西馬音内盆踊り 見どころ情報3選!歌詞・動画もチェック
日本の夏の風物詩といえば、盆踊り。中でも日本三大盆踊りといわれる秋田県の西馬音内盆踊りは必見です。ここでは、西馬音内盆踊りの見どころをまとめてご紹介。おすすめ動画もありますよ。
西馬音内盆踊り(にしもないのぼんおどり)は、秋田県の羽後町(うごまち)で開催される盆踊り大会です。一般的な盆踊りがお盆にかえってきたご先祖様を供養するためのものであるように、西馬音内盆踊りも祖霊たちを送るために行われます。
700年以上の伝統があるといわれ、しかも芸術性が高いことから国の重要無形民俗文化財に指定。また、阿波踊りや郡上おどりと並び、日本三大盆踊りにも数えられています。最近では、10万人以上の観光客がひと目見ようと足を運んでいます。

西馬音内盆踊りの概要情報

  • 開催時期:8月16日~8月18日
  • 開催時間:19:00~23:00
  • 開催場所:西馬音内本町通り(本町通り)
スポンサーリンク



西馬音内盆踊りの見どころ!音頭&がんけ

西馬音内盆踊りは、「音頭」「がんけ」という2種類の踊りを交互に繰り返して行われます。それぞれには西馬音内の方言を使った歌詞があるのも見どころのひとつです。

音頭

西馬音内盆踊りのベースとなっているのが、こちらの音頭です。地元の子どもたちは、まずはじめに音頭を覚えるとのこと。「ヤートーセー ヨイワナ セッチャ」という元気なお囃子とは対照的に、手や足の振りは静かで優雅。
歌詞の中では、五穀豊穣の願いや東京でお披露目された歴史、そして西馬音内盆踊りの衣装のちょっとした艶っぽさなどが歌われています。

がんけ

がんけは祖霊が来世で幸福になることを願うための踊りです。そのため、音頭に比べると歌詞や節回しに哀愁が漂います。一方で踊りは音頭よりダイナミックになるのが特徴的。
西馬音内盆踊りでは2つの踊りを繰り返しますが、終わりは必ずがんけで締めるのが習わしとなっています。現代ではエンターテイメントの一面を持つ盆踊りですが、本来は祖霊のためのものであることを最後に表していることに伝統を感じますね。
スポンサーリンク



西馬音内盆踊りを動画でチェック

西馬音内盆踊りは、編み笠や黒い布で作られたひこさ頭巾、そして藍染のゆかたといった衣装も見どころのひとつです。こちらはぜひ、動画でチェックしてみましょう。
こちらはサントリー公式のYoutubeチャンネルによる動画です。西馬音内盆踊りは、サントリー地域文化賞を受賞しました。
こちらは西馬音内盆踊り保存会によるYoutubeチャンネルの動画です。観光客で大にぎわいになる前の西馬音内盆踊りの様子や歴史が分かります。
スポンサーリンク



おわりに

西馬音内盆踊りを見ると、日本の伝統的なお囃子や笛の演奏、そして踊りに癒されます。幻想的な雰囲気を引き立てる衣装も魅力的です。ぜひ、日本三大盆踊りを見に足を運んでみてくださいね。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!