睡眠時の無呼吸症候群。治療しないとどうなるの?自分では気づかない
健康についてをテーマにしているテレビ番組とかでも良く聞く「睡眠時無呼吸症候群」。
どんな病気なのでしょうか?
なんとなくわかるけどはっきりとはどんな症状なのかよくわからない。
自分には関係ない、と思っているかもしれません。
もしかしたら寝ているから自分では気づいていないのかもしれないと疑いがある人もいるかもしれません。
改めて無呼吸症候群ってどんな病気なのか、治療で治るのかなど見ていきたいと思います。
SAS(Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれる睡眠時無呼吸症候群はその名の通り、寝ている時に10秒以上呼吸をしていない状態が何回も起きてしまっている病気です。
空気の通り道である上気道が狭くなって呼吸が止まってしまいます。
男性では40代~50代が多く、女性では閉経後に多くみられるそうです。

なぜ無呼吸になる?

  • 肥満
  • 軌道がもともと狭い
  • 顎が小さい
などがあげられます。
肥満の場合は首のまわりの脂肪が軌道を狭めてしまいます。
仰向けで寝ている時は舌の付け根が下がりますので、軌道が狭いと下の付け根が通り道を塞いでしまい、息が出来なくなってしまいます。

無呼吸症候群を疑う方法

寝ている時に起こる病気なので自分では気づかずに無呼吸症候群になってしまっていることがあります。
でも、無呼吸症候群は快適な睡眠をあたえてはくれませんので、日中に影響が現れてきます。
  • なんだか常に眠い
  • 集中できない、記憶力が低下
  • 電車や待ち時間などちょっとの間でも寝てしまう
  • 寝起きに頭痛がする
  • 熟睡感がなく疲れが取れない
日中のこのような症状に合わせて睡眠時には下記のようなことが起こります。
  • 突発的な感じの大きないびきで目が覚める
  • トイレに何度も起きる
無呼吸になることによって十分な酸素が得られない、呼吸が戻った時に大きないびきと共に目が覚めるので脳が常に起きてしまう場体になります。
脳が起きると睡眠中は尿を溜めやすくなる膀胱が起きている状態になりトイレに行きたいと感じさせます。
そうすると寝ているつもりでも脳や身体の機能は起きてしまっているので、熟睡感がなかったり日中でも常に眠くなってしまいます。
睡眠不足は集中力や記憶力を低下させてしまいます。
また、脳に十分な酸素が供給できなくなり寝起きに頭痛がしたりします。
上記の症状が頻繁に起きていると気になった場合は、家族や友達で睡眠時を確認してくれる人がいれば頼んでみたり、ビデオをセットして睡眠時を撮影してみて確認した方がいいかもしれません。
スポンサーリンク



治療をしないとどうなる?

睡眠時無呼吸症候群を放っておくとどんな弊害が起こってきてしまうのでしょう。実は生死にかかわる病気になる可能性が強いのです。
十分な酸素が供給できていない、つまり酸欠状態が続き無呼吸のままで意識不明になってしまうこともあるそうです。
血液中の酸素不足で糖尿病や高血圧を悪化させたり、動脈硬化を起こして心臓や血管に負担がかかり脳卒中・心不全・心筋梗塞・狭心症などの危険性が高まってしまいます。
つまりは、睡眠時無呼吸症候群は危険な病気とも言えます。

治療方法

スポンサーリンク



自分が無呼吸症候群だとわかったら、医師に相談して適切な治療を受けることができます。
  • CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法
    (Continuous posi-tive airway pressure))
  • 睡眠時に専用のマスクを付けて機械で継続的に空気を送り軌道を広げます。

  • スリープスプリント
  • 自分の顎や歯の形に合わせて専用に作るマウスピースの事です。
    睡眠時に下あごを前に出すように固定することで、下の付け根が軌道を塞いでしまわないようにします。

    自分が無呼吸症候群だとわかったら、医師に相談して適切な治療を受けることができます。
    CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療

    口蓋扁桃肥大が原因で起こっている場合は外科手術をして扁桃を切除することもあります。
    治療は1回や2回で終わるものではなく定期的な通院をしながら治療していくものなので長くかかります。
    健康保険の適用の有無などもいしと相談することをおすすめします。

    最後に

    睡眠時無呼吸症候群は自分では気づきにくいものだからこそ、もし家族から睡眠時のいびきや無呼吸を指摘されたり、旅行中に一緒に行っている友達から指摘されたら、「別に今のところ生活や仕事に支障は出てないから大丈夫。」
    というのではなく大きな病気になってしまう前に早めに循環器内科・呼吸器科など専門の医師に相談するようにしてください。
    スポンサーリンク



    みんな読んでいる関連記事!