年齢のせいなのか生活習慣がよくないのか最近抜け毛が気になり始めた方、食べ物で抜け毛の予防ができるって知っていましたか?
もちろん、あまりよくない食べ物もしくは食べ方もあります。
普段の食生活を見直してみて髪の毛を健康に若々しくキープしたいものです。
抜け毛予防にはどのような食べ物がよくてどのような食べ物が悪いのか見ていきましょう。
抜け毛の予防をすると言うことは「髪の毛を健康にする」ということです。
食べ物だけでは正直抜け毛を防止することは出来ませんが、髪の毛に栄養を与えることによって健康な髪の毛を作る、抜けにくい髪の毛を作ると言うことです。

髪に必要な栄養素

髪の毛が作られるのに必要な栄養素はなんでしょう。
  • タンパク質
  • ミネラル
  • ビタミン
  • そして抜け毛の予防に効果的な栄養素は、
    イソフラボン―女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをしてくれるため、
    女性ホルモンを増やすことで抜け毛を押さえます。
スポンサーリンク



髪の毛に良い食べ物

では、どのような食べ物に髪の毛を健康にする・抜け毛を予防する栄養素が含まれているのでしょう。

タンパク質

髪の毛のほとんどはタンパク質で作られています。主成分はケラチンですが、ケラチンはタンパク質がアミノ酸に変化し作られる成分です。
肉類、魚類、大豆製品、卵、乳製品
などが良いとされています。肉類は食べ過ぎると逆効果になるので適量にして魚類もバランスよく食べることが必要です。

ミネラル

ミネラルに含まれる亜鉛はタンパク質をケラチンに生成させるのを助けるのに必要な栄養素です。
魚介類、海藻類、野菜、レバーなどに多く含まれています。
特に牡蠣にはミネラルが多く含まれていると言われています。小魚・イワシにも多く含まれています。

ビタミン

主にビタミンB₂、B₆、Eが関わってきます。ミネラル同様にタンパク質をアミノ酸に変化させる手助けをします。
緑黄色野菜、ゴマ、ナッツ、レバーなどに多く含まれています。
スポンサーリンク



抜け毛予防には食べ方にも注意

上記で述べたような食べ物を取るのがいいのですが、これらの食べ物を偏って食べていると髪の毛だけでなく、体の他の機能に弊害をもたらすことがあるのですべてをバランスよく摂っていくのが重要になります。

脂っこい食べ物ばかりはダメ

揚げ物やバターなどの動物性脂肪を食べ過ぎると皮脂の分泌が多くなり毛穴を詰まらせる原因に。
すると髪の毛の成長過程で根元が詰まっているため細い髪の毛になり抜けてしまいがちになります。

刺激物はダメ  (小見出し)
辛い物の食べ過ぎは発汗作用を促します。血流は良くなりますが汗が大量に出ることで皮脂も一緒に分泌され毛穴が詰まる原因になります。

お酒やたばこは控えめに

お酒やたばこの有害物質を分解するために、髪の毛を生成するのに必要なアミノ酸を使用します。
つまりタンパク質がアミノ酸に変化しケラチンが作られますが十分な量が髪の毛に行き渡らなくなります。
スポンサーリンク



ちょい足しレシピ

なかなか普段の食事を急に変えるのは物足りなくも感じるし難しいかもしれません。
髪の毛の生成に悪影響を与えそうな食べ物の量を少し減らし、代わりに1品添えるのはいかがでしょう。
例えば、

ほうれん草とちりめんじゃこの和え物

ほうれん草を軽く茹でて約4㎝幅に切り、水をしっかりきったらちりめんじゃことゴマを加えて醤油を少々入れ和えます。
仕上げに海苔もしくはかつお節を軽く散らして出来上がり。
少量ですがタンパク質とミネラルとビタミン全て入っています。
他にもちょい足しは、
  • お好み焼きには乾燥サクラエビを散らす。
  • 牡蠣にはレモン汁をかける。
  • 湯豆腐又は冷ややっこにはネギとかつお節を添える。
    (我が家は、けずり粉とゴマを添えます)
  • メインに温野菜を添える
などなど、ちょっとした工夫でちょい足しレシピができます。
少しづつから意識して髪の毛の健康を取り戻すようにしましょう。

おわりに

抜け毛予防には食べ物が関係してくると言いましたが、もちろん食べ物だけでは予防は十分ではありません。
十分な睡眠を取り軽い運動をしストレスを溜めない、暴飲暴食をしないと言うことも抜け毛の予防につながります。
食生活を見直すと共に生活習慣も見直してみて健康な髪の毛を取り戻しましょう。
そうそう、頭を洗うときは指の腹で抑えるようにマッサージしながら洗うと頭の血流も良くなるし気持ちいいのでやってみてください。
そして洗髪後はしっかりと洗い流してください。
シャンプーやリンスが残っていると毛穴のつまりやフケの原因になりますからね。
スポンサーリンク