夏に向かって気温も湿度も高くなってくると、服装も露出の多い服になります。そうなると気になるのが背中。
服装だけでなく夏には海やプールで水着になることも。そんな時にふと思うのが背中の露出。
ニキビの多い背中は周りからドン引きされてしまうかも。
いやー、実は作者も以前相方(パートナー)が背中ニキビに悩んでいる時「手が届かないところのニキビをつぶして欲しい。」
と言われてちょっとひきました。。。まっ、強い要望だったので潰しましたが。
でも、たとえ背中ニキビだろうと本当は潰してはいけません。正しいケアで改善していくのが正解です。
そこで!
背中ニキビについて知っておくのと同時に正しいケアも知っておきましょう。
お風呂もしくはシャワーだって毎日入っていてきちんと体も洗っているのに背中にニキビができるのはなぜでしょう。
実は、背中にはニキビが比較的できやすいんだそうです。
一般的にニキビは生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどが原因になることも言われますが、背中ニキビは他にも原因があります。
  • 皮脂腺が多く汗をかきやすい
  • 夏の暑さや運動をした時って、背中に結構汗をかいているのを感じたことは少なくはないと思います。
    Tシャツの背中が汗で濡れているのを見かけたりもすると思います。
    背中には皮脂腺が多いので汗をかきやすいんです。
    通気性の良い服を着るとか、できれば細目に拭くなど濡れたままにしておかないというのが清潔に保つ一つの方法です。
    汗をかきやすい部分はきちんとケアをしないと毛穴が皮脂でつまりやすいということです。
  • 皮脂腺が多く汗をかきやすい
  • 夏の暑さや運動をした時って、背中に結構汗をかいているのを感じたことは少なくはないと思います。
    Tシャツの背中が汗で濡れているのを見かけたりもすると思います。
    背中には皮脂腺が多いので汗をかきやすいんです。
    通気性の良い服を着るとか、できれば細目に拭くなど濡れたままにしておかないというのが清潔に保つ一つの方法です。
    汗をかきやすい部分はきちんとケアをしないと毛穴が皮脂でつまりやすいということです。

皮脂腺が多く汗をかきやすい

  • 背中には皮脂腺が多いので汗をかきやすいんです。
    夏の暑さや運動をした時って、背中に結構汗をかいているのを感じたことは少なくはないと思います。
  • Tシャツの背中が汗で濡れているのを見かけたりもすると思います。
  • 背中には皮脂腺が多いので汗をかきやすいんです。
  • 通気性の良い服を着るとか、できれば細目に拭くなど濡れたままにしておかないというのが清潔に保つ一つの方法です。
  • 汗をかきやすい部分はきちんとケアをしないと毛穴が皮脂でつまりやすいということです。
背中のすすぎ残し
お風呂に入ってしっかりすすいでいると思っても、実はきちんとできていないこともあります。
シャンプー・コンディショナーをして髪の毛をゆすいだ後、背中や肩を触るとスルっとするようなヌルっとするような時ありませんか?
髪の毛から洗い流されたリキッドが体の表面に残っているんです。
身体の前の部分はシャワーを浴びている時間も長いのですすがれていますが、背中は残っていることがあります。
それが毛穴を塞いだり垢になって汚れを沈着させたりしてしまいます。
髪の毛を洗うときは最初に洗ってから身体を洗うとか、湯船にきちんと使ってから出るなどすすぎの腰がないようにケアしないといけません。
スポンサーリンク



薬用石鹸で背中ケア

背中ニキビに有効な石鹸も背中ケアには人気です。
For Back
ペリカン石鹸が扱う商品「For Back」。
商品名の通り「背中の為の石鹸」です。
炭・泥配合なので見た目は黒っぽい石鹸で、殺菌成分に加え美肌成分も含まれています。
普通に使用するのもいいですし、しっかり泡立てて背中パックにもいいです。
背中ニキビを改善するための使用方法もパッケージに記載されています。
135g 500円(税別)
柿渋石鹸・ボディーソープ
マックスが扱う商品「柿渋エキス配合石鹸・ボディーソープ」。
「体臭・汗臭及び、にきびを防ぐ」
とパーッケージ記載されているだけあって、ニキビだけではなく気になる汗の臭い・体臭なども抑えてくれるありがたい商品です。
石鹸でも売られていますがポンプボトル式のボディソープも売られていますのでお好きな方で。
ボディソープなら詰め替え用もあります。
石鹸1個売りから3個パック売りもあります。
値段は少々お高目にも感じますし、何故だか販売店(ドラッグストア・通信販売)によって大きく差があります。
平均的な価格でいくと、石鹸100g 500円くらいです。
(最安値で税込み392円を発見しましたが、本体に対して送料が高かったです。できればドラッグストアに足を運ぶのがいいかも。。。)
スポンサーリンク



背中洗いで注意すること
背中は汗をかきやすいから清潔にしないといけないのですが、やってはいけない洗い方もあります。
  • ゴシゴシ洗いをしない。
  • 熱いお湯に入らない、あてない。
  • ゴシゴシ拭きをしない。
  • 上がり湯を必ずする。
硬めのブラシでゴシゴシ洗いやタオルでゴシゴシ拭くのは皮膚を傷めますし、すでにできているニキビならうっかりつぶしかねません。
ふんわり泡でなでるように洗い、タオルは抑えるように拭きます。
背中の皮膚は集めではありますが、皮膚は皮膚ですので顔を扱うのと同じです。
熱いお風呂やシャワーは肌の乾燥の原因にもなります。
そして、上記でも出てきたようにすすぎ残しのないように上がり湯をしてから脱衣所に行きましょう。
最後に

薬用石鹸も個人の肌質に合わない場合がありますので、悪化してしまった場合はすぐに使用を中止してください。
見せれる、見せたい背中になって夏を楽しみましょう!!(紫外線にも注意!!)

スポンサーリンク