お子様をお持ちのご家庭では七五三のお参りに行く方も多いです。七五三と言うと、11月15日にお参りに行かないといけないと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。その年の11月15日が平日かもしれませんし、週末でも日が悪いかもしれません。
それにお父さんお母さんの仕事が上手い具合に休みが取れるとも限りませんし。おじいちゃんおばあちゃんも一緒にお参りに行くなら家族全員が揃う日を合わせないといけませんから。
改めて、七五三の意味やお参り時期をおさらいしてみましょう。
スポンサーリンク



冒頭でも言いましたが、七五三のお参りは11月15日に行かないといけないと思っている方も多いと思いますし、実際に予定準備をしている方もいるかもしれません。
そもそも何故11月15日にお参りをするようになったのでしょうか?
一説には、徳川幕府三代将軍 徳川家光が体が弱かった息子の徳松(徳川綱吉)が健康になるように祈祷をしたのが11月15日だと言われています。それにあやかったのが七五三とも言われています。(諸説あるようですが。)
元々は貴族や公家が行っていたものが、武家も行うようになり民間にも広がっていったと言われる関東地方の行事がいつしか全国に広がり浸透していきました。
スポンサーリンク



10月~12月でも問題なし

暦には11月15日が七五三の日とされていますので、この日に予定をあわせて美容院やドレス、写真など予約を取る人も多いです。ですが、予約が殺到するし、実際に当日はかなり混み合って時間が押してしまってイライラしてしまうこともあるかもしれません。年によっては七五三の日が平日ですので、前後の週末に予定される人も多いです。
でも、無理に日にちを11月15日に合わせなくてもいいんです。ちょっと早めの10月からちょっと遅めの12月まで、ご家庭の都合に合わせて祈祷、お祝いをして構わないんです。七五三は子供の健康と成長を願って神社や寺で祈祷してもらいます。神社や寺も七五三の受け付けは10月~12月半ばまで受付をされている所も多いです。早いところは9月から受け付けています。
3才の祈願だと待たされて子供がぐずるかもしれないので、逆にピークの11月を避けて祈願する家庭もあります。
ただし、10月に早めの祈願はまだまだ暑いので、着なれない洋服や着物を身に付けている子供には少々大変です。細目に水分を摂ったり日蔭で休んだりして十分気をつけてください。健康祈願に行ったのに暑さでまいってしまったら元も子もないですので。
スポンサーリンク



お参りは満年齢?数え年?

七五三でもう一つ迷ってしまうのがお参りする子供の年齢です。満年齢でするべきか、それとも数え年でするべきか?
どちらでも問題ありません。昔々は数え年で祈祷していたそうですが、現代ではご家庭の都合もありますし満年齢で行っても大丈夫です。子供が複数人いる家庭によっては、毎年するのは大変なので、どちらかを数え年どちらかを満年齢で合わせて一度に済ませてしまう方もいます。
三才-男の子・女の子とも 五才-男の子 7才―女の子
ですので、こちらもお参り時期同様にご家庭の都合に合わせて数え年もしくは満年齢どちらでするか決めて問題はないんです。
スポンサーリンク



おしまいに

今では写真スタジオで七五三の恰好で写真を撮ってもらうのが主流の様になっていますが、これも前撮りをする家庭が増えています。ちょっと変な話ではありますが、最近ではピークを完全に避けて春に写真を撮ってもらう人もいるとか。その方が衣装も選び放題だし待ちもなく、料金も安いのだそうです。
そうなるともう何が何だかよくわからなくなってきますね。(一種のお祭り騒ぎの様にも感じてきます。)
現代人は何かと忙しいですので、風習にガッチリとらわれ過ぎず余裕をもって都合に合わせて予定を組むのが現代に合っているのかもしれません。(日本人ですが家がクリスチャンの私の友達は七五三はしてもらってないとも言っていましたし、宗教によっても違ってきます。)
ご家庭の都合に合わせて、お子様の健康と成長をお祝いしてあげてください。
スポンサーリンク