大人になってから生えてくる歯「親知らず」。親知らずって抜歯するものなのか残しておいてもいいものなのか自分ではよくわかりませんよね。そして気になるのは、もし抜歯したらその後の腫れと痛みが恐いですよね。
作者の経験談もふまえて、親知らずについて一緒に勉強していきましょう。

大人の歯つまり永久歯は15歳前後ですべて生えそろうものですが、親知らずは永久歯が全部生えそろった後に10代後半から20代前半で主に生えてきます。
一番奥の奥歯、8番目の歯で上下左右の計4本あります。まだ顎の骨格が成長段階にある時に生える他の永久歯と違って、親知らずは顎が出来上がってしまってから生えてくるものなので、正常な方向に生えてこない場合が多いそうです。
スポンサーリンク



抜歯は絶対にするもの?

「親知らず=抜歯」のようなイメージはありますが、本当にそうなのでしょうか?そんなことはありません。
先にも言いましたが、「正常な方向に生えてこない場合が多い」ということですので、正常に生えてくる人ももちろんいます。
これは顎の骨格によるようです。顎が大きい場合は親知らずが生えてくるのに十分なスペースがありますが、顎の小さい人はスペースが少ないところに無理やりに生えてくるので問題が生じてくるそうです。
ではどういう場合に抜歯するのでしょうか?
斜めや真横に生えてきてしまい、すぐ前の歯にあたり押してしまっていることで負担をかけてしまっていたり、接触しているところが上手く歯磨きできておらず虫歯になってしまっている場合、抜歯が必要になり事が多いそうです。
斜めに生えてきていても矯正により正しい位置に戻してあげることができるものや、ブリッジや入れ歯の土台として利用すことが可能な場合もあるそうです。
実際、作者は親知らずが斜めに生えてきて接触部分が虫歯になり痛くて歯医者に行ったら抜歯が必要と言われてしまいました。でもかかりつけの歯医者さんに「うちではできないので、上手な口腔外科を紹介してあげる。」と言われた時には「下、外科~??えっ、手術なの??」と驚きました。そう、親知らずは口腔外科で抜いてもらうんです。
スポンサーリンク



抜歯による腫れや痛みはある?

抜歯をする時には麻酔を必ずしますので、術中の痛みは感じません。ただやはり抜歯をするために歯茎を切開する必要があったり親知らずは比較的神経に近かったりするので、麻酔が引いた時に痛みが始まります。
少なからず炎症もあるので腫れもきます。この痛みや腫れは個人差や親知らずの生え方による手術の大きさ具合にもよるようです。痛みが完全に感じなくなるには1週間くらいかかるそうで、1~2日ほどピークは続きます。
作者は痛みも腫れも丸2日くらいで落ち着いてきましたが、抜歯後は口腔外科から頂いた痛み止めを飲んでも効いていないんではないの?というくらい痛くてこたつでうずくまってました。
それも抜いたところの血が固まらないといけないので、体を温めすぎては血行が良くなってしまうと思い、ほんとなら首まで入ってしまいたいところ腰までで横になってうずくまってました。
ようやく腫れも痛みも我慢できるくらいにおさまっても、辛いのは食事でした。抜歯した方とは反対側で噛むのですがうっかり親知らずがあった付近に食べ物が行ってしまった時の痛みは声も出ないくらいでした。
スポンサーリンク



親知らずが生えない人もいる?

親知らずが生えてこない場合もあるそうです。歯茎の中に埋まったまま生えてこない場合や親知らず自体が育っていない存在していない場合もあるそうです。
実際、作者は親知らずを1本抜歯しましたが残りの3本はみあたりません。
レントゲンにも写らないのでどうやら存在すらしていないのでしょう。
まぁ、作者の場合は上の歯の犬歯がまだ2本とも乳歯のままな上、永久歯が存在していない(因みに作者は子供もいる立派な大人です)ので、親知らずも存在していないと言われても何ら不思議には思いませんが。
乳犬歯についてはどの歯科でも一度は驚かれますが、もう慣れましたね。
歯医者さんに口をそろえて言われるのは、「永久歯がないので、抜けてしまったらインプラントや入れ歯などになってしまうので、抜けないように大事にしてあげてください。」頑張ります!!

最後に

途中いらない話も出てきてしまいましたが、一番奥の歯に違和感や痛みを感じたらひどくなる前に歯医者さんに行ってください。上でも少しだけ書きましたが、親知らずは口腔外科に行ってくださいね。

スポンサーリンク