スキレットは少し前から流行し始めて気になっている人も多いかもしれません。
お店のように温かい料理が食べられたら…。
ちょっと嬉しいですよね。
ただスキレットをどう使えば良いのかわからずに購入を迷っている人も多いはずです。
ほかのフライパンとは微妙に違うので今回はスキレットの特徴と、お手入れ方法などをみていきます。
まずスキレットの特徴をみていきましょう。

重さ

まず普通のフライパンとの大きな違いはその重さです。
大体普通の鉄フライパンと同じくらいの重さはあると考えて良いでしょう。
ただ重いということはその分分厚く温度を保ちやすい特徴があります。
実際、ハンバーグなどをそのまま食器のようにしてプレートで運ぶ店も多いですよね。
スキレットも同じく料理を温かく美味しく味わえるのが大きなメリットです。
アウトドアの時なんかも料理が冷めやすいのですがスキレットがあると温かい料理が食べられます。

美味しくなる

普通のフライパンと同じ料理をしてもスキレットを使うことで美味しさが格段に上がることが多いです。
というのもスキレットはすぐに温度が上がらないためにじっくりと火を通すのに向いています。
肉なんかの場合は表面はしっかり、中はジューシーでとっても美味しくいただけます。
ちなみにフライパンと使い方は基本的には同じで、炒める、焼く、煮るなどのほか、揚げるという工程も可能です。
1つで何役も果たすのは嬉しいですね。
もちろんスイーツだってスキレット一つで簡単にできます。
パンケーキやフレンチトーストもアツアツで食べられます。
スポンサーリンク



スキレット鍋のお手入れ方法は?

スキレットは普通のフライパンと素材が違うのでしっかりとお手入れをしなくてはなりません。
では具体的に方法をみていきましょう。

シーズニング

シーズニングは初めて使うときに必ず行う作業です。
出荷された時にサビ防止のために散布されているワックスを落とす作業です。
洗剤と柔らかなスポンジで洗います。
そしてキッチンペーパーで拭き、ガスコンロで空焼きをしましょう。
ここでしっかり乾かしたらオリーブオイルを取っ手なども含め薄く塗り、再び空焼きをします。
このオリーブオイルを塗る、空焼きをするという作業を何度か繰り返したら最後に野菜くずを炒め、シーズニングは終わりです。
野菜を炒めることでにおいを消してくれます。
このシーズニングの際にスキレットは取っ手部分も熱くなるので必ずハンドルカバーなどを使用ししっかり手を火傷しないように気をつけましょう。
もしもシーズニングが面倒な場合にはシーズニング不要のスキレットもありますのでそちらの方が良いかもしれません。

汚れた場合

まず普段使用した後は拭き取る程度で洗剤で洗うなどはしません。
ただ、使い続けると気をつけていても焦げ付き、サビが目立つようになってきます。
この場合は水かお湯で洗って火にかけて乾かしましょう。
シーズニングを行うのも良いです。
また良くやりがちが、フライパンを冷まそうと熱いうちに水をザーッとかけてしまう行為。
これもスキレットではやめましょう。
ひび割れなどの原因となります。

まとめ

いかがでしたか?おしゃれで使い勝手の良いスキレット。
いつもの料理が美味しくなるのは有難いですよね。
ただ素材ゆえに、手入れをしっかりしていないとサビたり欠けてしまう原因となります。
今回紹介したシーズニングなんかは、とてと大切なのでしっかり覚えておきましょうね。
スキレットを上手に活用すれば、肉料理はもちろん、魚、野菜も美味しくなります。
ちょっとした手間はかかりますが、活用できれば料理の幅も広がるはすですよ。
ぜひスキレット、活用してみてください。
スポンサーリンク