こんなオーディションを見つけた大阪編。バックダンサーやテーマパークダンサーになるには?

ダンスをする人なら夢見る大舞台。イベントやショー、舞台などで大勢の人に自分の踊る姿を見てもらいたいと思うもの。バックダンサーやテーマパークダンサーなど興味ありませんか?そこに到達する為の登竜門がオーデション。オーディションと言えばやっぱり東京を思い浮かべますが、大阪だって負けていません。バックダンサーやテーマパークダンサーにどうやったらなれるのかオーデションについても見ていきましょう。

バックダンサーと言えば、ご存知の通り歌手の後ろなどで踊っているダンサーです。バックダンサーだからと言ってなめていてはいけません。国内、海外で活躍する大物アーティストのバックで専属で踊る人達だっています。まぁそこまでたどり着けるのはほんの一握りではありますが。

収入

大好きなダンスで収入を得ることができるようになれば嬉しいことです。バックダンサーの収入は大きく差があります。イベントのバックダンサーならリハーサルにっきゅ1,000円~2,000円、本番日給5,000円~8,000円くらいが相場のようですが、有名歌手の専属バックダンサーともなれば、リハーサル日給10,000円~20,000円、1ステージ30,000円~50,000円だそうです。マドンナやレディーガガのような海外の大物アーティストの専属バックダンサーになれば年収数千万円稼ぐことができたりするようですが、それは本当に一握りのダンサーたちです。

オーデション

 
バックダンサーになるにはスクールや事務所などに所属するのが近道です。しかし、そのスクールや事務所に入るのにもオーディションに合格しないといけません。

大阪ダンス&アクターズ専門学校-K-POPバックダンサーコース。未だに人気の強いK-POP。在学中でもK-POPアーティストの日本ツアーでバックダンサーとして踊ることも夢ではないコースです。ダンスだけでなく韓国語も学ぶそうです。K-POPが好きという事も重要かも。因みに普通のバックダンサーコースもあります。

テーマパークダンサー

大阪でテーマパークと言えば「ユニバーサルスタジオジャパン」です。テーマパークダンサーになるのは簡単ではありません。いろんな種類の高いダンス技術だけでなく、キャラクターになりきる演技力や表現力も必要になります。一日に数回ショーが行われるのが毎日続くので、体力も必要です。

収入

そんなハードなテーマパークダンサーですが、給料はどこもほぼ時給制です。ユニバーサルスタジオジャパンも例外ではありません。ダンサーは朝からずっといるのではなく、ショーの2時間前などに入ってメイクや衣装の準備をします。なのでテーマパークダンサーでも配属の場所によってショーの数が多いダンサーと少ないダンサーでは収入に差が出て切るのが実際のところです。

オーディション

通常テーマパークダンサーの契約は1年なので、契約が切れたらまたオーディションを受けることになります。1年やってきたから次も絶対合格するという訳ではありません。ダンサー枠は決まっているので、良いダンサーを発掘したら仕事を失うという事にもなりかねません。

ユニバーサルスタジオジャパン-オーディションは大阪だけでなく、東京と福岡でも開催されています。毎年秋、9月・10月にオーデションが行われています。

そしてテーマパークダンサーを目指す人たちの為のスクールももちろんあります。

テーマパークダンサースタジオ大阪校-テーマパークへの合格率が高いダンス専門学校です。ユニバーサルスタジオジャパンだけでなく、パルケエスパーニャや関東なら東京ディズニーリゾートへの合格者も排出しています。また年に一度、模擬オーデションなども開催されていて、本当のオーデションさながらの体験をすることも出来ます。

最後に

ダンサーへの道は簡単ではありません。しかもそれで生活していこうと思うとかなりの努力が必要です。スクールに行ったからと言って絶対にバックダンサーやテーマパークダンサーになれるとも限りません。でも、オーディションを受けなければそのチャンスさえ逃してしまうので、失敗を恐れずに挑戦していってください。
応募期限に間に合わなかった!というのはもっての外ですから、日ごろからチェックしておいてくださいね。

みんな読んでいる関連記事!