何年か前に日本に来て約10年の
スウェーデン人男性と話をしている時に、
「貯金しなきゃダメだわ。」と言ったら
「なんで?」と言う返事が返ってきた。
思ってもみない返事に私は
「えっ?なんで?貯金しないの?」
と驚いた。
「日本人と結婚してるし
日本で仕事もしてるし、
将来自国に帰るかどうかわからないけど、
僕の国は福祉や年金制度が
きちんとしてるから大丈夫。
僕達の国では貯金しなきゃ-って
言ってる人は少ないよ。」
と言われた。
いやいや、
あなたとの生活のバックグラウンドも
違うのですが。。。。。でも、
胸を張って自分の国は
福祉も年金制度も問題ないと
言い切れるのは凄い。
私たち日本人ははっきり言って
国に期待できない気がする。
そこで、本当に福祉や年金制度が
しっかりしている国があるのか
調べてみたい!!
スポンサーリンク



知り合いのスウェーデン人が
自信を持って言う、
スウェーデンの福祉制度を
覗いてみましょう。
スポンサーリンク



将来が不安!教育

ほとんどが公立の学校である
スウェーデンは国民もしくは
EU圏人であれば
小学校から大学まで
授業料も給食費も無料。
なんと教材費まで無料。
一部高校では給食費が負担になる所も
あるようですが。
安心して子供が産めますね。
ただし、教師になるための制度が
かなりゆるいので、
学習内容は
あまり期待はできないようですが。。。
スポンサーリンク



将来が不安!医療

18歳までの医療費は
歯科も薬代も含め無料。
19歳からでも診察料(約13,000円)、
入院費(約1,000円/1日)、
薬代(年間約25,000円)と、
それぞれ年間で国民が負担する金額が
決まっているので、
それ以上は無料になります。
また、医師の診断により
入院で働けなくなった場合は、
2~14日までは会社が、
それ以降は国が賃金を補償してくれます。
ただし、救急車を呼ぶと有料、
診察を受けるには予約が必要だが、
当日に診察を受けるのは難しい。
数日、数週間待ちになることも。
なので、少々の事では病院に
行かないひとが多いそうです。
日本だと医者や歯医者に行くと
(特に歯医者)
13,000円なんてすぐですもんね。
スポンサーリンク



将来が不安!介護サービス

スウェーデンは高齢者介護に
自治体が積極的に行っており、
在宅介護が主になっている。
無料ではないが、
約25,000円/月で
介護サービスが受けることが
出来ます。
在宅介護が無理な人でも
介護付き特別住宅に
住むことができます。
ヘルパー職に就く人も増えています。
ただし、日本同様これから先の
高齢化社会に悩むスウェーデン。
国民の負担が増えるのではないか
とも言われています。
スポンサーリンク



将来が不安!年金

年金が受給できるのは65歳からですが、
61歳以上であれば
本人の希望で受給も可能です。
所得の18.5%が年金の保険料として
引かれますが、
そのうち16%は所得比例年金として、
また2.5%は積み立てとしてあてられ、
どこの金融機関に積み立てをするかは
自分で選ぶことができます。
年金が受給されるには
25歳以上で3年以上の居住が必要であり、
満額受給だと40年間の
居住資格が必要となる。
単身か夫婦かでも異なってくる。
また、最低保証年金制度があり、
一定水準に満たない場合でも
最低限の年金は
もらうことができます。
受給額率は
給料の約6割と言われています。
ただし、
先にも述べた高齢化社会により、
政府は年金受給年齢の
引き上げを検討しています。
スポンサーリンク



将来が不安!交通機関・バス

5才までは人数に関わらず無料です。
また、12歳までは
金曜日の正午から週末と祝祭日には
大人1人につき6人まで無料です。
これらは20歳以上の大人と一緒に
乗車に場合に限ります。
もちろん6歳以下の子どもの
一人乗車はできません。6歳から20歳まで、
65歳以上だと得用料金で乗車できます。
スポンサーリンク



将来が不安!育児

男女平等の考えから基本的に
共働きの家庭が多い。
その為、子どもが出来た時は
父親も育児休暇取りやすいのです。
子供が7歳になるまで夫婦合わせて
480日の育児休暇をとることができ、
そのうち父親は3か月育児休暇を
とることができます。
480日のうち390日は
給与の80%が支払われます。
一度に休暇をとるか、
7歳までの間に小出しでとるかは
各家庭によるみたいです。
子育て中の労働時間も短縮を
することができますし、
児童手当も16歳未満までは
月々約14,000円/人支払われます。
ますます、
安心して子供が産めますね。
スポンサーリンク



将来が不安!税金

月の収入によって
徴収される比率は
変わってきますが、
30%~51%引かれます。
消費税も一律ではなく、
一般的な消費税は25%、
食料品などは12%、
公共交通などは6%と
日本の8%に比べると
かなりの割高です。
それでも税金が高い分、
上にあげた項目を
受けることが出来すのです。
スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか。
私的には、
子供を持つ親としては
かなりありがたいが手放しで
「福祉や年金制度がしっかりしている
から貯金しなくても大丈夫。」
とは言い切れない
気もしてしまいました。
年金を沢山もらえる人はいいですが、
やっぱり2~3万円くらいしか
もらえない人たちは
生活に苦しいと思いますし。。。
税金は将来の生活の
保障になるので大丈夫!
と国民が納得しているし、
相対的にみるとやっぱり
国や自治体がしっかりしているので
安心して住めるのでしょう。
国民が幸せそうなのが一番羨ましいです。
スポンサーリンク