敬老の日「ちぎり絵イラスト」をプレゼント!孫との時間を楽しもう!
スポンサーリンク



大好きなおじいちゃん・おばあちゃんへ感謝の気持ちと長寿を願う気持ちを届けるのが、敬老の日。小さなお子さんが贈る手作りプレゼントなら、イラストがおすすめです。
中でも高齢者に人気なのが、ちぎり絵のイラスト。お孫さんが心を込めて作ったちぎり絵を見たら、きっとおじいちゃん・おばあちゃんも大喜びしますよ。
この記事では、おじいちゃん・おばあちゃん世代にちぎり絵が人気な理由と、作り方のコツを解説します。
スポンサーリンク



小さくちぎった紙を貼り付けていくことで1枚の絵に仕上げる、ちぎり絵。実はおじいちゃん・おばあちゃん世代に人気なのをご存知ですか?
ちぎり絵は指先をたくさんつかい、頭の中でイメージしたものを少しずつ形にしていくことから、認知症予防として効果的といわれています。そのため、健康を心がけるおじいちゃん・おばあちゃんの中には、ちぎり絵を趣味にしている人が多いのです。
一方で、ちぎり絵は子どもの教育にも適しており、小さなお子さんの工作や小学生のお子さんの自由研究まで幅広く活用されています。刃物や先のとがった道具を使わないので、ケガの心配が少ないのも嬉しいポイントです。
スポンサーリンク



ちぎり絵イラストを敬老の日のプレゼントにするコツ

ちぎり絵イラストを敬老の日のプレゼントにするためには、大きめの画用紙に描き、額縁に入れてラッピングしてあげましょう。
額縁もラッピング用品も100円ショップやプチプラの雑貨屋で購入できます。このちょっとしたひと手間が、プレゼントをより豪華なものにしてくれます。大きめの紙のほうが子どもたちにとっても描きやすいので、一石二鳥ですね。

ちぎり絵の基本的な道具

ちぎり絵に必要な道具はいたってシンプルです。以下のようなものがあると作れます。
【台紙】
ちぎった紙を貼り付けるための台紙です。大きめの画用紙を用意しましょう。色は自由ですが、初心者にはオールマイティな白が良いでしょう。
【ちぎる用の紙】
折り紙のほか、新聞紙や広告も使えますよ。色をハッキリさせたいなら折り紙が良いですが、色が混ざっている紙を重ねることでアーティスティックな作品を作りたいなら、新聞紙や広告がおすすめです。
【ちぎった紙を入れるケース】
ちぎった紙を無造作に置いておくと、色が混ざってしまいます。プリンカップやお菓子の空き箱などに分けてしまっておくようにしましょう。
【のり】
粘着力の弱いスティックのりではなく、チューブやケースに入っているデンプンのりがおすすめです。
スポンサーリンク



小さなお子さんにおすすめ!インスピレーション重視のちぎり絵

動画は赤ちゃん・幼児といった小さなお子さん向けのチャンネル「ノッカーナアニメーション nokkana animation」によるものです。インスピレーションでつくるちぎり絵の様子が分かります。
小さなお子さんの場合は、インスピレーションを重視させて好きなようにちぎった紙を貼ってみましょう。さまざまな色がランダムに重なることで、思わぬアートな作品が仕上がります。
スポンサーリンク



小学生くらいのお子さんにおすすめ!下絵に紙を貼り付けるちぎり絵

動画は子どもの日常生活におすすめの情報を届ける「つばさ☆かえでチャンネル」によるものです。
絵が描ける年齢のお子さんの場合は、台紙に鉛筆で下絵を描いてから、その上にちぎった紙を貼り付ける方法もおすすめです。
動画では自分の好きなキャラクターを描いていますが、敬老の日のプレゼントなので、おじいちゃん・おばあちゃんの似顔絵を描いてみても良いですね。
スポンサーリンク



おじいちゃん・おばあちゃんと一緒にちぎり絵を描いてみよう

敬老の日のプレゼントにおすすめのちぎり絵イラストはいかがでしたか?ちぎり絵イラストをプレゼントしたら、一緒にひとつの作品を作ってみるのもおすすめです。孫と過ごす楽しい時間も、最高のプレゼントになりますよ。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!