私の卒業旅行は海外!
マレーシアに飛びました。

あなたは卒業旅行と聞くとどこをイメージしますか?国内ですか?海外ですか?

国内で代表的なのは
ディズニーランドがある
関東圏であったり、
USJがある大阪やその近辺の関西圏。
さらには
沖縄という意見もあるでしょう。
スポンサーリンク



卒業旅行は国外にも目を向けて見ましょう。

台湾やオーストラリア、
アメリカが人気圏でしょう。
そんな中、私はなぜ
マレーシアを選んだのでしょうか。
スポンサーリンク



少しマレーシアの魅力について紹介していきます。

私がマレーシアに決めた要因は
大きく3つあります。
  • 気候
  • 物価の安さ
  • 治安・安全度です。
スポンサーリンク



マレーシアの気候は夏です

マレーシアは東南アジアに
位置していて、
赤道にとても近い国です。
なので一年中比較的暖かい国です。
(むしろ暑いぐらいです)
平均すると年間27度前後だそうです。
私は12月に卒業旅行に行ったので
暖かい国が
いいということになりました。
スポンサーリンク



次にマレーシアの物価です

マレーシアは比較的物価が安い国
となっています。
(東南アジアの中では
やや高めだそうです)
でも日本と比べると約3分の1
となっています。
ということは比較的向こうで使うお金
(旅費)を
安く済ませることができます!
私は特にここに惹かれました。笑
私たちはまだ学生でお金もあまり
持っていませんでしたので。
スポンサーリンク



最後に治安・安全度です。

やはり海外旅行へ行く際に
一番気にする項目ですよね。
東南アジアと聞くと
「治安・安全面は大丈夫なの?」
「衛生面はどうなの?」
などさまざな不安要素がありますね。
でも、調べたところ私の行った
マレーシア半島は比較的安全で
外務省の出す海外安全ホームページ
では危険情報は出ていませんでした。
なので、安全性に関しても
心配はありませんでした。
このように気候、
物価の安さ、治安・安全度から
マレーシアに決めました。
スポンサーリンク



マレーシアに行くにあたって

具体的に準備したもの
  • 着替え数着
    (向こうはジメジメして
    暑いので半袖は必須)
  • 現金やパスポート、携帯など貴重品
  • 筆記用具
  • 変換プラグ
  • ポケットWi-Fi
  • 飲料水(先送りの荷物)
その他必要だなと思いついたもの。
特に赤色になってるものは
必須だと思います。
変換プラグは
画像を参考にしてください。
先っぽが3つのものです。
また、ほとんどの
蛇口から出る水は直接飲めません。
なので、
飲料水を購入しなければなりません。
でも、あり得ないことに
コンビニやスーパーへ行くと
売ってる商品でフタが開いていたり
異物混入している場合もあります。
(実際にフタが
開いているものがありました)
なので
必ず購入の際には確認してください。
私は家から
飲料水を持って行くことにしました。
スポンサーリンク



ちなみにマレーシアのお金の単位は皆さん知っていますか?

多くの人は「知らない!」と答えます。
私自身も調べるまで知りませんでした。
答えはリンギットです。
目安ですか、
1リンギット=約27円です。
おおよそ30円と計算すると良いですよ。
スポンサーリンク



時差とフライト時間は?

日本との時差は
どれくらいあるのでしょうか。
時差は約1時間です。
あまり大差はないですね。
フライト時間は
成田空港からクアラルンプールまで
およそ7時間半でした。
余談ですが、
私はJALで映画を見て過ごしました。
特に機内は乾燥するので
水を持って行くことをお勧めします。
スポンサーリンク



マレーシアの日程

1日目
クアラルンプールに着いた時間が
午後6時ごろだったため、
1日目は
ほとんど行動できませんでした。
ホテルに着きひと段落したところで
周りの散策をしました。
これはその時に見つけた
ツインタワーです。
2日目
2日目は少し移動し
ホームステイ場所に向かいました。
え?
ホームステイ!?
と感じる方がいると思いますが、
旅費削減と一緒に行く友達と
話し合った結果ホームステイという
結論に至りました。
(意外と楽しくいろんなところに
連れて行ってもらえました!)
車で2時間ほど移動し
ホームステイ先に着きました。
そこで待ち構えてたのは
思いもよらない光景でした。
10歳ぐらいの女の子が
バイクに乗っていたり、
5人乗りのバイク…。
すごく危険な行為です。
そこでは日本では決して
見ることのできない
やってはいけない光景がありました。
そこから
電車に乗り観光をしてきました。
マレーシアの電車は切符ではなく
専用コインです。
これにも驚きましした。
そしてムルデカ・スクエアに
行ってきました!
そして夜にはホームステイ先で
地域の食文化を堪能しました。
焼きそばのようなものですね。
でも、
スパイスがかかっていて辛かったです。
ほとんどの料理にパクチー、
スパイスが使われているので
苦手な人は気をつけてください。
3日目
3日目は買い物目的で回りました。
セントラルマーケットと
パビリオンに行ってきました。
12月ということで
クリスマス雰囲気でした。
これはパビリオンに
行った時の写真です。
真ん中が吹出しというか
筒抜け状態になっていました。
セントラルマーケットは
比較的古い建物で
何か歴史を感じるような所でした。
お面や骨董品、服など
いろいろなものが売ってました。
(どちらかというと
お土産メインって感じでした)
卒業旅行の思い出として必要なものは
見つけられませんでした。笑
一方でパビリオンは比較的
日本にある大型ショピングモール
みたいな感じでしたね。
飲食店やさまざなお店がありました。
4日目
ついにマレーシア最終日となりました。
その日にホームステイ先で
民族衣装を着させてもらいました。
ちなみにホームステイ先には
お風呂はなくシャワーしかありません。
これは温水が通ってないのではなく
文化的なものだそうです。
たしかに一年中暑いので
熱いお風呂はいらないと思います。笑
奥の3人が私たち
ホームステイをした旅行者です。
この民族衣装、
なかなか着るのに苦戦しました。笑
スポンサーリンク



最後に、、、

私はこの卒業旅行を通して
さまざまなことを学びました。
特に先入観やメディアの情報に
惑わされないということを学びました。
悪い部分だけが
印象に残りやすいと思いますが、
行ってみたらとてもいい国でした。
気候、雰囲気などトータルして
私はオススメできる国だと思います。
ただ注意点としては
「日本」を基準にして考えることです。
日本ほど安全で治安のいい国はない
と言ってもいいでしょう。
もちろん下水道すべて完備されており
水洗トイレというわけではありません。
(有料トイレだと水洗トイレで
温水便座も付いています)
有料トイレなんてあるんですね。
道路も少し駅から離れると
舗装されていません。
(セントラルマーケットに行く時
実際にそうでした)
でも、ホームステイ先には
Wi-Fiが飛んでいて
比較的近代化は進んでいました。
この記事を読んで少しでも
マレーシアに対する気持ちが
わかったら
是非、卒業旅行に行ってみてください。
とても楽しかったですよ。
スポンサーリンク