作り置きができるおかずって?冷凍方法は?
忙しい毎日でバランスよくメニューを決めるのってとっても難しいものですよね。
家族の健康を考えると何品も出したいけれど時間がかかってなかなかそうはいかない!
そんな時にオススメが作り置きおかずです。
作り置きおかずは冷凍保存が可能でお弁当にも活用できるものがたくさん!
そこで今回は出来るだけたくさん覚えておきたい!
簡単な作り置きおかずレシピを見ていきましょう。
作り置きおかずは冷めても美味しいものが多いのでお弁当にもぴったりのメニューがたくさんあります。
毎日バランスよく健康的な食卓を目指すなら週末にいくつか作り置きおかずを作ってしまいましょう!

ささみの梅しそ和え

まずささみを鍋で茹でて火を通し、大葉を千切りにしたもの、梅干しの種を取ったものと、塩ひとつまみを混ぜ合わせます。
これで完成です。
ささみを茹で過ぎずに余熱で最後まで火を通すのがポイントです。
小松菜を3cmくらいに切ってちくわも5mmくらいに切ったらごま油で炒めます。
味付けは町ツオイスモールド酒、醤油、みりんです。
全体に味が馴染んだら完成です。
小松菜は調理前にしっかり洗いましょうね。

味玉子そんな時にオススメが作り置きおかずです。

まず半熟のゆで卵を作ります。

そして醤油、みりん、酒を鍋で加熱し沸騰したらそのまま1分置いておきます。

そして半熟卵をタッパーなどに入れそこにタレを入れましょう。
時々ひっくり返します。1日つけるとかなり味がしみます。

鶏チャーシュー

砂糖、みりん、醤油、料理酒、水、生姜、ニンニクを鍋に入れて混ぜそこには鶏胸肉を並べ入れたら火にかけて煮立ったら弱火にしてアクを取り、蓋をしましょう。
時々裏返しつつ煮汁が3分の1くらいになったら火を止め粗熱が取れたら食べやすく切って完成です。
一晩寝かすとより美味しくなります!

春雨サラダ

きゅうりを千切りにして塩もみして人参はレンジで火を通し、ハムも千切りにしたら春雨をお湯で戻してカットし、きゅうりを水切りし、他の具材と混ぜます。そしてそこに塩、めんつゆ、醤油、酢、砂糖にごま油を混ぜ合わせたら完成です!
さっぱりとして美味しいですよ。

作り置きおかずを冷凍する時には

まず作り置きをするのであれば保存容器は清潔にしておかなければなりません。
熱湯をかけてキッチンペーパーなどで拭くのがおすすめです。
あるいは消毒用アルコールを使用しても良いですね。
そして保存容器に入れる時には完全に冷ましてから蓋をし、冷凍庫に入れましょう。
冷凍室の温度が上がり他の食材を傷める原因になります。
また容器の蓋を早めに閉めると蓋に水滴がついて不衛生です。
また入れる際の箸も清潔なものでなければなりません。
ジップロックなどの場合は空気をしっかり抜きましょう。
他には気をつけるポイントとしては加熱の際にしっかりと火を入れること!
特に肉の場合は十分に火が通っていないと菌が繁殖してしまうので気をつけましょう。
冷凍の場合に結構長持ちするからとついうっかり忘れがちですが、出来るだけ早めに食べる!というのも忘れないでくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
作りおかずはレパートリーがあればあるほど便利ですよね。
朝の準備も晩御飯の支度もかなり楽になります。
特に副菜に便利な野菜メニューはバランスの良いメニューになっておすすめです。
また今回挙げた他にも、そぼろなどのようにいろんな料理に活用できる作り置きおかずもあります。
そぼろご飯はもちろん、オムレツや炒め物に入れるなどアレンジは無限大です!
まとめて作ることでガス代なんかも抑えられ、経済的でもありますよね。
賢く作りおかずで健康的な食生活を目指しましょう!

みんな読んでいる関連記事!