坂道発進をする際のポイントとは?オートマとマニュアル車との違いは

仮免許試験の中でも難関だと言われているのが坂道発進。
坂道発進とは坂道で停止した状態から発進する際に車が好転してしまうのを防ぐ手法です。
オートマ(AT車)はマニュアル(MT)に比べ比較的後退のリスクは少ないと言われています。
実際シフトレバーがDにある限り余程のことがなければ大丈夫なことも多いです。
ただその状況がないとも言えず、いざ急な坂で止まってしまった場合のためにも知っておきたいものです。
そこで今回はオートマで坂道発進をする方法とポイントを見ていきましょう。

オートマ車とマニュアル車の坂道発進の違いは?

坂道発進は正しい手順で行わないと他の車と接触してしまう事故にも繋がるものですから必ずドライバーの皆さんには知っておいてほしい知識の1つです。
また坂道で操作が荒くなればエンストなどの原因にもなるんだそうですよ。
ではオートマ車とマニュアル車それぞれの坂道発進の方法を見ていきましょう。

オートマ車の坂道発進の方法は?

まずオートマ車の場合を見ていきましょう。
坂道は急なほど当然前に進む力よりも下に下がる力が強くなります。
ですから緩やかな場合はまだしも急な坂道の場合は特に注意しながら行う必要があります。
やり方としてはサイドブレーキを引くこと。
これで車が後退するのを防ぎます。
そして後退しないと分かったらアクセルを踏みましょう。
エンジン音が変わりガクンとなった場合に前進する力の方が強くなっている証拠ですからサイドブレーキは徐々に戻していきます。
この方法が一般的なオートマ車の坂道発進です。
激しく発進しすぎると前の車にぶつかる恐れがあるので少しアクセルを踏むというのが大切なポイントです。

マニュアル車の坂道発進の方法は?

マニュアル車の場合、オートマ車とは若干異なります。
まずサイドブレーキを引いて車を固定するところまでは同じで平地よりつよじゅアクセルを踏みます。
その際にクラッチペダルは踏んだままです。
そして半クラッチの位置でギアをつなぎサイドブレーキをゆっくりおろしていくというやり方になります。
半クラッチとはそのままの意味で半分クラッチが繋がった状態を言います。
半クラッチはちなみに、車の駐車や渋滞の際の移動などでもポイントになります。

オートマ車は坂道ではどのくらい後退するの?

急な坂道で止まることなんてそうそうないだろう…と思っている方もいるかもしれませんが、ショッピングセンターなどの立体駐車場で渋滞に巻き込まれ、坂道発進を行うことも十分考えられますよね。
そんな時に慌ててしまわないようにしたいですね。
そもそも車って坂道だとどのくらい後退してしまうのかご存知ですか?
だいたい20センチくらいと言われています。
意外と短い距離だと思いませんか?
サイドブレーキを利用しない場合、坂道で後退するのはブレーキから足を離しアクセルを踏むまでの一瞬の間。
この間にずーっと後ろに下がってしまうことがよくあります。
乗っている側からすると1メートルくらい下がってしまったような恐怖感があるのですが実際はほんの少しなんですね。
ショッピングセンターの駐車場などで並んでいる時に車と車の距離って1メートル以上はあいていることがほとんど。
もしも多少下がっても後ろの車にぶつかることは、ほとんどない事なんです。
ですから慌てずにしっかり念のため後ろとの距離を確認しつつ坂道発進を行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?
坂道で止まってしまうと初心者の方なんかは慌ててしまうかもしれませんが、なによりも落ち着いて運転することが大切です。
また普段から坂道で渋滞してしまった場合などは前との車の間隔はいつもより気持ち、開けておくことも大切ですよ。

みんな読んでいる関連記事!