夏休みの宿題でよく出される「工作」。何にしようかと頭を悩ます「自由研究」にも、低学年なら、図画工作系を選ぶのも“アリ”です。集中できる時間が短い低学年の子どもたちでも、絵を描いたり、物を作ったりするのなら、なんとかやり遂げることができます。
そこで今回は、低学年の子どもたちにもぴったりな、夏休みの工作の宿題で使えるアイテムをご紹介します。
スポンサーリンク



「夏休みの工作をどうしようか?」。自分で作るものを決めるのは、高学年ならまだしも、低学年の子どもにはなかなか難しいところ。そんな夏休みの工作でお悩みの子どもたちにおすすめなのが、家にあるアイテムで簡単にできる工作と市販の工作キットを買ってしまうという2パターンです。
スポンサーリンク



市販の工作キットを利用

材料も作り方も付いている“至れり尽くせり”の市販の工作キットは、工作初心者にとって心強い味方です。
中でも、100円均一でおなじみのダイソーで扱っている「ダイソーサイエンス」シリーズは種類も10種類以上と豊富です。「望遠鏡をつくってみよう!」「モーターをつくろう! 」 「プラネタリウムをつくろう!」などの工作系のキットのほか、「塩を育ててみよう!」「月の満ち欠けをしろう!」といった実験系のキットもあります。
また、もうひとつの100円ショップ「セリア」は、「学研キッズネット」とコラボし、100円ショップのアイテムを使った工作や実験のアイデアをサイトや店舗で紹介しているので、こちらを参考にするのも良いでしょう。
もちろん、そのまま説明書通りに作るのもいいですが、アレンジを加えてみたり、キットを使って作ったものを、自宅にある材料を使って工夫しながら今度はオリジナルで作ってみると、子どもの想像力が膨らむきっかけになります。
スポンサーリンク



家にある材料で作る工作

家にある材料で作る工作の代表格は、どこの家庭にも必ずある「ペットボトル」を材料に作る「ペットボトル工作」。とってもお手軽にできておすすめです。
例えば「ペットボトルけん玉」。
材料は、ペットボトル2本、カッター、ビニールテープ、はさみ、たこ糸、ガチャガチャの空カプセルだけ。
作り方
  • ①2本のペットボトルをそれぞれ口から10センチほどの所で切り、その切り口にビニールテープをはります。
  • ②この加工した2本のペットボトルの口同士をビニールテープでくっつければ、けん玉の土台部分の出来上がり。
  • ③続いて、けん玉の玉になる部分は、がちゃがちゃカプセルの中央の穴に糸を通し、糸がぬけないよう内側に結び目をつくって、カプセルをとじます。
  • ④カプセルの糸をけん玉の土台の真ん中に結び付ければ、「ペットボトルけん玉」の完成です。
材料は多少異なりますが「手作りおもちゃ・簡単工作を楽しもう|トイライフ」さんが動画で紹介しています。イメージとしてご覧になってください。
このほか「ペットボトル風車」や女の子に人気の「ペットボトルスノードーム」「ペットボトルバスケット」など、いろいろな工作を楽しめます。一つ作ってみて、作る楽しみを覚えれば、ペットボトルを使ったいろいろなおもちゃづくりに挑戦できます。

親子で楽しむ夏休み工作

夏休みの宿題の中でも、親のサポートが必要な工作の宿題。ぜひ、面倒くさがらずに、市販のキットなどを使いながら、子どもたちと一緒に楽しんで作ってみてはいかがでしょう。くれぐれも、子ども以上に夢中になって、お父さん、お母さんが作ってしまわないようにしましょう。(笑)
スポンサーリンク