就活をしている人達

(学生に限らず)が

  • 電話のかけ方
  • スーツの色
  • 言葉使い
  • 面接時の鞄の置き方
  • 椅子の座り方

などなど。

気が遠くなりそうな就活マナーですが、
その中の一つに
「お礼メール」があります。
今回はその「お礼メール」に
ついてみていきましょう。
スポンサーリンク



就活をしていると必ずあるのが
「面接」です。
筆記試験はしない企業も
あったりしますが、
面接は必ずあります。
面接をしてくれた
採用担当者や面接官に、面接後に
お礼のメールを送るということが
就活マナーに入っています。
自分を印象付ける方法の一つです。
なぜ封書ではなくメールなのでしょう。
メールの時代に封書で送るのは
好印象を与えますが、
封書だとタイムラグが生じてきます。
その為、面接官の印象に
まだ残っている間に
メールで送る方がいいと
言われています。
実際、封書が届くころには、
採用の合否は出ているところが
すくなくはありません。
スポンサーリンク



お礼メールは絶対に必要?

では、面接後のお礼メールって
絶対に必要なんでしょうか?
はっきり言って、
どちらでもいいです。
お礼メールが採用の合否に
関わってくることは、よっぽどの事
(メールの内容)がない限り、
関係はないようです。
お礼メールを送らないと
不合格になるということはありません。
ですので、お礼メールの内容が
思いつかなかったりすると
送らなくても何も問題はありません。
通年採用の企業ならまだしも、
新卒一括採用の場合はその時期になると、
企業側も何十人と面接を
こなしていくわけですし、
他にも仕事があるので
逆に迷惑になってしまうことも。
チェックリスト
面接が一次選考
二次選考
複数回ある企業だと、
最終面接後にお礼メールを送るのが
企業側に印象づけるのに最適です。
最終面接まで残る人数は限られるので、
お礼メールも誰から送られてきたかすぐに分かりやすいです。
スポンサーリンク



就活お礼メールのポイント

お礼メールに限らず
メールは相手に読んでもらえなければ
意味がありません。
もちろん企業側はお礼メールを
読んでくれていますが、
送られてくるメールの中には
広告メールなどの必要ないものも、、、
あったりするので、
件名の時点で
ゴミ箱に移動されてしまいます。
ですので、
「件名」は重要になってきます。
スポンサーリンク



件名

件名は必ず入れましょう。

「〇月〇日の面接のお礼」 山田 太郎

新卒一括採用の面接だったなら、学校名を入れるとわかりやすいです。

「〇月〇日の面接のお礼」〇〇大学 山田 太郎

宛名

面接官の名前がわかれば記入します。

名入れ

〇〇会社(〇〇株式会社)
人事部 人事採用課
課長 佐藤 一郎様
名前の間違いは失礼にあたります。
相手の名前が
はっきりとしていなければ
「採用担当者様」といた方が無難です。
スポンサーリンク



本文

長文は逆に面倒に思われます。
面接をしていただいたお礼と、
面接時に主張できなかった
アピール面を明瞭解決に
述べていくようにします。
面接時の質問の事も
入れてみるのも良いです。
スポンサーリンク



お礼メールはいつ送る?

先にも述べたように
面接後からタイムラグが
あっては印象が薄くなってしまいます。
お礼メールを送るのであれば、
面接を受けたその日中、
勤務時間内に送るのが良いです。
遅くても翌日の午前中が良いでしょう。
送信する前には
ダブルチェックを忘れずに。
名前の間違いや誤字脱字がないか
確認してから送信しましょう。
スポンサーリンク



最後に

お礼メールのテンプレートは
検索すると沢山でていますので、
自分にあったものを
参考にしてみてください。
ただし、テンプレートを
そのまま文体や内容を使用してしまうと
相手にもわかってしまいます。
テンプレートはあくまで参考にして、
パーソナリティ
オリジナリティを
練りこんで作成させてください。
内容によっては起死回生もありうるかも。
就活はこれからが本番になっていきます。
日本は在学中に就職活動をする
ちょっと特殊な国です。
授業に試験・論文・研究などをしながら、
且つ就活までするのですから
疲れてしまいますよね。
寝不足の疲れた容姿で
面接に臨むことのないよう、
たまには息抜きもしてくださいね。
スポンサーリンク