PTAの役員決めを乗り切るには?トラブルを防ぐために
新学期になるとお母さんたちにとってはビッグイベントの一つ、PTAの役員決めがありますよね。
もちろん自ら立候補する人もいますが、なかなか共働き家庭が多かったりで忙しくて難しい場合や、ママ友トラブルなどのニュースなどが取り上げられていることから、できれば免れたい…!
と考えているママが大半ではないでしょうか。
そんな役員決めではやってはいけないNG行動などがいくつかあります。
ほかのママから目をつけられてしまわないように必ず覚えておいてほしいものばかりですので、しっかりみていきましょう!
PTA役員は基本的に立候補を募り、その数が足りない場合に、平等にくじなどで決めるというのが多いはずですね。
ただどうしても事情があって役員ができない家庭もあったりしますよね。
そんな時にトラブルにならないポイントをみていきましょう。
スポンサーリンク



免除されることもある

まずくじなどで選出されても免除してもらえるケースがあります。
例えば妊娠中などの場合には、やはり安全をはかって辞退できることも多いです。
ただし小さな子供がいる場合には皆さん子供を抱えながらも役員をやられていることが多くなかなか断る理由としては難しいかもしれません。
またよく多いのがひとり親家庭の場合。
この場合も免除に基本的になりません。
ただし家族に介護をしている人がいる場合には免除の対象になることがほとんどですから、申し訳ないという姿勢を見せつつ、断りましょう。
スポンサーリンク



もしも自分が当たった場合に

特に事情はなく、役員に選出されてしまった場合に気をつけて欲しいのが「できない」などといった否定的な言葉です。
つい自分には無理!
と訴えたくなるものですが、平等にくじを引いて当たってしまったのであれば、どうしようもありません。
先程説明したように、特別な事情があってもなかなか変わってもらえることが少ないので、自分で割り切ってやっていくしかありません。
どうせするのであれば前向きに。
「仕事が忙しいですが、頑張ります」と伝えておけば、周りも忙しい中やっているならフォローしようなどと協力してくれるはずですよ。
スポンサーリンク



PTA役員は悪いことばかりではない!

PTA役員というと、面倒な作業に、ややこしいママとの付き合い…というようにデメリットばかりに目を取られがちですよね。
ただ、役員になることで得られるメリットもないわけではありません。
例えばPTA役員になると学校の先生と話す機会というのが自然と増えます。
すると子供の様子についてもうかがえるようになり、子供から聞く話だけではない、普段の学校のことがわかるようになります。
また先生と親との距離感も近くなるので何かあった時に相談がしやすいとも言えます。
中にはPTAの役員になったことが理由でストレスを溜め、思い悩む方もいます。
ただPTA役員を一生背負っていきていくわけではありません。
次回の役員選出では免除になったりすることも多いです。
特に「〜長」などという役職についた場合に責任をかなり感じてしまうことでしょう。
ただ、手を抜けるところは抜いて、無理をしないようにしましょうね。

まとめ

PTA役員は当たると地獄の日々が待っているかのように思えるかもしれませんが、中にはやってよかった!
という人も沢山います。思っているほどデメリットばかりではないんですよ。
忙しいのはお互い様。「自分は無理!」というわけにはいきません。
たとえば、これは参加できるけどこれはできないだとか、出来るだけ協力する姿勢をみんなが持てれば1番良いですよね。
とはいえなかなかそうはいかないのが実際なのですが、当たれば仕方がない…くらいの気持ちであまり頑なに考えずに、気を楽にして役員決めに臨んでくださいね。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!