スポンサーリンク



子どもの健やかな成長をお祝いする七五三。
家族にとって、最初に迎える大きな行事の1つでもあります。
そんなハレの日だからこそ、子どもの服装や髪型にこだわりのある親御さんも多いでしょう。
でも自分たちの服装はどうしようと悩んでいる人も少なくありません。
今回はそんなパパやママに向けて、七五三にオススメの親の服装についてご紹介します!
スポンサーリンク



七五三は子どものこれまでの成長を祝い、そしてこれからの健康を願う、日本の伝統的な行事です。
七五三は、もともと関東圏のみで行われていた地方行事でしたが、最近では全国的にお祝いする人が増えてきました。
で、現在住んでいるところや家庭の事情などで違いはあるのですが、多くの方は神社に行ってお参りや祈祷をしたあと、フォトスタジオなどで記念写真をとったり、いつもよりはワンランク上のレストランで食事をするというのが基本的な感じです。
公の場ですし、他のご家族も大勢出向いていますので、ママやパパの服装にも気を配りたいところ。
これといって決まりはありませんが、冠婚葬祭まではいかずとも、比較的きっちり正装するのが基本です。
子どもの服装にばかり手をかけて、自分たちが疎かにならないよう注意する必要があります。
しかし、張り切りすぎて親ばかりが目立ってしまうのもNGです。
あくまで主役は子そもたちですので、そこはきちんと意識しましょう。
加減が難しいですが、華やかすぎてもカジュアルすぎても悪目立ちしてしまいますので、特に参拝時には失礼のない程度に整えることを心がけるといいですね。
スポンサーリンク



ママの服装は?和装と洋装どちらがいいの?

子どもの服装の次に悩みがちなママの服装。
何を着ていったらいいのかわからないという人も多いですよね。
子どもがまだ小さかったり、下に手のかかる子がいるママの場合は、動きやすさで洋装を選ぶ人が多いようです。
洋装の場合は他の場面でも着られる機会があるので、コスパの面でも優秀ですね。
せっかくだから、子どもに合わせて和装をしたいという人もいます。
着物は、成人式や結婚式など、最近では特別な日にしか着ることがないので、ぜひこの機会に挑戦してみてもいいかもしれませんね。
ママの服装に関しては、洋装でも和装でもどちらでも大丈夫ですが、子どもの年齢や状況に合わせて取り入れるといいでしょう。
スポンサーリンク



ママの服装は洋装でもOK!スーツ・ワンピース選びのポイント

洋装ならスーツやワンピース。
色は何色でもいいですが、フェミニンに仕上げたい人は、ベージュや淡いピンク。
落ち着いた印象にしたい人には、グレーやネイビーなどが人気です。
ワンピースは柄が大振りなものや、丈が短すぎるものは避けましょう。
洋装なら、今後卒園式や入学式などでも着られるようなものを用意しておくと便利ですよ。
ネックレスやイヤリング、コサージュなどのアクセサリーも合わせて揃えておけば、後々冠婚葬祭にも使えます。
7歳の子のママなら、すでに入学式などで着たスーツでも大丈夫!
こういったスーツやワンピースは普段あまり着る機会がないので、どのシチュエーションでも使えるものを揃えておくといいでしょう。
靴はパンプスが王道です。
サンダルのようにつま先があいているもの、派手な色や柄物はNG。
神社の参道は石畳や砂利のところが多く、普段よりも歩きづらいため、ヒールが高すぎるものも避けた方がいいでしょう。
また、七五三は11月の寒い時期に行われることが多いので、スーツやワンピースに合わせた薄手のトレンチコートなどを準備しておくのもオススメです。
スポンサーリンク



和装で他のママに差をつける!良き母親を演出しよう!

最近は和装で七五三に参加するママは、以前より少なくなってきているようです。
実際に神社境内などで見かける着物ママさんの割合は、3割くらいと少なめです。
だからこそ控えめな柄でも目立ちますし、着物を着ているだけで良き母親といった印象を与えてくれます。
子どもが手のかかるうちは、やはり洋装の方が断然動きやすいですが、七五三は子どもにとってもその親にとっても一生に2度、3度の行事です。
普段着ることのない着物を着るというだけで、さらに味わい深い思い出になりますので、可能であれば挑戦してみてはいかがでしょうか。
気をつけたい点は、着付けをする際。
普段から着物を着慣れている人なら問題ありませんが、おそらく着付けの経験は成人式や結婚式の時だけという人も多いでしょう。
子どもに合わせて自身も和装にする場合は、美容室や着付けコースなどがある写真館に、子どもの着付けと一緒にお願いしておくといいですね。
自分で全部準備したいと思っても、当日の朝は想像以上にバタバタするものです。
子どもの準備に一生懸命で自分が疎かになったり、またその逆に、自分に集中しすぎて主役の子どもが準備不足だったとあれば、元も子もありません。
不完全な出来に後悔が残ってしまう場合があります。
できないところはムリをせず、できる人に任せるのが賢いやり方です。
当日着る着物は、訪問着や色無地、付け下げがよいでしょう。
子どもの衣装とケンカしないよう、色味なども考えて選ぶようにします。
わざわざ買わずとも、レンタルでも十分。
母親用の着物をレンタルしている写真館や美容院もあるので、撮影や着付けをする予定の所に聞いてみましょう。
価格も1万円~3万円と買うよりも断然お得です!
近くにお店がない場合は、通販のレンタルショップを利用することもできますので、いろいろ探してみてくださいね。
スポンサーリンク



パパの服装は?ビシッとスーツでカッコよく決めよう!

七五三のパパの服装はスーツスタイルが一般的。
以前は紋付袴などの和装の人もいましたが、最近はほとんどのパパがスーツです。
特にママが和装をする際などは、普段よりも動きが制限されてしまいます。
子どもが飽きて走り回ったりした時に面倒見やすいよう、パパは動きやすい格好の方がいいでしょう。
礼服まではいかずとも、ビジネススーツに明るめのネクタイなどでOK!
ネクタイはママの服装にマッチする色にすると、統一感が出るのでオススメです。
例えば、ママがベージュや淡いピンクならマスタードやボルドーなどの暖色系、グレーやネイビーの場合はブルーなどの寒色系がいいでしょう。
派手すぎる色や柄は避けてください。
華やかさは子どもとママが十分表現してくれますので、パパまで派手にすると、全体的にガチャガチャとうるさい印象になってしまいます。
あくまでパパはシンプルで落ち着いた雰囲気にすることで、家族全体の調和が取れますので、意識してみてくださいね。
また、パパの服装で見落としがちなのが靴。
スーツに合わせるので基本は革靴です。
普段からスーツを着ているという人なら履き慣れていると思いますが、きちんとお手入れはされていますか?
黒い靴なんかは、特に汚れも目立ちます。
せっかくスーツでビシッと決めても、靴が汚れているとだらしない印象になってしまうので、注意が必要です。
当日出かける前までに、きちんと磨いておくようにしましょう。
スポンサーリンク



まとめ

七五三は、家族の記念になる大切な行事です。
特に参拝の際は、大勢の家族連れに遭遇することが考えられるので、基本的な服装のルールなどはきちんとしておきたいですね。
子どもにとっても、親にとっても素敵な思い出になるよう、ママもパパもバッチリ決めて、良い七五三にしましょう!
スポンサーリンク