ソロキャンプという言葉を

ご存知ですか?

言葉の通り、

ソロ=ひとりで
キャンプするということです。

キャンプにあまり馴染みがない人だと

「ひとりでキャンプするって
大変じゃないの?寂しくないの?」
と思うかもしれません。

ですがこのソロキャンプ、

誰にも気を使うことなく
ひとりの時間をのんびり過ごすことが
できるのでおすすめなんですよ!

ソロキャンプに必要な道具となると、

荷物もそんなに多くなりませんし
慣れれば気軽に行けるものです。

ソロキャンプに出掛ける為に必要な

キャンプ道具をまとめてみました。

スポンサーリンク



ソロでもソロじゃなくても、

キャンプで使う道具って
大体わかりますよね?

ちょっとあげてみたいと思います。
  • テント 
  • テーブル
  • チェア 
  • シュラフ(寝袋) 
  • マット
  • 食器類
  • コッヘル
  • ガスバーナー
  • 灯り
これさえあれば、

とりあえず必要最低限のキャンプが
できるかと思います。

ひとつずつお話していきますね!
スポンサーリンク



ソロキャンプの道具_テント

キャンプの寝床に

欠かせないのがテント!

これを忘れて

キャンプはできませんよね。

ソロキャンプに向いているものは、

1~2人用か2~3人用の
小さくて軽いテントです。

うちも夫婦ふたりの

キャンプのときでも、
主人ひとりで組み立てられるほど
簡単な登山用のテントを使っています。

登山用のテントって、

そのテントをもって山を登ることを
考えられているので軽くできていて、
なおかつとっても丈夫!

ソロキャンプにおすすめのテントです。

ソロキャンプの道具_テーブルとチェア

ソロキャンプなのでチェアは

ひとつで足りますし、
テーブルもそんなに大きなもの
じゃなくても大丈夫でしょう。

基本的に小さく折りたためる

ものなので、持ち運びも便利です。

ソロキャンプの道具_シュラフ(寝袋)とマット

テントの中で快適に夜を過ごすために

必要なシュラフとマット。

これも登山用のものだとコンパクトで

軽量なものがたくさんあります。

もちろん保温性も抜群です!
うちにも登山用のシュラフが

あるんですが、
初めて見た時

「こんなに小さいけど、
ちゃんと入れる寝袋なの!?」

と思ったぐらい
コンパクトだったんです(笑)

出してみると、

もちろん大人ひとりが

ちゃんと入れる大きさがありますし、

ダウン素材でできているので
ふんわりして暖かいです。

ソロキャンプの道具_食器類

これは用途に応じて

必要なものが変わってきますが・・・

最低限、
  • カップ
  • お皿
箸があれば大丈夫かと。

シェラカップなら、
カップにもお皿にも
万能につかるので便利ですよ!

アウトドア用のものだと

軽くて丈夫なのはもちろんですが、
ここで意外と使えるのが百均グッズ!

プラスチックなどの軽くて使いやすい

掘り出し物が結構あるんです!

食べるものによって箸じゃなくて

スプーンやフォークが
あると便利な場合もありますし、

ちょっとしたものを

安く揃えられる
百均を活用するのもおすすめです。

ソロキャンプの道具_コッヘル

これはアウトドアや登山で使う

小型の調理道具のことです。

小さいフライパンや

鍋になるようなものが
コンパクトにまとまっています。

これひとつあれば、

調理の時の焼く
茹でる
煮るなどができちゃいます!

ソロキャンプの道具_ガスバーナー

コッヘルを使うために

必要なガスバーナー。

アウトドア用のものは

軽量化されているし、
火をつけるのもとっても簡単です!

これひとつあれば、

温かいものを
食べたり飲んだりできるので、

ソロキャンプにも

持っていきたい道具のひとつですね。

ソロキャンプの道具_灯り

暗い夜を過ごすには

かかすことができない灯り。

灯りにもいろいろな種類があります。
  • 懐中電灯
  • ランタン
  • ろうそく・・・
自分が使いたいものを選びましょう!
今はLEDのライトも

たくさん出ていて、

小さくても

かなり明るいものもありますし、
ろうそくのような
優しい灯りのものもあります。

初心に戻って、

ろうそくっていうのもいいですよね。

人は優しい火のゆらぎを見ると、

癒されるということが
科学的にも証明されているそうです!

私もろうそくの火を

のんびり眺めるのが大好きです!

ソロキャンプの道具_あったら便利はなくても大丈夫!

ひとりでするソロキャンプですから、

荷物はできるだけ少なく軽く、

準備が簡単にで

きちゃうものがいいですよね!

必要最低限なくてはならないものは

欠かせませんが、
荷物を減らしたいなら

無駄なものを

なるべく持たないことです。

テーブルとチェアも、

シートが1枚あれば済む話ですよね。

ですが、キャンプで過ごしたい

スタイルによって
道具を揃えていきましょう!

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか?

私はソロキャンプは未経験ですが、

必要な道具などを見ていくと、

分ひとりでもできそうだな~って
思いました!

まわりに気を使わずに

ひとりでのんびり過ごせる
ソロキャンプ。

あなたも

挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク