二世帯住宅、と聞くと
親世帯との同居を思い浮かべて
ちょっと憂鬱になってしまいますよね。
でも、二世帯住宅と言っても、
完全に同居、
というわけではありません。
完全分離のタイプの間取りにすれば
そんな心配はいりません!
今回は二世帯住宅の完全分離について
ご紹介していきます!
完全分離の間取り2パターンも
それぞれご紹介していきます!
スポンサーリンク



二世帯住宅の間取りには、
完全分離のパターン、
半分ほどを共有するパターン、
ほとんどすべてを共有する
パターンの3つがあります。
自分もしくは相手の家族とはいえ、
常に一緒に生活を共にするなんて無理!
という方には、
完全分離のパターンがおすすめです。
この完全分離のパターンでは、
近くに住んでいながらも
お互いの生活が見えにくいため、
「お隣さん」のような
距離感を保つことができます。

二世帯住宅の間取りを完全分離するということは、とにかく干渉されない!自分のペースで生活ができる!

完全分離のパターンだと、
プライバシーが守られるので
ストレスが少なくなります。
どんな料理を作っているのか、
どんな私服を家では着ているのか、
どんな休日の過ごし方をしているのか…
なんて、いちいち詮索されていたら
やっていけませんよね。
完全分離のパターンにしてしまえば、
お互いの生活が見えないため、
干渉がほとんどありません。
私は幼いころ、
祖父母と同居していました。
しかし、完全分離ではなく、
居間などは共有だったため、
なにかと祖父母が
口を出してくるという環境で、
とてもストレスに
思っていた記憶があります。
しばらくして、引っ越しをして
別のところに住んでいます。
完全分離の二世帯住宅に
住んでいるわけではないのですが、
祖父母の世帯と離れたことで、
干渉がされることがほとんどなくなり、
殺伐としていた家族関係が
温かくなったことが
とても印象に残っています。

二世帯住宅の間取りで完全分離していた場合、相手が見えないからこそココに注意!

完全分離のパターンの
メリットでもあり、
デメリットでもあるのですが、
意識しないと
お互いの様子がわからないことが
問題になることがあります。
体調が悪くなってもわからないため、
いざというときに
助けることができません。
ですので、完全に分離して生活する、
といっても、定期的にお互いに
情報交換ができるような
関係を築いておきたいですね。
スポンサーリンク



二世帯住宅の間取りで完全分離といっても「お隣さん」のような距離感なら「左右分離」タイプがおすすめ!

左右分離のこのパターンは、
一般的な一軒家をふたつ
隣同士にくっつけたようなものです。
なので、「お隣さん」のような
距離感を保つことができます。

二世帯住宅の間取りでお庭がほしい人にはぴったり!

一般には二階建てで
二世帯分を隣にくっつけて作るので、
普通の一軒家のような
間取りにすることができます。
そのため、
家具の配置等が考えやすくなります。
また、二世帯とも1階があるので、
庭を利用しやすくなります。
ガーデニングが趣味の方はもちろん、
小さいお子さんがいる
おうちにもおすすめです。
庭を利用しやすいので、
お子さんとお外遊び、
夏であれば水遊びも
楽しむことができます。
犬などのペットを飼うのもいいですね。
そして、
将来は片方を賃貸することも可能です。

二世帯住宅の間取りで左右分離型のデメリットとはバリアフリーにはとっても弱い!

この左右分離のタイプだと、
階段がそれぞれの室内にあるので
その分のスペースが
無駄になってしまいます。
また、階段に関連して、
親世帯が高齢化してくると、
足腰が弱くなって、
2階への行き来が大変になります。
事前にバリアフリーの設計にしておく、
1階だけでも
生活を完結させられるように
間取りに工夫をする必要があります。

二世帯住宅は間取りによっても異なりますが、お財布としっかりご相談する必要があります!

この完全分離のパターンでは、
一軒家を二軒分建てているのと
大して変わりありません。
そのため、建築費用が
とても大きくなってしまいます。
間取りなどにもよりますが、
一般的な住宅の
1.5倍から2倍以上になってしまいます。
また、メンテナンスにも
2倍以上の費用が
掛かることもありますので、
建築時だけでなく、
その後のメンテナンスの費用も
見据えておく必要があります。

二世帯住宅の間取りはココに注意!

壁が接しているので、
間取りを考えるときは注意しないと
お互いの物音が響いてしまう、
ということにつながってしまいます。
お互いの部屋が隣接する部分には
水廻りやクローゼット等の
収納を設置して、
物音が気にならないように
注意しないといけません。
スポンサーリンク



二世帯住宅の間取りを決めるうえでコンパクトに暮らしたいなら、上下分離のパターンがおすすめ!

次にご紹介するのは上下で
生活するスペースを分ける、
上下分離のパターンです。
この上下分離のパターンでは、
多くの場合、1階に親世帯のフロア、
2階に子世帯のフロア、
と分けることがほとんどです。
一世帯につき、
ワンフロアで完結させることが
できるので
生活がコンパクトになります。

二世帯住宅の間取りワンフロアにして目が行き届きやすくする!

一世帯で1フロアをまるまる使うので、
生活空間がフラットになります。
そのため、フロア全体に
目が行き届きやすくなります。
高齢で身体が思うように動かなくて、
階段が少ない方がいいと
考える方だけでなく、
小さいお子さんがいる
ご家庭にもおすすめです。
やんちゃ盛りだったり、
はいはいできるようになって
動き回るお子さんが
階段などで危ない思いをしていないか
気を配りやすくなります。

二世帯住宅の間取りによっては足音や物音に要注意!

階下に音が響くので
特に夜間の物音に
注意しなければなりません。
アパートやマンションなどで
上の階の人の足音や物を動かす音が
気になって眠れなかった、
という経験はありませんか?
二世帯住宅で設計の段階で
上下分離にする場合は、
上の階に住む世帯が
活動している時間帯と
下の階に住む世帯の休む時間が
重なってしまうと、
ストレスフルになります。
これを少しでも抑えるために、
水廻りの位置を上下で
そろえておいたり、
下のフロアの寝室の上に
上のフロアのリビングやダイニングが
来ないようにする工夫が必要です。

二世帯住宅の間取りで気を付けておかないといけないこと!階段の位置に注意!

上下分離のパターンの時は
上の階の世帯が外に出るための
階段を設置する場所に
注意する必要があります。
階段を建物の内部に作って、
1階の世帯と玄関を共有する
「内階段」のパターンと、
完全に外に階段をつくって
1階の世帯と玄関を別にする
「外階段」のパターンがあります。
内階段の場合は、
緊急の際に
すぐに駆け付けることができるので、
高齢の親が気になる場合は
こちらがおすすめです。
ただし、
玄関を共有することになるので、
深夜の出入りなどで物音に注意したり、
少なからず
交流をもつことになりますので、
その点には注意が必要です。
いっぽう、外階段のパターンでは、
いざというときに
助けを求められない場合があります。
しかし、玄関も完全に分離させるので、
夜遅くの帰宅や急な来客でも
あまり相手方に気を配らなくても
いいというメリットがあります。
心配な場合は外階段と内階段を
2つ作っておくこともできます。
その際は、どちらの階段を使うのか
ルールを決めておきましょう。
内階段か外階段かで迷ったら、
二世帯住宅にする理由を
もう一度考えて、
決めていきましょう。
スポンサーリンク



まとめ

二世帯住宅の間取りについて
ご紹介してきました。
親世帯と子世帯を完全分離にする、
といっても、上下で分離するのか、
左右で分離するのか、
というのは大きな違いがあります。
それぞれのメリットやデメリットを
しっかりとおさえて、
どのパターンにするのか
決めていきましょう。
設計の段階で失敗してしまうと、
あとの生活が
ストレスフルになってしまいます。
「建ててよかった!」と言えるように、
しっかりと
前もって検討していきましょう!
スポンサーリンク