家は毎日家族が
快適に暮らすために必要なもので、
子どもの成長によって部屋が狭いと
感じている人も多いでしょう。
リフォームをしたいと思っていても、
いざするとなると、
一番気がかりなのは費用です。
少しのリフォームでも
思った以上に費用が掛かるものです。
快適な住宅にリフォームするために
必要なことをお話ししていきます。
スポンサーリンク



リフォームをしようかと
考えるきっかけは、
子どもが成長し、
子ども部屋を作りたいとか、
キッチン回りなどの故障や、
老朽化が目立ってきた、
より快適な住宅にするためになど、
いろいろあると思います。
実際私がリフォームをした時は
結婚した時で、
独身の時から住んでいた家を
リフォームしました。
一人では気にならなかった荷物も
二人分となれば多くなりますし、
子どもができた時のことも
考えて計画しました。
ライフスタイルが変わると
部屋の間取りや、
使い方が変わってきます。
リフォームのタイミングは
とても大切で、
ライフスタイルの変化のたびに
子ども部屋や、
書斎を増やしたり
リフォームしていくと、
無駄な費用がかかるだけでなくて、
住みにくい住宅になる可能性もあるので、
できるだけ最初のリフォームで、
何年かは対応できるように
計画を立てておきましょう。
ここで失敗する人は多いです。
リフォームのタイミングとしては、
今の住宅とライフスタイルと
将来を見据えて、
「便利悪いな」
「不都合だな」
と感じた時がリフォームをする
タイミングだと言えます。
よく考えて計画してみましょう。
スポンサーリンク



リフォームする場所によって費用が違ってくる理由は?

あなたはリフォームの費用は高いものと
イメージしていますか?
私は少し金額も高いなあと
思ってしまいます。
「じゃあ、お願いしますね。」と
気軽に頼める金額ではありませんよね。
どうして、
リフォームは金額が高くなるのでしょうか?
リフォーム工事は古いところと
新しく作る部分を繋げないといけません。
慎重につなぎ目を
違和感のないように仕上げたり、
そういった手間がかかるし、
住みながら
リフォームすることが多いので、
養生したり、
掃除をしたりと
新築ではない手間と費用が掛かります。
こういった理由により、
リフォームは高くなるのです。
また水廻りは排水など
手間がかかるため少々値段も上がります。
基本水廻りは値段が高めですね。
参考にして下さい。
スポンサーリンク



子ども部屋をリフォームしたい。ポイントは?

子どもがもう中学生になるので、
そろそろ子ども部屋をリフォームしたいと
考えているのですが、
どういう感じにすればいいのか
迷っている。
という悩みを持っている人は
多いと思います。
我が家も
数年前にリフォームしたのですが、
その時によく言われたのが、
「今のライフスタイルだけを考えないで、
何年か先も考えてリフォームしましょう。」
と担当の方から言われた言葉が
今でも思い出されます。
あの時、
担当の方の意見を参考に
リフォームして良かったです。
子どもが自立してしまって、
家から居なくなったら、
子ども部屋の役割は終わりと言えます。
だから、
子どもが自立した後のことも考慮して、
またリフォームするときに
無駄な費用や時間を
かけないようにすることがポイントです。
スポンサーリンク



リフォームの時は子どもが自立した後の部屋の使い道も考えよう

子ども部屋のリフォームは
子どもが自立した後の部屋の使い道も
考えないと費用的にも損をしますよ。
子どもが自立してからは
空き部屋になったとう事だけは
避けたいですね。
広めの部屋を仕切って、
子供部屋を作る場合は、
工夫次第でスペースを
有効に活用することができ、
仕切りを移動させたり、
追加したりできるものにしておけば、
部屋を
いろいろな用途に使うことができます。
子ども部屋が必要になるのは、
自立して家を出るまでの
10年ぐらいの期間です。
その期間を考慮して、
子ども部屋の
リフォームを考えてみましょう。
スポンサーリンク



リフォームをすることになったら、費用と業者選びは慎重に!

あなたは
リフォームすることになったら、
業者はどのようにして選びますか?
リフォーム業者といっても
リフォーム専門にしている会社や、
下請けに任せるだけの会社、
知り合いの大工さん、
工務店さんと、
いろいろあります。
一番気軽に頼みやすいのは
知り合いの大工さんや、
工務店さんだと思います。
私もその理由で
リフォームをお願いしました。
結果として、
私の意見を取り入れて、
費用も予算内に抑えてもらえ、
満足のいく
リフォームができましたが、
最近では、
こうしてほしいとか、
こんなイメージで
という感覚が分かってもらえず、
物足りないと感じる人も多いと聞きます。
知り合いに頼むのも
気兼ねして言えなかったりする事も多く、
今後の知り合いとしての
付き合いの事まで考え、
結局は後悔する人もいます。
知り合いに頼むメリット、
デメリットを考えた上で
依頼しましょう。
会社などに依頼する場合は
必ず見積もりを取ることをお勧めします。
何社か見積もりを取って
決める方が良いですよ。
しかし、
見積もりを取る時点から、
業者選びは始まっていますから、
慎重に見極めなければなりません。
スポンサーリンク



業者が決まればきちんと見積もりを取り、細かい打ち合わせをしよう

ある程度業者が決まってきたら、
見積もりをしていただきましょう。
どういうリフォームにするか、
費用や期間などの希望を
きちんと伝えましょう。
細かい打ち合わせをすることで
見えてくることもたくさんあります。
リフォームは綿密な準備と、
業者との細かい打ち合わせにより、
成功するかどうか決まる
といっても過言ではありません。
頼んでいるリフォームが
できそうにないとか、
費用が高いなどトラブルも多いので、
気を付けましょう。
何社か見積もりを取ってみて、
自分たちの希望にあった
会社を選ぶのもいいと思います。
スポンサーリンク



リフォーム費用が心配な人はリフォームローンも検討してみよう

リフォームの費用、
そう簡単に出せるものではありません。
結構な金額になりますからね。
リフォーム費用が心配な人は
リフォームローンを
検討してみてはどうですか?
リフォームローンとは、
住宅の改修や、
修繕用の資金融資の事です。
メリットもあるので、
ご紹介します。
一般的なローンは担保が必要ですが、
リフォームローンは
金融機関によっては
無担保で借り入れができるものもあり
審査が早くリフォームの
減税制度があるのが特徴です。
いろいろなタイプの
リフォームローンがあります。
よく調べて利用してみましょう。
スポンサーリンク



自分たちの家計に合ったリフォームローンを探そう

いくら良い制度があっても、
自分たちの家計に合ったものでないと
意味がありません。
リフォームローンもいろいろな種類あり、
返済期間も10年から35年と長く、
ライフスタイルに合わせて
無理のない範囲で
返済できるものもありますので、
よく検討し、
自分たちに合ったものを選びましょう。
スポンサーリンク



まとめ

リフォームの一番のポイントはやはり、
住んでいる家に
ライフスタイルを合わせるのでなくて、
ライフスタイルに合わせて
住んでいる家を変えていくことだと
私は思います。
そして、
業者さんと細かく打ち合わせし、
相談し、
自分たちの希望を伝える事ができるかで、
良いリフォームができると思います。
スポンサーリンク