水道水は直接飲んでも大丈夫ですが、水道水の中には塩素が含まれています。
塩素と言っても具体的にどんなものか説明しようと思っても今一わかってないことが多いです。
塩素とはどういうものなのでしょう。
また、塩素を抜くには水道水を一度沸かした方がいいと昔から言われていますが、果たして本当でしょうか?賛否両論あるようなので、どうすれば安全に水道水を飲むことが出来るのか調べてみました。
塩素とは、難しくいうと単純な私にはわかりにくく感じたので簡単に言うと、水道水や飲料水に漂白や大腸菌などを消毒するための殺菌剤として使用されているものです。
腐食作用があり有毒な塩素ですが、水道水に消毒として使用されるには水質基準値があります。水質基準は水の用途によって異なります。水道水・工業用水・下水道・公共プールなどそれぞれに基準値が設定されています。
「水がカルキ臭い」
と言うときがありますが、その臭いは塩素から発生いているものです。水道水においての塩素の基準値は蛇口から出てくる水1リットルあたり残留塩素が0.1mg以上0.4mg以下と決まっています。
スポンサーリンク



水道水の塩素は危険?

塩素は有毒な物質だと先にも少し述べましたが、どのような危険があるのでしょうか?

トリハロメタン

トリハロメタンとは発がんの可能性のある物質で、塩素が水中の有機物と反応すると発生します。
トリハロメタンにもいくつか種類があり、主に発生するのはクロロホルムだと言われています。
クロロホルムは大量に取ると肝臓や腎臓の働きを低下したり、血圧や呼吸機能に害を及ぼすとされていますが、水道水に含まれてくるクロロホルムは微量です。
日本での水質基準は1リットルあたり0.06mg。これは他の水道設備が整っているとされている国よりも厳しい基準値だそうです。

塩素アレルギー

殺菌力が高い塩素を大量に体内に入れることで体内のタンパク質を酸化させアレルギーが起こることもあると言われています。アトピー性皮膚炎や喘息、敏感肌などを誘発させる恐れがあります。
25度で気化してしまう塩素ですが、その気化した塩素をお風呂やシャワーの時に吸い込むのも粘膜を破壊するので器官に悪いとも言われています。
スポンサーリンク



水道水を沸騰させると安全?

では、水道水を一度沸騰させてから飲んだ方がいいと言うのは本当でしょうか?
沸騰させることで塩素のカルキ臭は無くなりますし、25度の温度で気化してしまいます。しかし、沸騰させることでトリハロメタンを増やしてしまうというデメリットがあります。
このトリハロメタンを消滅させるには沸騰後も約15分間ほど沸騰させた状態にしないといけないそうです。
先に述べたように塩素は気化してもそれを吸い込むことでもアレルギーを発症させてしまう可能性があるということです。とすると、常に換気をよくして15分以上沸騰させてから使用するのが安全な方法と言えるのでしょう。
もうこうなってくると怖くて水道水を飲んだり使ったり出来なくなりそうです。
しかし考えてみると、これらは「大量に摂取または吸引した」場合に起こりうる症状で、塩素事態の害も健康な身体の場合はほとんど気にする必要はないそうです。プールの塩素は水道水の基準値よりも高いので、髪がパサついたり乾燥肌になったりすることはあります。
今は水道の蛇口に取り付ける浄水器も販売されていますし、使用している家庭も多いのではないかと思います。シャワーヘッドようの浄水器もあります。なんだか気にすれば気にするほどそれがストレスになり、逆に体に悪いような気もします。

おしまいに

日本の水質検査や管理は世界でも厳しい方だそうですが、それでも心配な方はウォーターサーバーを利用されるのがいいのかもしれません。それでも何かと水道水は使うものなので、なかなかすべては回避できるとは思えませんが。。。
アトピー性皮膚炎や喘息など遺伝的要因のある人には塩素を失くしたからと言って完治するものではありませんのでご理解が必要です。
結局言えることは、気にしすぎて余計なストレスを溜めないようにしてくださいね。
スポンサーリンク