男性の方々、家の中で履くスリッパはくたびれていませんか?家の中だし、家族に見せるだけだし、お客さん用はちゃんとあるから自分のはなんでもいいや、なんて思っていませんか?家の中はリラックスできる場所です。メンズ用のスリッパで家の中でもおしゃれにリラックスすると一味違うかもしれませんよ。
スリッパもルームシューズと呼ばれるようにもなったくらい変わってきています。おしゃれな男性やお父さんに見られたくはないですか?男性達におすすめのおしゃれなメンズスリッパをご紹介します。
スポンサーリンク



家の中でも土足で入る所が多い外国と違う日本式のスリッパは、もともとは開国にて日本を訪れた外国人たちが靴のまま座敷に上がろうとするのを避けるため、靴のまま履ける室内履きとして考案され作られたものです。
今では私たち日本人が家で履くものとして当たり前になりました。安価なものから高級ブランドのものまで種類もたくさんあります。ここでご紹介するのは、日本にこだわったおしゃれなスリッパたちです。

デニムスリッパもおしゃれになれます

何故「デニム」が日本にこだわっているスリッパなのかおわかりですか?岡山にある児島は国産デニムの発祥の地であり、児島で作られるデニムは世界にも誇ることが出来る品物です。そんな日本の誇る岡山デニム(児島デニム)で作られたスリッパは洋服の一部のようなスタイリッシュな感じです。日本だからこそのデニムスリッパです。
SOAS(ソアーズ)のデニムスリッパ(ルームシューズ)は、足の甲を包み込むやさしいタイプで中敷にもこだわっています。価格は1足2700円前後であります。

スリッパおしゃれメンズ、い草スリッパ

い草と言えば「畳」です。中敷を畳地にしたスリッパ。熊本県はい草の生産日本一。そしてまたまた岡山では「い草」加工製品も有名で、海外にも向けて展開していっています。今はい草を生産している農家も少なくなりました。
畳のない家も増えてきました。だからこそ、い草製品を1つは持っていてもいいと思いますよ。夏はいい香りのい草のスリッパで素足にも快適に過ごせます。価格は1足1,000円くらいから3,000円くらいまであります。

炭ゴザ中スリッパ、おしゃれメンズ

中敷に備長炭を細かくして練りこん樹脂でゴザ(畳敷)のように仕上げてあるスリッパです。備長炭には、消臭・脱臭・防カビ・遠赤外線の効果があるので、冬は暖かく夏は涼しく一年を通して使用できます。
また、足の臭いが気になっているメンズにはこっそり消臭として快適に過ごせるかも。(きつい足の臭いには効果は薄いですのでご理解ください。)価格は1足1,500円くらいから2,000円くらいで販売されています。

竹中スリッパこれもおしゃれでメンズです

天然素材の竹を中敷に使用した夏におすすめのスリッパです。素足にひんやりとそしてサラッとした感覚で気持ちよく過ごせます。京都の「手捺染」を使用した表地のスリッパは落ち着いた大人の風合いをかんじさせます。価格は1,800円くらいから2,500円くらいで販売されています。

ささ和紙スリッパ

SASAWASHI株式会社の製品で、和紙とくま笹を融合させている製品です。和紙を作る際にくま笹の繊維を漉き込み、シート状の和紙を作った上で細長く切ります。それを撚って糸を作り上げていき、その糸を使用して作られたものが「ささ和紙スリッパ」です。
和紙の吸水性とくま笹の抗菌防臭力で快適に過ごせます。また、天然素材だからこそ安心して使用することができます。価格は1足3,200円から3,800円(税別)で販売されています。ちょっとお高いですが、こだわりの1品としてはいいのではないでしょうか。
スポンサーリンク



まとめ

いかがですか?一口にスリッパ(ルームシューズ)といっても、日本にこだわった製品でさえこんなにも種類があります。もちろん他にも麻を使用したもの、藍染めを使用したものなどまだまだあります。今はオンラインショップや通販などでもほぼ購入することができます。

日本人だからこそ日本の素材にこだわって、自分だけの一品を見つけて家の中でもスタイリッシュに且つ快適に過ごしてみてはいかがでしょう。

女性の方々、ちゃんと足元も見てくださいね。今年の男性陣は一味違いますよ!!
スポンサーリンク