夏真っ盛りを思わせるような陽気になりました。夏と言えば海水浴は外せないイベント。今から楽しみにしている人も多いはず。きらきらと輝く海と真っ青な空。海水浴には気持ちの良い季節がやってきます。ただ、小さなころから海水浴ができるのはお盆までと言われたことがありませんか。
それは、お盆を過ぎると海中にクラゲがたくさん見られるからです。そこで今回は危険と言われるクラゲについて、何故危険なのか、刺されたらどうしたら良いのかなど詳しく説明いたします。
スポンサーリンク



クラゲは1年中生息している生物ですが、お盆のころになると海の中にたくさんの姿が見られます。
これは子供であったクラゲが大人になり、水中を漂うようになるため、大量発生をしたものです。子供であるクラゲはイソギンチャクのように岩にくっついた状態で成長し、ある時成体となり水中に放たれます。それがちょうどお盆の時期から秋にかけてなんです。
スポンサーリンク



クラゲの毒について

クラゲは毒針を持った生物であり、自分の縄張りに入ってくればその毒針で攻撃をします。お盆過ぎのクラゲが多く漂う海へ入れば刺されてしまうのも当然のことです。
クラゲの毒はスズメ蜂と同じでアナフィラキシー反応を起こします。一度刺されると抗体ができ、二度目に刺されるとその抗体で体がアレルギー反応を起こします。一番怖いのがカツオノエボシと呼ばれている猛毒を持つクラゲで、日本にも多く生息しています。
これに刺されると激痛が走り、ショックで呼吸困難を起こし、死に至ることもあります。一度でもクラゲに刺された経験のある方は、海水にクラゲを見つけたら海から出た方が無難です。
スポンサーリンク



クラゲに刺されてしまったら

万が一、クラゲに刺されてしまったら早急な対処が大事です。クラゲに刺された箇所には素手で手を触れるのは危険。触った手までも毒にやられてしまうからです。
対処法としては、刺された箇所のクラゲの触手(しょくしゅ)をピンセットで取り除きます。クラゲの毒は熱に弱いので日が当って熱くなっているビーチの砂を振りかけます。ちょっと熱いかもしれませんが、これで痛みは治まるはず。そのあとに海水で洗い流すことが大事。
クラゲは海水の生き物であるため、真水をかけると反応して、ピンセットで取りきれず残ってしまった触手から毒が出て来ることもあるので、必ず海水で洗いましょう。いざという時の対処方法は最低限覚えておくことが重要です。
スポンサーリンク



お盆を過ぎたら海水浴はおすすめしませんよー

お盆の賑わいのあと人が減った海水浴場は、とてものどかで優雅な気持ちで過ごせます。でも海に入るのは危険行為。大人だけならまだしも、小さな子どもを連れていくのは避けたいものです。お盆のあとは海へ入らずビーチで楽しみましょう。
スポンサーリンク