収納付きスツールの便利な活用法!プチDIYで簡単リメイクも!
スポンサーリンク



主にリビングやダイニングで使用されることが多いスツール。
ハイスツールやステップスツールなど種類も様々ですが、その中でも、特に使い勝手の良いのが収納スツール
今はDIYで作る人も多いほど、日常的にも使われている家具です。
今回はそんな収納スツールを、さらに賢く便利に使用する方法をご紹介したいと思います!
スポンサーリンク



物が多くてきれいに片づけられない、部屋が狭くて家具を増やせない、などお部屋の収納スペースの少なさに困っている人は多いはず。
そこでオススメなのが収納スツールです!
収納スツールとは、その名の通り収納機能のついたスツールのこと。
ボックス型で蓋のついたタイプが主流ですが、形や素材、大きさも様々あるので、部屋の大きさや用途によって使い分けられます。
スポンサーリンク



片づけたいけど、片づけられない!?収納の落とし穴

散らかっている部屋というのは、単に片づけられないだけでなく、収納スペースと物の多さが比例していないという場合も多いのです。
それは単に物が多いだけでなく、部屋の構造上、収納スペースを確保できないという問題もあります。
収納家具をいくつも置けるほど部屋が広いならいいけど、実際はテレビやベッドなど、他の家具や家電に占領されて収納スペースを作れない!
という人も少なくないようです。
特に賃貸の場合は壁に穴や傷はご法度ですから、壁掛け収納なども難しい始末。
私も以前ワンルームのアパートに住んでいた頃は部屋の大きさも六畳と小さく、備え付けのクローゼットも小さいのが一つだけだったので、収納には苦労しました。
中には散らかっている方が落ち着くというツワモノもいますが(笑)、多くの人は整理整頓された部屋で快適に過ごしたい、人を呼んでも恥ずかしくない部屋にしたい、と思っているはずです。
スポンサーリンク



収納スペースを確保して片づけ上手に!

収納スツールの最大の利点は、何といっても収納スペースを確保できること
特に日用品などは、細々していて乱雑になりがちですよね。
生活の中で使用する日用品は意外と多いもの。
そこで、こういった日用品はスツールに収納してしまうのです。
スツールなので普段はイスとして利用できますし、必要な時には蓋を開けて取り出すだけです。
とても簡単。そして一石二鳥。
間仕切りをすればさらに細かく収納できるので、100均などで売っている小さめのボックスを活用して、用途に合わせて上手に片づけましょう!
また、物が多い人にはベンチタイプもオススメです。
ベンチタイプはソファの代わりにもなりますし、収納スペースもかなり確保できます。
値段もソファと変わらないか、安い物も多いので、ぜひチェックしてみてください!
スポンサーリンク



リビングやダイニングだけじゃない!?意外な場所にも収納スツール

スツールといえば、リビングやダイニングなどで使用するイメージが強いですよね。
しかし、他にも自宅のいろいろな場所で活躍してくれるんです。
そんな収納スツールの意外な活躍場所をご紹介したいと思います。
スポンサーリンク



玄関に収納スツール

収納スツールの意外な活用場所の一つ目は玄関
靴を履く時、座って履く人って結構いますよね。
お年寄りや小さいお子さんは特に。
女性でも冬場にブーツを履く時などは座った方が履きやすいもの。
そんな時に、スツールは便利なんです。
忙しい時でもサッと腰掛けて支度を済ませられますし、ちょっとした来客の際も座って話したりできる。
さらに収納スツールなら、玄関回りに必要な日用品もしまっておけます。
例えば、収納場所に困るのが来客用のスリッパ
アパートやマンションの場合、シューズケースが小さかったり、玄関自体が狭くてスリッパを入れるスペースがなかったり。。。
なんてことも、収納スツールに入れておけば、見た目もスッキリして気持ちよくお客様を迎えられます。
あと、玄関に置いておいて意外と便利なのが印鑑
我が家は100均のシャチハタ(100均なのでゴム印かな)を常に置いています。
宅配便の際などに必要ですが、リビングにしまっていると、とっさの時に見つからなくて焦ってしまいがち。
なので、これも収納スツールに入れておくと便利です。
毎日使うものでなくても必要なものはぜひ収納スツールにしまって、玄関まわりをきれいに保ちましょう。
スポンサーリンク



お風呂の脱衣所に収納スツール

意外や意外、お風呂の脱衣所にも収納スツールが使えるんです。
スツールがあれば、お風呂上りに腰掛けて涼んだり、座りながら、歯を磨いたり身支度を整えたりもできます。
でも収納スツールというと布製や革製のイメージですよね?
そんなものを湿気の多い脱衣所に置いて大丈夫なの?
と思ってしまいますが、大丈夫なんです!
脱衣所にはラタンの収納スツールがオススメ。
ラタンとは、東南アジアなどの熱帯雨林地域のジャングルに自生するヤシ科の植物で、日本名で「籐(とう)」と呼ばれています。
ラタンは通常の木材よりも丈夫で折れにくく、通気性も良いため、水気の多い脱衣所でも使えるんです。
温泉や銭湯の脱衣所でよく見かけるカゴやイスも、このラタンでできてるんですよ。
それなら安心ですよね!
これを脱衣所に置いて、タオルなどを収納しておけば、お風呂上りにいつでも洗い立てのタオルを使うことができます。
スポンサーリンク



子供部屋に収納スツール

汚くなりがちな部屋の代表として、子供部屋があります。
特に小さいお子さんがいる家庭では、常におもちゃが散乱していて散らかしっぱなしなんてこともありますよね。
そんな時におもちゃ箱の代わりとして、収納スツールが役立ちます。
キャラクター物のスツールなども多く販売されているので、お子さんの好きなキャラクターにすれば、今までやらなかったお片付けも進んでやってくれるかもしれません。
また、子供向けのものにはやわらかいクッションが入っているものが多いので、万が一転んでぶつかっても安心です。
プラスチック製のおもちゃ箱だと、乗ったりぶつかったりして割れてしまうと意外と怪我をしやすいんですよね。
それからキャラクター物はデザインも可愛いものが多いので、子供部屋のインテリアとしても最適です。
ぜひ一つは持っておきたいところですね。
スポンサーリンク



プチDIYでオリジナルの収納スツール!

スポンサーリンク



収納スツールが便利なのはわかったけど、オシャレなものは値段もいいので、そんなに何個も置けないよ!という方も多いでしょう。
そういう時は、自分でDIYしちゃいましょう!
収納スツールは安いものだと¥2,000位からあります。
お手頃でもシンプルで使い勝手の良いものは沢山ありますが、それでは物足りない方は、自分の好きな柄の布を張り付けたりするだけでも一気にオシャレになります。
これならDIY初心者でも簡単にできますよね。
もう少し上級者になると使わないリンゴ箱やカラーボックスなどをリメイクし、収納スツールとして使う人もいるみたいですよ。
今は100均でもいろんなDIY商品が売られているので、低予算でも工夫次第でオシャレに仕上げることができます。
お部屋の雰囲気や用途に合わせて、自分でカスタマイズするのも面白いかもしれませんね。
スポンサーリンク



まとめ

収納スツールはDIY初心者でもリメイクしやすく、様々な場所や用途で活躍する万能家具です。
今まで収納スペースに悩んでいた方も、ぜひスツールを活用した収納法を取り入れてみてくださいね!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!