誰もがあこがれる一軒家。
人生で一番高い
買い物だといわれている住宅ですが、
中にはローコスト住宅と呼ばれる
通常よりも比較的安価な金額で
手に入る住宅もあります。
ではなぜローコスト住宅というものが
存在するのか、
それは建てたくても建てられない
人のため、
もしくは少しでも安く
持ち家を持てるようにといった
工夫が隠されているわけですが、
ローコスト住宅とそうでないものに
果たしてどれだけの
違いがあるのでしょうか?
今回はローコスト住宅というものを
深く掘り下げていきたいと思います。
ローコスト住宅とは、
名前の通り安価な住宅ですが、
できあがる住宅は
確かにきちんとした建物です。
ではいったい何が
ローコストなのでしょうか?
もちろん金額がローコスト。
ある程度規格化された
住宅を建てることで
経費をローコストにしているのも
特徴のひとつですね。
規格化された住宅は
改めて構造計算などをする
必要がないので、
その分人件費が削減できます。
また、キッチンやユニットバス、
トイレなどの住宅設備は
まとめて大量に仕入れると安く
仕入れることが可能だったりします。
そういう小さなことの積み重ねで
ローコストを実現しているわけですね。
ちなみに、住宅設備や窓サッシは
少し古い規格のものを標準仕様として
使用することで
金額を抑えているケースもあります。
大体、1,000万円台で買える、
もしくは坪単価が40万円以下で
建てられる住宅のことを
ローコスト住宅と
呼んでいる場合が多いです。
スポンサーリンク



ローコスト規格住宅と注文住宅

ローコスト住宅は
規格住宅と注文住宅があります、
と紹介しているサイトがありますが、
注文住宅の設計をしていた
私からすると、
ローコスト住宅で注文住宅を
うたい文句にするのは
どうかと思います。
なぜなら、注文住宅とは1から
お客様の土地にあった、
お客様の要望をなるべく取り入れて、
構造やデザインもきちんと考えて
作られるオリジナルの住宅だからです。
世の中には
お客様の要望に沿った設計をしている、
部屋の間取りを好きに変えられる
というだけで
注文住宅とうたっている会社が
山ほど存在します。
しかし、本当の注文住宅とは
そういうものではありません。
お客様の要望は
できるだけ取り入れます。
ですが、要望だけを通すことで
構造が悪くなるような
家を設計するわけにはいきません。
一般の方のほとんどは、
きちんとした
建築知識を持っていません。
だからこそ、
注文住宅とうたうからには構造、
デザイン、要望、
すべてにおいてそのお客様のために
最善を尽くさなければいけないのです。
コストを削減しなければならない
ローコスト住宅において、
ここまで一件に時間を割くことは
人件費の増加につながるため
不可能なのです。
確かに自由度の高いローコスト住宅
というものは存在します。
しかし、それは元になる規格
に収まる範疇でしかありえません。
では規格住宅とはなんでしょうか?
規格住宅とは、建物の構造や規模、
住宅設備などが標準的に決まっていて、
決まった中で間取りを少し変えたり、
住宅設備を
いいものに変えたりできる住宅です。
規格の範囲内で収めるのなら
注文住宅より安価に
建てることができる場合が多いです。
ただし、規格住宅とは
あくまでも標準仕様で建築した場合に
利点があるのであって、
規格から外れれば外れただけ、
オプション料というものが発生します。
規格よりも規模を大きくしたり、
薪ストーブなどの規格にないものを
取り入れたりした場合は
それ相応の金額が
上乗せされることになります。
また、規格住宅は規格化された
住宅なのでその土地にあった
住宅ではありません。
ですから、実際に建ててみたら
風の通りが悪かった、
という話はよくある話だと思います。
家に対して住めればいい、
特にこだわりがない、
という方には少しでも安く建てられる
ローコスト住宅は
オススメかもしれません。
ただし、少しでもこだわりたい部分、
譲りたくない部分がある方は
あまりオススメしません。
こだわったせいで
どんどんオプション料を
取られるよりは、
1からあなたのためだけに
設計してくれる注文住宅を
選択することをオススメします。
金額が高くなるから、
というよりも、
単純に注文住宅なら
もっとたくさんこだわれるから、
オプション料を払ってまで
ローコスト住宅を選択してしまうのは
もったいないと思ってしまうのです。
スポンサーリンク



ローコスト住宅を建てる会社選びのコツとは?

ローコスト住宅においても
一般住宅においても、
会社選びはとても重要になります。
建築会社といっても
様々な会社が存在します。
高性能を売りにしている会社、
自然素材に特化した会社などなど。
ではいったいどのようにして
建築会社を選んだらいいのか、
まずは自分が好きなデザインを
得意としている地域の会社を探します。
大手ハウスメーカーを選ぶにしても、
地域に根ざした工務店を選ぶにしても、
一番大切なのは
実際に建てられた住宅を見ることです。
モデルハウスというのは、
よく見えるように
いい仕様で作られています。
モデルハウスを見て、
それと同じものを建てようと思うと
かなり高額になる
ケースがほとんどです。
では何を参考にしたらいいのか?
一番参考になるのは
実際にお客様が建てた
住宅を見ることです。
何件も見ているうちに
どれくらいの予算で
どの程度までこだわれるのか、
見れば見るだけ
分かるようになります。
また、その際の案内スタッフの対応や
説明などもきちんと見て聞いておくと、
その会社に本当にお願いしても
大丈夫なのかが見えてきます。
基本的に、
実際住んで何年か経っている
お客様の家を
見せてくれるような会社は
信用しても大丈夫です。
会社とお客様の間に
信頼関係がなければ、
引き渡し後の自宅を
会社のためにわざわざ掃除して
これから建築を考えている人を
招いたりしませんよね?
ひとつの目安として
覚えておくといいかもしれません。
逆に、実際に住んでいる方の家を
見てみたいと言ってそれはできないと
言われた場合は注意が必要です。
お客様との
信頼が薄い可能性があるので、
十分なアフターメンテナンスが
なされていないなど、
顧客満足度が
低い可能性があるからです。
人は自慢したいものを見せることに
労力を惜しみません。
会社側が見せたくないということは、
それなりに
理由があるということですね。
スポンサーリンク



まとめ

ローコスト住宅だから質が悪い
といった評判が
世の中的には多いのかもしれません。
しかし、
決して質が悪いことはありませんし、
規格化されているだけあって
構造面でも信頼が置けます。
ただし、
家造りにとことんこだわりたい方には
あまりオススメしません。
自分のニーズに合った住宅造りを
していただければと思います。
いろんな住宅がある中で、
あなたが求める素敵な住宅に
出会えることをお祈りします。
スポンサーリンク