飲み会や外食の機会が増えると、
どうしても家での食事よりも
食べ過ぎてしまいますよね。
お金もかかっているし
残すのはもったいない!(笑)
と思って無理してまで食べちゃうのは
私だけでしょうか・・・
いやっ、たくさんの人が
経験したことがあるはず!
でも、
その後に食べ過ぎ・飲み過ぎたことを
後悔することって結構ありますよね!
食べ過ぎて下痢・胃もたれする、
飲み過ぎて二日酔いになる。
「過ぎる」のは
良くないとかっていながら、
私も食べることが大好きなので
たくさん食べてしまって
後からとても後悔することに・・・
食べ過ぎて下痢になったり、
腹痛になった経験ってありません?
私はその経験がよくあって、
「あぁ~!あそこで止めていれば・・・」
なんてこともしばしば(笑)
それでは、
この下痢や腹痛っていったいどうして
起きてしまうんでしょうか?
スポンサーリンク



私たちが食べたものは
口から入っていって、
胃や腸で消化・吸収される
ということは
誰でもなんとなくは
知っていますよね。
腸の大切なはたらき
3つを挙げてみます。
食べ物を消化したり、
吸収するはたらき
水分を吸収するはたらき
便を体の外に排出するはたらき
このはたらきが乱れてしまったときに、
下痢や腹痛が起きてしまいます。
食べたものは胃で消化されて、
腸で栄養や水分を吸収して
残ったものが便として
外に排出されます。
これが
一般的な食べ物の流れです。
このはたらきが
食べ過ぎたことが原因で、
乱れてしまうのです。
詳しく説明してきますね。
スポンサーリンク



食べ過ぎだけではない、下痢・腹痛が起こる原因

  1. 食べ過ぎによるもの
  2. 冷えによるもの
  3. アルコールや香辛料など刺激の強い食べ物によるもの
  4. ストレスによるもの
  5. 細菌やウイルスに感染したことによるもの
大きく分けると
この5つになります。
食べ過ぎによるもの
だけではありませんが、
どれも腸のはたらきがおかしくなって
起きてしまっています。
下痢や腹痛が起こっているとき、
私たちの腸の中ではどんなことが
起きているのでしょうか!?

食べ過ぎによる下痢・腹痛

本来食べたものは
胃や腸でゆっくり消化・吸収されます。
胃や腸のぜん動運動って
聞いたことがありませんか?
食べものが入ってきたことを
感知すると
胃や腸はこのぜん動運動という
うねるような動きをすることによって、
食べ物を消化・吸収していきます。
ここで、食べ過ぎたことによって
大量の食べ物が
胃や腸に入ってきたとします。
すると、
ぜん動運動が活発になります。
活発になるならいいんじゃないの?
って思いますよね。
いえいえ!
これが下痢を起こす
原因になっているのです!
本来、腸で吸収されるはずの水分が
きちんと吸収されないままに
便と一緒に出てきてしまいます。
このようにして
下痢が引き起こされていたんですね~。

冷えによるもの・・・食べ過ぎによる下痢・腹痛???

これは食べ過ぎには関係ない
と思います?
いやいや、
関係大アリです(笑)!!
体が冷えるというのは
外気の気温によるもの
だけではありません。
食べたものによって
体の中から冷えていくことも
体を冷やしている
大きな原因になっています。
食べ過ぎからつながっていくのですが、
冷たい食べ物を食べ過ぎたり、
冷たい飲み物を飲み過ぎたりすると
胃や腸の
血流が悪くなってしまうんです。
それによって消化するはたらきまで
鈍くなってしまって、
下痢や腹痛が起きてしまいます。
夏の暑い日にアイスクリームや
キンキンに冷やしたスイカを
冷たくて美味しいからと言って
食べ過ぎて、
下痢や腹痛なってしまうという話は
よく聞きますよね。
でも、私は夏じゃなくても
冬にも
これが起きてしまうことがあります。
あまりたくさん食べていなくても、
夏に比べて全体的に体の中が
冷えている
ということなのでしょうか?
(実際に、冷え症なんですけどね・・・)
自分ではそんなに
たくさん食べたり飲んだりした
つもりがなくても、
下痢や腹痛が起きてしまう
ということは、
体が「これはちょっと多いよ~」と
いっているサイン
なのかもしれません!!

食べ過ぎ以外による下痢、腹痛にはアルコールや香辛料など刺激の強い食べ物によるものもあります。

アルコールや辛い香辛料など
刺激の強い食べ物によっても、
下痢や腹痛は引き起こされます。
アルコールや刺激物に反応して、
胃ではたくさんの胃酸が分泌されます。
胃酸が分泌されすぎると
胃の粘膜まで傷つけてしまう
ことになります。
また、食べ過ぎたときと同じように
腸のぜん動運動が活発になりすぎて
下痢になってしまいます。
汗をかいたあとに飲むビール、
最高ですよね!!
私も大好きです♪
このビールは
アルコール+体を冷やすもの
ということで
胃腸にかなり
負担をかけることに
なっていたんですね。
アルコールは冷たいものが多いので、
このへんにも気を付けないと
いけないですね!

食べ過ぎ以外による下痢、腹痛の原因にはストレスによるものもあります。

緊張すると
お腹が痛くなることってありません?
何かの発表会の前となると
私も何度もトイレに
駆け込んでいました(笑)
これはストレスの影響だと
考えられるんです。
緊張してストレスを
急激に感じたりすると、
腸のはたらきをコントロールしている
自律神経が乱れてしまいます。
そして、
腸の動きがにぶくなってしまって
下痢や腹痛が起きます。
緊張してお腹が急に痛くなる以外にも、
もしかしたら知らずにため込んだ
ストレスが影響しているかも・・・

食べ過ぎ以外による下痢、腹痛の原因には細菌やウイルスに感染したことによるもの

これは食べ過ぎからは
少し離れてしまいますが、
食中毒や風邪などの
細菌やウイルスの感染によっても
下痢や腹痛が起きます。
外食などでは食べ過ぎだけでなく、
食中毒にも注意しないといけませんね。
スポンサーリンク



まとめ

食べ過ぎによる下痢や腹痛について
お話してきました。
原因はいろいろありましたが、
下痢や腹痛などの
トラブルが起きるということは
体が何らかの赤信号を出している
ということですね!
自分の体は
自分でいたわってあげるもの。
体の声に
耳を傾けてあげましょうね♪
スポンサーリンク