沖縄の天気予報って当たらないの?その理由は?
先の予定を決める時、やはり天気というのは大事ですよね。
旅行なんかは特に天気が悪いと計画通りに楽しめないことも…。
そのため天気予報をしっかりチェックしておきたいものです。
しかしこんな噂を聞いたことはないでしょうか?
「沖縄の天気予報は当たらない」
これって本当のことなのでしょうか?
そうだとすると沖縄の人ってどうやって天気と付き合っているのでしょうか。
そこで今回は沖縄の天気予報が当たらないと言われる理由について詳しくみていきましょう。
スポンサーリンク


沖縄というと日本のでも有数の観光スポットで同じ国でありながらも、少し違った食文化や方言なんかが特徴ですよね。
天気というと夏は暑く冬は暖かく、台風が多い事でも知られていますよね。
そんな沖縄、長年住む人は天気の移り変わりなんかが何となくわかるという方もいますが、旅行客にとっては天気予報が頼り。
その予報が当たらないとなるとこれは困りものですよね。
どうして当たらないと言われているのでしょうか?

環境にある

うみは海に囲まれていますよね。
そのため雲ができやすい土地であるといえ、雲ができれば急な雨も降りやすいという特徴があります。
また縄の高い気温と水温で水蒸気が発生しやすく、それも雲を作る原因でもあります。このことから晴れと天気予報で言われていても雨に遭遇することも少なくないので、沖縄の天気予報は当たらないと言われてしまうのです。
つまり雨だから…と色々と計画を変えても10分くらいで雨はすっかり上がってしまうこともあり
こういった部分でも天気予報をどう受け止めるのか難しいところですね。

生すると沖縄を通過する可能性が高い

台が発生するといつも沖縄付近を通っていますよね。だいたい時期的には天気予報は気にしないこと!

気は変わりやすいことがわかったかと思います。

ドバイスできることというと、天気予報は気にしない!
これしかないのではないでしょうか?
台風なんかで局地的に大ぶりが続く以外であれば基本的にスコールのような一時的なものです。
その間はどこかで雨宿りをして待つしかないですね。
ただしこの際にドライブ中であれば視界が悪くなるので気をつけまこれは余談ですが沖縄って雨の切れ目にもよく遭遇することがあります。
ここまでは大雨でここからは晴れている!
という何とも不思議な場所ですね。
また沖縄の人にとって局地的な雨は慣れっこ。
雲の靄を見るだけでどこらへんで雨が降っているかなんていうのも分かるんだとか。
天気が急に変わっても慌てません。
またか…という具合にみなさん落ち着いていますよ。
慣れるってすごいことですね。
出かける時も晴れていても室内に干すなど工夫をしているようです。

いがでしたか?

沖縄は天気の面で色々と心配は多いのですが、

味しく、また海が綺麗で人もあったかい!そんな素敵な場所です。
一度行くときっとハマることまちがいないですよ。
沖縄と一口に言っても島で分かれていますから、何度言っても楽しめそうですしね。
ちなみに沖縄には雨だった場合も楽しめるツアーというのも沢山あります。
例えば琉球ガラス作りなんていうのは人気です。

またのんびりショッピングもいいですね。

あらかじめ雨だった場合のプランも立てておくと安心です。
せっかくですから天気に振り回されずに出来るだけ沖縄を楽しみ、思い出をたくさん作りましょう!

みんな読んでいる関連記事!