背中がなんだか痒い?
痛い?
なんだかポツっと違和感がある?それって、もしかしたらニキビではないですか?
ニキビができるのは顔だけではありません。
毛穴が炎症してできる病気なので、体中どこにだってできる可能性はあります。
背中にニキビがでやすい人の場合の原因や、跡を目立たないようにするためのケアの方法などを見ていきましょう。
背中のにきびって見えにくい場所ですし手も届きにくい場所もあります。
そして、背中は汗をかきやすい場所でもあるんです。
しかも、肩甲骨の周りには皮脂腺が多くニキビができやすい場所でもあります。
運動した後や夏の暑い時期などを思い起こすと、Tシャツの背中がびっしょりなんてことありますよね。
寝苦しい熱帯夜にあおむけで寝ていて背中に汗をかいている事ありませんか。
大量にかいた汗の後、皮脂が毛穴に溜まってしまって炎症を起こしてしまったりします。
また、ストレス・睡眠不足・食事の偏り・不規則な生活などの生活習慣が原因で肌のターンオーバーが上手くできていないことが原因になっていることもあります。
他にも、入浴時にシャンプーやコンディショナーを使用した後に背中についたそれらの油分がきちんと洗い流されていないことで毛穴が詰まってしまうことも考えられます。
また入浴時で言うと、逆に見えないから背中をブラシや硬めのスポンジでゴシゴシ洗いをしてしまい毛穴を傷つけてしまい、そこから雑菌が入って炎症を起こしてしまうこともあります。
そして、背中ニキビは顔などに出来るニキビの原因菌でるアクネ菌とは別にカビの1種であるマセラチア菌である可能性もあります。
これはかゆみを伴うので、うっかり掻くとニキビをつぶしてしまって血が出たり跡が残ったりします。
いろいろな原因が考えられるので、一概に「これ」とは言い切れませんが、背中ニキビができてしまった時に当てはまりそうな原因を考えて見ると今後の予防につながります。

背中ニキビのケアの仕方

ニキビ跡ができてしまっては綺麗に治すまでに時間がかかります。
できてしまったニキビを改善するにはやさしく清潔に保ちこれ以上悪化させないようにすることと、肌のターンオーバーを促してあげることが重要になります。
吸水性のよい肌着やシャツを着るようにしましょう。
汗をかいて濡れた肌着やシャツは、もし着替えることができる環境なら着替えた方が清潔に保てます。
入浴時はたっぷりの泡で軽く洗ってあげます。
ゴシゴシ洗いは禁物です。
最後にしっかり背中をゆすいででます。
先に頭を洗ってから体を洗うと、流しのこりのシャンプーやコンデショナーの油分を取ってくれますので洗う順番を気にしてみましょう。
お風呂上りもタオルでゴシゴシせず、ふんわりとしっかり乾かしましょう。
肌のターンオーバーを促すには生活習慣も関わってきます。
予防も含め次で見てみましょう。
スポンサーリンク



背中ニキビの予防方法

入浴時に熱めのお湯が好きな人や長風呂がすきな人もいると思いますが熱いお湯や長風呂はかえって必要な皮脂までも剥がしてしまいます。
38度~39度くらいのお湯で長くつかり過ぎないのがベストです。
食事はバランスのよい食事を取るように心がけます。
ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・ミネラルなどを取ることで肌のターンオーバーの促進につながります。
お肉を食べることが多くて気が付いたら野菜をほとんど食べていない方は意識して野菜を摂るようにしましょう。
十分な睡眠を取ることも肌のターンオーバーには必要です。
午後10時~午前2時の間の4時間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれています。
この時間に睡眠を取ることは顔だけではなく体全体の新陳代謝が活発になると言われる時間帯なのでターンオーバーにとって重要です。
もちろんこの時間を含め7時間(人によって必要な睡眠時間は異なります。)はしっかり睡眠時間を確保するように心がけましょう。
そして、ストレスは溜めこまずにキチンと発散させていきましょう。
趣味を持つ、人と話す、映画を視て泣く、大笑いをする、歌う。
なんでもいいです。
ストレスを溜め込むことは葉の病気にもつながり兼ねませんのでしっかり発散させてください。

さいごに

夏に海やプールで堂々と背中を出して歩けるように背中の開いた服を着れるように普段からケアしておきましょう。
自分には見えなくても人には見えています。綺麗な背中で男性も女性も魅力アップを見刺しましょう!!
既に炎症がひどくなってしまっている方は早めに皮膚科にて相談されることをおすすめします。
スポンサーリンク