ほとんどの家庭にはトースターよりもオーブントースターがあるのではないでしょうか。
オーブントースターは食パンを焼くだけでなく色々な形のパンを焼くことも出来ますしちょっとした調理に使うことだってできます。
便利ですよねー。
でもそんな便利でありがたいオーブントースターの掃除、あなたはどうしてますか?使った後は細目に掃除したりしていますか?
長く使用するにはキチンとお掃除して手入れをした方がいいです。お掃除の方法、教えます!
スポンサーリンク



オーブントースター掃除を怠ると・・・

オーブントースターの掃除を怠るとどうなってしまうのでしょうか。買ってから一度も掃除をしたことがない人、中を覗いてみてください。
パンくずが落ちていたり油汚れがびっしりついていたりしていませんか?
パンくずなどは放っておくとそのうち焦げ付いてきてしまいます。
油ものを調理した覚えはないのに油汚れがある、というのはソーセージやベーコンなどそれ自体に油があるものから飛び散っていたり下に落ちていたりします。
落ちた油が焦げたパンくずについたり、温めるためのガラス管がパンくずや油が重なって発火してしまう可能性も出てきます。
毎日ではないにしても使用頻度の高いアイテムですので、安全に長く使用するためには掃除は怠らないことがベストです。
スポンサーリンク



スポンサーリンク



オーブントースターの掃除の仕方

まずは網やトレーなど取り外しができるものは取り外します。

オーブントースターのトレイがまだ頑固過ぎない汚れの場合

網やトレーは沸騰させたお湯を大鍋やタライなど十分な大きさで熱湯に強い入れ物にいれ、そのお湯に1時間ほど浸けて汚れを浮かします。
素の後、食器用洗剤とスポンジで洗っていきます。網の掃除は使い古した歯ブラシなどを使っていくと細かいところも綺麗になります。
オーブントースター内部の掃除は、まず内部に落ちていたりこびりついているパンくずなどをスポンジの硬い面や使い古しの歯ブラシなどでそぎ落としてかきだします。
そしてここで登場するのが「重曹」です。重曹は100mlの水に対し小さじ1杯を溶かした重曹水を作ります。スポンジもしくは布巾に重曹水を含ませ軽く絞って内部の汚れを拭き取っていきます。
硬めの汚れには少々根気が必要です。

オーブントースター強烈頑固な汚れの場合

重曹よりも高精度なセスキ炭酸ソーダを使ってみてください。500mlの水に対し小さじ1杯を溶かしたセスキ炭酸ソーダ水を作ります。
ここであると便利なのはスプレーボトル(空きスプレーボトルがあれば何でもいいです)。
まず、網やトレーも頑固な汚れがこびりついている場合はセスキ炭酸ソーダ水につけておくといいのですが、1つ問題があります。
スポンサーリンク



オーブントースターの掃除に重曹やセスキ炭酸ソーダをアルミに使用すると黒っぽく変色してしまう。

トレーなどはアルミで作られているものも多いので確認しましょう。
もしアルミ製品であれば、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で1時間ほど浸け置き洗いをしてからスポンジや歯ブラシで擦り洗いしてください。それでも頑固な物はメラミンスポンジを使用してみましょう。
オーブントースターの内部はセスキ炭酸ソーダ水トキッチンペーパーを使ってパックしていきます。
キッチンペーパーをあて、セスキ炭酸ソーダ水をまんべんなくしっかりと吹きかけて30分くらい放置します。ヒーターのガラス管も同じようにパックしていきます。
しばらく放置した後にスポンジで擦りながら綺麗にしていきます。メラミンスポンジを使ってもOKです。
気をつけるのはヒーター部分のガラス管です。これを割ってしまったら折角綺麗に掃除したところで使い物になりません。ガラス管の部分は軽く拭き取ったら、優しく水拭きと乾拭きをします。これだけです。
スポンサーリンク



オーブントースターの掃除を楽にするために

今後の掃除を少しでも簡単にする方法があります。アルミホイールです。
アルミホイールは電子レンジでは使用できませんが、オーブントースターでは使用可能です。パンくず受けのトレーにアルミホイールをかぶせてトレーの形に整えて保護するだけです。
我が家では調理するものによっては網の上に置くトレーもあったので、そちらにもアルミホイールをかぶせています。
ピザトーストやチキンナゲットの暖めなどはアルミホイールをかぶせたトレーを使うと油やチーズが下まで落ちていかないので、ヒーターのガラス管に垂れて焦げたようなにおいをするのも防げます。
細目にパンくずは受けトレーから捨てますが、アルミホイールが結構汚れたらクルクルっとまとめてアルミホイールごと捨て、新しい物をかぶせればいいので楽ちんです。
もう一つ、オーブントースターの掃除を楽にするためには特に油ものを調理した時には布巾などで中を全体的に拭いておくと汚れが重なっていくことなく、次の全体掃除の時に楽になります。

最後に

掃除は普段の一手間を加えておくことが要素です。ご自宅のオーブントースターも確認してお掃除してあげてくださいね。
注)最後は全体を水拭きと乾拭きで洗剤やセスキ炭酸ソーダ等が残らないようにしてください。掃除後に使用する時は、必ずヒーター部分のガラス管が完全に乾いている状態を確認してから使用してください。
スポンサーリンク