ベランダはみなさんしっかり目隠ししていますか?カーテンなんかは夜には閉めている方多いでしょうが日中はあまり気にしていない人も…。
ただ目隠しをしていないと生活の様子が丸わかりになってしまいます。上の階の場合に特に油断しがちなのですが、向かいの同じくらいの階に住んでいる人はどうでしょう。
目隠しが仮になければあなたの家族構成、不在の時間まで把握することは簡単です。
そこで女性の1人暮らしなんかの場合は特に知っておいてほしいベランダの目隠しの方法をみていきましょう。
ベランダを目隠しする事で防犯上も安心ですし、
日差しを直接受けないので
暑さ対策にもなると言われています。
そんなベランダの目隠しをする前にまずいくつか注意してほしいことがあります。
まず目隠しのために何か設置する場合にそれが大きなものであればあるほど大家さんに相談すべきです。
というのもベランダってそれぞれの家族のものなんですが例えば火事などの緊急時には避難経路として使われる共用部分なんです。

もしもそう行った事態になった時に通路の妨げになるようなことがあれば大変です。ですから念のために確認を取った方が安心は安心です。

またベランダはいつもいる場所ではないので目安で考えると意外と小さかったなんていうこともあります。

大きさが異なれば無駄になることさえもありますから、そのようなことがないようにあらかじめサイズ確認は必須ですね。
スポンサーリンク



ベランダの目隠しに使えるアイテムって?

では具体的にどんな目隠しの方法があるのかみていきましょう。

ラティスを使う

ラティスと聞いてピンとこない人も多いかもしれませんがホームセンターなどに売られている四角の枠の中に格子状にいたが張られている柵のことです。手すり部分に結束バンドや針金で固定しましょう。
格子の穴は大きさが色々あるのですが一階の住んでいる場合は小さめに、それ以上の場合は少し大きい方が風通しが良いです。

グリーンカーテン

グリーンカーテンは窓の外にネットなんかを張り巡らせそこにツル植物を絡ませて目隠しをする方法です。
初めからネットにツルが巻きついているものもあるそうですよ。時間がない方におすすめです。

ブルーシートという手も

そんなにお金をかけられない!という場合に緊急措置としてブルーシートで目隠しをしても良いでしょう。
ただ見た目はそこまで良くないでいづれ他の対策を考えた方が良いですね。

すだれも使える

すだれは100均にも売られているのですが、
一時的な目隠しに十分なり得ます。
ただやすい分寿命も短いことは覚えておくべきですね。

サンシェード

日よけ用のシェードは金具で地面に固定したりして設置します。ただ万が一のことを考えてマンションの高い階での使用はやめてください。いろんな種類があるようですよ。

DIY上級者ならベニヤ板で加工も!

ベニヤ板を購入し加工すると柵板も作れます。意外と丈夫ですし安くすみますよ。道具がある方は是非挑戦してみてください。
スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか?いろんなベランダを目隠しするためのアイデアがあったかと思います。住んでいる家が何階なのか、またどう行った建物なのかなどでどれがベストな対策かは変わってきます。
大家さんに確認した方が良いケースもあったので覚えておきてくださいね。目隠しなんてしなくても平気だ、大丈夫だろうと何もしないというのは本当に危険なのですぐにでも、方法を考えてやっておいた方が良いですよ。
例えば空き巣に入られたり、もっと取り返しのつかないことにもなりかねません。自分の身は自分の身で守る!常に防犯意識というのはこう行ったところから持っておくべきでしょう。
スポンサーリンク