スポンサーリンク



10月は運動会シーズンです。
幼稚園では運動会を盛り上げるために、親も積極的に協力しているのではないでしょうか。
ですが、参加時の服装で悩んだ事はありませんか?
周りの目が気にならない服装選びのポイントをお教えします。
スポンサーリンク



10月になり季節は秋!
秋といえば、「スポーツの秋」を思い浮かべる人も多いように、学校行事として行われる運動会も10月が多いですよね?
なぜ10月に行われる事が多いのでしょうか?
10月は厚さが和らぎ涼しくなり出す頃で、過ごしやすい時期です。
激しく動くような運動をするのには向いている時期だと言えます。
スポンサーリンク



運動会が春に変わった所が多いのはなぜ?

では、今は何故、春に運動会を行う所が増えてきたのでしょうか?
それは、以前に比べ「農業を営んでいる家庭が少なくなった」ことや、秋といっても暑い日が続き「熱中症などのリスクが高まった」ことなど、生活や健康面の理由が関係していると言えます。
その他にも、秋から冬にかけて生活発表会など大きな行事があり、「行事の予定が続かないようにする」という狙いもあるそうです。
また、中学校に限って言えば、高校受験の大切な時期ではなく早めに終わらせることで、受験勉強の妨げにならないようにする考えもあるのではないでしょうか!
スポンサーリンク



運動会は春と秋のどちらが良い?

私が子供の頃は、運動会といったらほとんどの幼稚園や学校が秋に行っていました。
今では春に行う所もあれば秋に行う所もあると、その幼稚園や学校の判断で開催時期が分かれます。
では、春と秋のどちらに運動会を行った方が良いと思いますか?
子ども達からしてみれば、運動会は楽しみの1つです。
どちらでも関係なく張り切って、練習の成果を見せてくれるに違いありません。
子どもの一生懸命頑張る姿を見るのに、春でも秋でも変わりはないと思います。
ところが、「秋の涼しくなる頃」というイメージがあった10月ですが、運動会の練習が始まるのは夏休みが明けた9月初めからですよね?
近年では残暑が厳しく、熱中症の心配も考えるようになりました。
暑すぎる夏休み明けから練習を開始しているために、体を壊してしまう子も多いと聞きます。
また、招待されて応援に行く人の中には、お年寄りや赤ちゃんなど、体力の弱い人もいます。
その事を考えると、「残暑の厳しい秋」よりは「気温があまり高くない春」の方が良いという人が多くなるのも納得です。
スポンサーリンク



運動会の時期!幼稚園は何で判断するの?

毎年、運動会の季節になると、近所の幼稚園から子どもたちの元気な声が聞こえてきますよね?
幼稚園から帰ってくると、家の中でも一生懸命練習して、幼稚園での事を楽しそうに話してくれる姿に、運動会当日が待ち遠しくなるのではないでしょうか!
でも、暑い日が続くと子ども達の身体の事が心配になりますよね?
そこで、幼稚園でも子どもの数や気候の変化に伴い、開催時期を春に変更する所も増えてきているのです。
しかし、現実では全ての幼稚園が気候を考慮して「運動会は春に」とはいかないようです。
幼稚園では「秋」に運動会をする事が多く、その理由は幼稚園児の年齢が関係しています。
入って1年2年と経っている園児もいますが、新しく入ってきた園児の年齢は、まだ3歳です。
幼稚園に慣れるのにも時間がいる年齢です。
つまり、春に運動会をするには、「園児達をまとめるための時間が足りない」「難しい」ので、秋に運動会をする幼稚園の方が多いのです。
スポンサーリンク



運動会で親子競技があるのはなぜ?

幼稚園の運動会では、毎年必ず親子競技が盛り込まれています。
本音では、「出来れば子供だけで」「応援だけをしていたい」というパパやママも多いのではないでしょうか?
でも、そこは大切な子どもの為に参加するしかないのが現実です。
学校に上がるようになると、親子で競技に参加することは少なくなります。
学校によっては親の参加がない所もあります。
では、何故幼稚園では親子競技が多いのでしょうか?
それは、子どもが一生懸命練習した事を、親に教えながら「力を合わせてやり遂げる力」を付けるためなのではないでしょうか?
スポンサーリンク



幼稚園の親子競技は難しい?

私の子どもが幼稚園に通っていた時の話ですが、子どもの幼稚園では親子競技が3種目ぐらいありました。
そして、種目の説明は事前にプリントで配られるので、内容は何となくですがわかります。
ですが、親は事前に親子競技の練習を幼稚園でしている訳ではないので、当日はドキドキするものです。
そして、子ども達は練習をしているので、子どもに主導権があります。
とは言え、まだ幼稚園児なので良く分かっていないのが、よけいにハラハラしたのを覚えています。
しかし、そこは園の方でもちゃんと考えてくれているので、親子競技の内容は出来るだけ簡単な内容になっていて、あっという間に終わった感じがしました。
スポンサーリンク



運動会!親は服装で悩むことも!

親子競技もそうですが、私はどちらかというと服装の方が悩みました。
普段からスポーツをする習慣があれば悩まない事だと思います。
でも、私は運動は大の苦手でしたので、運動に適した服装を持っていなかったのです。
運動する習慣がないという事は、私にとっては今後も運動をする予定がないという事です。
つまり、年に1回の運動会の為だけにスポーツウェア―を購入することには抵抗があったのです。
でも、あまりにも運動向きではない普段着すぎる服装で参加して浮いてしまったのでは、子どもに対して申し訳ないという思いもあり、凄く服装で悩んだ事を覚えています。
スポンサーリンク



運動会向きの服装を考えよう!

いざ運動会が近付いてから慌てないように、親も服装を考えておかなければなりません。
いくら動きやすいと言っても、周りから浮いた格好は出来ませんよね?
親子競技やPTA競技などで親の出番が多い幼稚園の運動会では、特に、親の服装も見られていると思った方が良いでしょう。
いくら、「親子競技はパパに任せてあるから自分は応援だけ」と思っていても、運動会の場にふさわしくない服装は避けた方が良いでしょう。
当日になって、急に「人が足りないから」と頼まれる事もあります。
あと後、保護者の間で話題に上がらないとも限りません。
スポンサーリンク



普段でも着られる運動会向きの動きやすい服とは?

幼稚園の運動会は、親子行事やPTA競技の他にも、「役員の係り」「写真撮影」「ビデオ撮影」と、1日中動き回ることが多いので、その事を想定して動きやすさを重視した服装選びが大切です。
しゃがんだら、背中や腰が見えてしまうような服装は避けた方が良いでしょう。
また、小さめの身体にフィットしたTシャツはファッションとしては良いと思いますが、運動会では機能的ではありません。
しゃがんだときに、背中や腰が隠れるチュニック丈ぐらいの長さの物を選ぶのが、動いた時に気にならないのでベストです。
なかには、パパの大きめなTシャツに細目のスキニ―パンツを合わせているママもいますが、あまりヨレヨレの物だとだらしない印象になってしまうので、生地が伸びていないかを確認してから着用することをおススメします。
トップスは、Tシャツを着ている人も多いので、運動会出来るならラガーシャツなどもオシャレで良いと思います。
また、ボトムスはストレッチが効いたパンツがおススメです。
「ダボダボのズボン」や「つなぎ」「オーバーオール」は運動会というよりも清掃をする時のイメージなので浮いてしまう事があります。
普段着がスカートなので、レギンスやトレンカを合わせるというママも、運動会の日はパンツがおススメです。
他にも色々と調べてみると、運動会に適した服装はたくさんありますが、全てに共通して言えるのは、派手な柄や色は避けて無難な無地を選んだほうが浮かないという事です。
スポンサーリンク



まとめ

5月の春の運動会も、10月の秋の運動会も、動き回るのは一緒です。
また、幼稚園の運動会の主役は子ども達です。
親が張り切りすぎて服装で浮いてしまい、後になってから後悔することのないように、TPOを考えた動きやすい服装で運動会を楽しんでください!
スポンサーリンク