スポンサーリンク



幼稚園児にとって、9月の大イベントといえば「敬老の日」です。大好きなおじいちゃん・おばあちゃんに日ごろの感謝を伝えるため、幼稚園ではさまざまな取り組みが行われます。歌やダンスといった出し物を見せる幼稚園もありますが、もっともベターなのは手作りプレゼントでしょう。
とはいえ、幼稚園児に立体的で難易度が高いものは作れませんよね。そこで全国の幼稚園で作られているのが、本を読むときに使う「しおり」です。
おじいちゃん・おばあちゃんはインターネットよりも本を読む機会の方が多いので、しおりはとっても便利なアイテムです。また、幼稚園児ならではの孫の成長を伝えるアレンジが好評となっています。
スポンサーリンク



幼稚園でしおりを作るときは、手形や足形を添えることが多いです。まだまだ小さな幼稚園児の手や足なので、しおりの大きさとしても問題なく、孫の成長を伝えることができます。
自宅でも手形・足形がとれるインクは市販されていますが、準備が大変・家が汚れるかもしれないといったことを考えたら、幼稚園でやってもらえるのは、パパママとしても嬉しいですよね。
スポンサーリンク



幼稚園で作る敬老の日プレゼント!似顔絵とメッセージで気持ちを伝える

幼稚園ではクレヨンや色鉛筆、絵の具などを使ってしおりに似顔絵やメッセージを書くのも定番です。「こんなに上手に絵や文字がかけるようになったんだ」と成長を感じさせるとともに、おじいちゃん・おばあちゃんに「大好き」という気持ちも伝えられます。
しおりとして日常使いできるだけでなく、メッセージカードにもなるので一石二鳥ですね。
スポンサーリンク



幼稚園で作る敬老の日プレゼント!マスキングテープでもう一工夫

多くの幼稚園はこうしたアレンジをした台紙にパンチに穴をあけ、リボンを通して手作りしおりを完成させます。これだけでも十分素晴らしいクオリティですが、自宅でマスキングテープを使ってもう一工夫するのもおすすめです。
やり方は台紙のふちに沿ってマスキングテープを貼るだけです。華やかさがプラスされるだけでなく、補強にもなります。長く使い続けるために自宅で実践してみましょう。もちろん、マスキングテープは、お子さんに好きなものを選ばせてあげてくださいね。
こちらは毎週金曜日に動画配信しているという人気チャンネル「honey studio」による動画です。この動画ではしおりの前面にマスキングテープを貼っているので少々ニュアンスが異なりますが、しおりにマスキングテープを貼るときの要領の参考になりますよ。
スポンサーリンク



手作りしおりを持って、おじいちゃん・おばあちゃんに会いに行こう

心を込めて作ったプレゼント。お子さんはきっと直接手渡ししたいことでしょう。敬老の日にはぜひ、おじいちゃん・おばあちゃんに会いに行って、手作りしおりを渡してくださいね。目の前でおじいちゃん・おばあちゃんが喜ぶ姿を見たら、お子さんも嬉しいことでしょう。
スポンサーリンク