像が置かれた庭園や俳文学関係の図書、俳誌が閲覧できる図書室もあります。

江東区 芭蕉記念館

  • 【住所】東京都江東区常盤1-6-3
  • 【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 【観覧料金】高校生以上200円/小・中学生50円
  • 【休館日】第2・4月曜日※祝日の場合は翌日休館、年末年始(12/29~1/3)

普段の忙しさを1日だけ忘れてみませんか?

いかがでしたか?忙しさにおわれる現代だからこそ、年に一度の「旅の日」5月16日に、芭蕉たちが生きた時代の「旅」時間を感じる「おくのほそ道 芭蕉ゆかりのまちあるき」に参加してみてはいかがでしょう。芭蕉になった気分で、隅田川を眺めながら一句詠むのも風流ですよ。
スポンサーリンク