2020年から小学校でも
必修授業となるプログラミング。
海外ではすでに数年前から
小学校にも導入されている
国もあります。
テクノロジー化されている世の中で、
この先もっと需要が増えて、
子どもたちの将来に必要不可欠なもの
となってくるのでしょう。
スポンサーリンク



子どもの頃から
プログラミングを学ぶことは、
これからの社会において
ITが欠かせないものになるから
という考えだけではなく、
子どもたちの成長にも繋がると
考えられています。
では、どのようなことが身に付くと
言われているのでしょう。

プログラミングを学んで得られる創造性と想像性

プログラミングをすることによって、
自分で考えて造り出す
能力を引き出します。
問題を解くというのではなく、
アイデアを出してそれを形にしていく。
そして、それを達成させる。
「どのようにしたら動くのか」
を想像し試してみる。
失敗しても、なぜ失敗したのかを考え、
新たな創造を生み出す力を養います。
根気も必要になってくるので、
忍耐力もつくでしょう。

プログラミングを学んで得られる発展性

一つの物を造り出したら、
今度はそれをどのように広げていくか
発展させていくか、
という事を考えます。
キャラクターを造り、
最終的には簡単な
アニメーションやゲームにまで
発展させていったりします。
創造と似ていますが、
発展は創造のその先です。

プログラミングを学ぶことでコミュニケーション能力も上がる

自分で造ったアニメーションや
ゲームなどを
友達に紹介してみてもらう、
遊んでもらう。
どのようなゲームなのか、
どんなキャラクターなのか
説明してみる。
どのように説明すると
理解してもらえるか。
将来、仕事をしていくうえで
人と全く関わらない
という事はないかと思います。
上手に話をする
コミュニケーション能力も
鍛えられます。

プログラミング入門としてゲーム感覚で遊ぶ・学ぶ

いきなり難しいことはできないですし、
嫌になるかもしれません。
なので、
子どもたちはゲームをしている感覚で
楽しく
プログラミングを学んでいきます。

プログラミング 入門「Scratch」

海外の小学校でも
プログラミング言語を
学ぶ入門編として
「Scratch」が
使用されているところも多いです。
かわいいキャラクターに動作を入力
(プログラミング)し、
実際に動かしてみるというもので、
子どもたちはゲーム感覚で
プログラミングの言語と
仕方を学びます。

プログラミング 入門「Ozbot」

プログラミングの基礎を学ぶのに
「ozbot」も人気です。
紙やスクリーンにかいた線の上を走る
小さなロボットですが、
青・緑・赤・黒・白の5色を
感知し引いた線の上を
「ゆっくり」や「早い」、
「一時停止」など動くので、
プログラミングの構造、
またコーディングを
学ぶのに使用されます。
また、専用のアプリもでているので、
それを使ってozbotに動作を
プログラミングすることもできます。
上手に線が描けないと
動かなくなってしまうので、
低学年の子どもたちには
少し難しいかもしれません。

プログラムの組み立てもできる「Roblox」

これは海外で子どもたちに
人気のオンラインゲームです。
私の住んでいるUKでも
子どもたちにすごく人気です。
ゲームの中で
仮想世界を造っていきます。
お店を開いて働いたり、
ゲーム内の通貨で買い物をしたり、
自分の家や車をデザインして
造っていきます。
プログラムを組み立てて
ゲームを造ったりもできます。
子どもたちは
チャットやwebカメラ・マイクを使って
友達と話や自分の家やゲームの説明を
しながら楽しみます。
これはただのオンラインゲームと
言われる方もいますが、
私はこれもプログラミングゲームの
一つだと思います。
スポンサーリンク



プログラミング入門講座_小学生向け

2020年の
プログラミング小学校導入に向け、
パソコン教室では子ども向けの
プログラミング入門講座も開講され
注目されるようになってきました。
海外でも学校の授業だけではなく
アフタースクールの
プログラミング教室に行く
子どもたちもいます。
それ以外にも、
家にパソコンと
インターネット環境があればできる
キッズプログラミング入門通信講座や
プログラミング学習アプリなども。
子どもに質問されてもわからない、
自分も学んでみたい親御さんの為には、
親子で学ぶ
プログラミング講座もあります。
スポンサーリンク



おしまいに

私たちが子どもの時とは違い、
今の子どもたちの周りには
テクノロジーが
切っても切り離せないくらい
身近になっています。
大人の方がついていけなく
なるかもしれませんが、
コンピュータープログラミングという
舞台を変えての子どもたちの
創造性や発展性に
これから期待していきたいです。
スポンサーリンク