引っ越しや住み替え・新築住居購入などを考えた時、将来のことも考えて親世代と同居を決める人もいると思います。
そうなると気になるのは間取りです。
親世代子世代、生活する時間帯も異なってきますし、お互いある程度はプライバシーを守りたいとも思うもの。
理想の二世帯住宅はその家族のあり方によって違うものではありますが、参考までにどのような間取りが主流とされているのか見てみましょう。
二世帯住宅にもいろいろなタイプがあります。どのタイプが合うか参考にしてみてください。

完全同居タイプ

完全共有タイプとも言います。
昔からのスタイルで住み分けをすることがなくキッチンやバスルームなどすべて共有します。
生活時間に大幅に差がない親世帯子世帯だと一緒に食事をしたり、かといってそれぞれに寝室はあるのでプライべートな時間も守ることができます。
部屋数に余裕があればできるものなので、改めて建て直しをしたり増築する必要もありません。
(部屋数が足りずに増築という形で完全同居にする家庭もあります。)

一部共用タイプ

一部共有タイプはどの部分を共有するか、と言うことになります。
お風呂とトイレのみ共有、キッチンのみ共有、玄関だけ共有。
どこを共有にしていくかはそれぞれの家庭の生活時間によって違うのでよく話し合って決めるといいでしょう。
お互いのプライベートはほぼ守られる上に共有スペースを通じて行き来も出来るので、お互いに声もかけやすく何かあった時にはすぐに確認できるので安心です。
完全分離タイプ
同じ建物内で玄関もキッチンも全て別々というタイプです。
多くあるのは1階を親世代、2階を子世代と玄関もそれぞれに作り、完全にお互いのプライベートを守る形です。
生活時間が全く合わない、自分たちの生活は変えたくないけど安心できる距離に住みたい家庭にはいいです。
ただ、こどもが小さいと家の中で飛んだり跳ねたり走り回ったりする音が下の親世代の家に響くかもしれませんので気を使ってしまうこともあるかもしれませんが。。

完全隣居タイプ

同じ敷地内に親世代子世代の住宅をそれぞれ建てているタイプです。
これは二軒分の敷地が必要とはなりますが、お互いの生活音を気にすることもなく過ごすことができます。
同じ敷地内なので必要な時にはすぐに行き来することも出来ます。
スポンサーリンク



経済的なのは?

子どもがいる子世帯はこれからいろいろと費用が掛かってくるものなので、経済的には何かと抑えたいもの。
「完全同居タイプ」と「一部共用タイプ」は光熱費などは一緒になりますので基本料金は一回で住みます。
その代り、どの部分をどちらの世帯が支払うのか、もしくはどちらかの世帯が光熱費や食費・固定資産税など管理をし、もう片方の世代が月々の生活費としていくらかお金を渡すと言ことになりますので、同居するにあたってしっかりと話し合って決める必要があります。
「一部共有タイプ」と「完全分離タイプ」は光熱費こそは完全同居タイプよりもかかってしまうものの、新築増築する際に補助金を受けることができます。
補助金を受けるには「玄関・キッチン・トイレ・浴室のどれかが2つ以上ある二世帯住宅」という条件があったりします。
  • 地域型住宅グリーンか事業 最大30万円
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業 最大50万円
  • 地方自治体 自治体による・実施していない自治体もある
それぞれで条件についての細かい内容や補助制度や補助金も違うので、新築増築する際に建設会社に確認して補助金申請するのをおすすめします。
もし三世代同居(親世代・子世代・孫世代)で住宅ローンを借り入れする場合は、平成31年6月30日までに借り入れて且つ工事をした場合に住宅ローンの控除を受けられる制度があったりします。
銀行や税務署に細かい条件や内容を確認すると良いでしょう。
「完全分離タイプ」と「完全隣居タイプ」はお互いの家計費状況を相手に知られることがありませんので、完全プライバシーも守りたい方にはこちらの方がいいのかもしれませんね。
一概に二世帯住宅と言っても親世代の年齢や子世代の年齢・家族構成・収入などが大きく関わってくることも否めません。お互いがストレスを溜めることがなく、協力し合っていい距離感で生活できる空間を持てるといいですね。
スポンサーリンク