就活で行われる適性検査ってどんなもの?
みなさんはどのような就活対策を行なっていますか?
就活の中には書類審査や面接などがありますが、それらに加えて多くの企業で利用されているのが適性検査。
『SPI』とも呼ばれています。
今回はその適性検査の目的と内容について見ていきます。
SPIは簡単に言うとその人の能力や人となりをテストで分析、判断するものです。
これを行う目的はいくつかあります。

面接でその学生をより理解するため

就活の際には必ず行われるのが面接ですが、面接前に適性検査であらかじめその学生がどのようなタイプの人間なのかを知っておくことができるというメリットがあります。
これによって企業側が学生に質問したい内容なども若干変わってくる可能性はありますね。

入社後に活用することも

SPIの結果を学生の採用、不採用を決めるためだけに利用するのではなく、その人に本当にあった配属先などを見極めるためにか利用している企業もあるようですね。
さらには上司にあらかじめどのような人物なのかをしたせておくための情報源絵になったりもします。

具体的にどのような試験なのか?

では適性検査とは具体的にどのような試験なのか?また対策などはしておいたほうが良いのでしょうか?

試験内容は大きく2種類

まず気になる試験内容ですが、主に2種類で能力検査と性格検査があります。
能力検査では知識を問われる問題が多く一般常識や発想力などが必要になります。
具体的にいうと国語の文章作成能力などといった言語分野や、理系の算数、理科などの非言語分野が出されます。
次に性格検査ですがこれは沢山の質問に答えていくタイプになります。
どんな質問かというと「人と接するにが好きですか?」などといった簡単なものです。何気ない検査ではありますが性格検査も案外重要で、その企業が望む人物像というのに出来るだけ近い人間である方が当然採用されやすい傾向にあります。

受験方法は?

受検方法は企業が準備した会場でマークシートで行う方法と、応募先に出向きパシコンで行う方法、またSPIを開発しているリクルートキャリアが用意した会場でパソコンで行う方法に、インターネットで自宅などから受ける方法もあります。

準備は必要なの?

そして気になる適性検査の準備ですが、なんらかの形でしておいたほうが良いですね。
例えば適性検査に慣れる!これも大事です。
でなければ問題数もかなり多いですし時間が足りなくなってしまいます。
わからない問題に当たったら潔く諦めるというのも大切です。
そのためにも対策問題集などがありますので何度も解いて見てください。
傾向がつかめるはずです。
実際、適性検査は一生懸命に打ち込んでも必ずしも採用されるものではありません。
そもそも能力検査なんて詰め込み勉強などをやっても出題範囲が広すぎてその問題が出る可能性はかなり低いですし、性格検査に関してもあまりに自分とかけ離れた答えにしてしまえば矛盾も生じますし、何より入社してからが大変です。

みなさんはどのような就活対策を行なっていますか?
就活の中には書類審査や面接などがありますが、それらに加えて多くの企業で利用されているのが適性検査。
『SPI』とも呼ばれています。
今回はその適性検査の目的と内容について見ていきます。
スポンサーリンク



就活の際に適性検査が行われる理由は?

SPIは簡単に言うとその人の能力や人となりをテストで分析、判断するものです。
これを行う目的はいくつかあります。

面接でその学生をより理解するため

就活の際には必ず行われるのが面接ですが、面接前に適性検査であらかじめその学生がどのようなタイプの人間なのかを知っておくことができるというメリットがあります。
これによって企業側が学生に質問したい内容なども若干変わってくる可能性はありますね。

入社後に活用することも

SPIの結果を学生の採用、不採用を決めるためだけに利用するのではなく、その人に本当にあった配属先などを見極めるためにか利用している企業もあるようですね。
さらには上司にあらかじめどのような人物なのかをしたせておくための情報源絵になったりもします。

具体的にどのような試験なのか?

では適性検査とは具体的にどのような試験なのか?また対策などはしておいたほうが良いのでしょうか?

試験内容は大きく2種類

まず気になる試験内容ですが、主に2種類で能力検査と性格検査があります。
能力検査では知識を問われる問題が多く一般常識や発想力などが必要になります。
具体的にいうと国語の文章作成能力などといった言語分野や、理系の算数、理科などの非言語分野が出されます。
次に性格検査ですがこれは沢山の質問に答えていくタイプになります。
どんな質問かというと「人と接するにが好きですか?」などといった簡単なものです。
何気ない検査ではありますが性格検査も案外重要で、その企業が望む人物像というのに出来るだけ近い人間である方が当然採用されやすい傾向にあります。
受検方法は?
受検方法は企業が準備した会場でマークシートで行う方法と、応募先に出向きパシコンで行う方法、またSPIを開発しているリクルートキャリアが用意した会場でパソコンで行う方法に、インターネットで自宅などから受ける方法もあります。

準備は必要なの?

そして気になる適性検査の準備ですが、なんらかの形でしておいたほうが良いですね。
例えば適性検査に慣れる!
これも大事です。
でなければ問題数もかなり多いですし時間が足りなくなってしまいます。
わからない問題に当たったら潔く諦めるというのも大切です。
そのためにも対策問題集などがありますので何度も解いて見てください。
傾向がつかめるはずです。
実際、適性検査は一生懸命に打ち込んでも必ずしも採用されるものではありません。
そもそも能力検査なんて詰め込み勉強などをやっても出題範囲が広すぎてその問題が出る可能性はかなり低いですし、性格検査に関してもあまりに自分とかけ離れた答えにしてしまえば矛盾も生じますし、何より入社してからが大変です。
ですから何もしないというのはやはり不安でしょうから、どのようなものなのか目を通しておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
就活の際には色々な部分を総合的に見て採用や不採用が決まってきます。
適性検査は採用に決定打にはならなくても、もしも二人のうちのどちらかで迷った時に最終的に決断を下す材料となることは大いにあり得ます。
ですからしっかり出来るだけ解く!
というのは当たり前ですが、普段から自分の苦手分野を把握し克服できるように心がけていくと良いですね。
また性格検査に関しては企業が求める人物像とは何なのか、就活を始める前にしっかりとイメージして日頃の考え方や行動などを見直してみるいい機会かもしれません。
ですから何もしないというのはやはり不安でしょうから、どのようなものなのか目を通しておくようにしましょう。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!