春から夏にかけて紫外線が強い時期。女性を悩ませるのが日焼けですよね。最近では、いろんな日焼け止めグッズが販売されており、中でも注目されているのが「飲む日焼け止め」です。飲むだけで日焼け止めできるなら手軽で便利ですが、本当に効果はあるのでしょうか?
飲む日焼け止めは、ビタミンEをはじめとした抗酸化作用(こうさんかさよう)に優れた成分を配合したサプリメントです(成分の詳細はメーカーによって異なります)。
抗酸化作用とは、酸素によって体が酸化を起こすことを防ぐ作用のこと。酸化は体の錆び、つまり老化の原因となることから、女性にとってアンチエイジングに欠かせない成分となっています。
日焼けするとシミができるのは、紫外線によって生まれたシミの赤ちゃんが酸化によって黒く染まるためです。サプリはその酸化を抑制することを主な目的としてつくられています。

ただしサプリはあくまで補助的存在

ここで注意したいのが、サプリは薬ではないということです。サプリは毎日の食生活で十分に摂取できない栄養を補うための「食品」。つまり、薬のような高い効果は期待できないということです。
こう聞くとがっかりするかもしれませんが、薬のような副作用の心配がないというメリットがあります。
スポンサーリンク



飲む日焼け止めを使用した人の口コミ評価は?

飲む日焼け止めを使っている人の多くは、美白をキープすることを目的としているようです。中には自分が通うクリニックで勧められたという人もいます。
全体的に評価の高さが目立ちますが、共通して言えるのは、日焼け対策を飲む日焼け止めだけに頼っていないということです。
使用者のほとんどが日焼け止めクリームや日傘、サングラスなどの使用を徹底しています。もちろん、夜のスキンケアも美白を徹底している様子。
こうした日焼け対策の一環として飲む日焼け止めを活用しているのです。そのため、もしも飲む日焼け止めを買うことにしても、ほかの日焼け止め対策を忘れないようにしましょう。
スポンサーリンク



日焼け止めを塗るときのポイント

飲む日焼け止めと一緒に行う日焼け対策の代表が、日焼け止めクリーム(乳液)を塗ることです。ここでは日焼け止めを塗るときのポイントをご紹介します。

先にしっかりスキンケアする

日焼け止めと基礎化粧品(化粧水など)、どちらを先に使えばいいか迷いませんか?正解は、基礎化粧品が先です。
基礎化粧品でしっかりとスキンケアしてしっかりと肌に馴染んでから日焼け止めを塗りましょう。基礎化粧品が肌になじまないうちに日焼け止めを塗ると、白く浮いてしまうことがあります。

日焼け止めクリームの量

日焼け止めクリームは、顔の面積に対して500円玉大の量が必要とされています。化粧下地のようにパール大の量でいいと勘違いしている女性が多いので、注意しましょう。体に塗るときも、顔の面積を参考に多めに使用してくださいね。

日焼け止めクリームは少しずつ塗る

500円玉大の日焼け止めクリームをいっぺんに塗りつけると、塗りムラができてしまうのでNGです。まずは手のひらに日焼け止めクリームを取り出し、指で少しずつ取りながら、おでこ、鼻、左右の頬、あごにのせましょう。そのあと、手の平を使って顔全体に広げることでなじませてくださいね。

体の内側・外側から日焼け止め対策を

美白をキープしたい女性を中心に人気を集めている、飲む日焼け止め。とても便利なグッズですが、ほかの日焼け止め対策も行いながら活用してくださいね。
スポンサーリンク