車を運転する人にとって万が一の時の為に保険は必要です。
特に事故を起こしてしまった、加害者になってしまった場合、任意保険に入っていないと面倒なことになってしまうかもしれません。
自賠責保険は入っているからいいんじゃないの?
という人も中にはいるかもしれませんので、ここでは自賠責保険と任意保険の違いや任意保険を未加入で交通事故を起こしてしまった場合、加害者にはどのような負担がのしかかってくるか見ていきたいと思います。

任意保険・自賠責保険の2つの保険

車を運転するのに必要な・かけておいた方がいい保険は2種類あります。
自賠責保険と任意保険です。これらは補償する内容が違います。

自賠責保険

自賠責保険は正式名称を「自動車損害賠償責任保険」と言い、車を運転する上で義務付けられている必ず必要な保険です。
言い換えると、自賠責保険に加入していないと車は運転してはいけません。車検を受けることもできません。
もし自賠責保険に加入せずに車を運転すると
「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」
「違反点数6点 免許停止処分」
更に、自賠責保険の証明書を車に備えていなければ
「30万円以下の罰金」
となります。
自賠責保険は事故の被害者を補償する保険です。
つまり自己をした時の相手側の身体に対して補償するもので、相手の車や自分側の車・身体を補償するものではありません。
補償内容は
「死亡による損害」
「後遺障害による損害」
「傷害による損害」
の項目で限度額も決まっています。

任意保険

それに対し任意保険は自賠責保険ではカバーできない賠償の補償になります。
相手方に対して
  • 「対人賠償責任保険」-自賠責保険で足りない分の補償
  • 「対物賠償責任」-過って他人の家の塀などを壊してしまった時の補償
自身に対して
  • 「人身傷害保険」-事故の過失の割合に関わらず、自身や搭乗者の治療費や休業損害等の補償
  • 「自損事故保険」-被保険者が起こした事故で自身が死亡・ケガをした場合の補償
  • 「無保険車障害保険」-対人賠償保険未加入もしくは加入していても保険の補償金額が足りていない車の過失による事故への補償。
  • 「搭乗者傷害保険」-運転手を含む搭乗者全員を対象に死亡・治療費・後遺障害等の補償
  • 「車両保険」-破損した車両の修理費の補償
保険の種類や組み合わせ、掛け金などはそれぞれ保険会社によって違ってきます。
車両保険にしても、自損を含む保険、他車との損傷の場合のみの保険などありますので、家族や保険会社の人をとよく相談して加入した方がいいです。

任意保険未加入での事故

車を所有運転する人のほとんどは任意保険に加入していますが、中には未加入の人もいます。
もし、あなたが任意保険未加入で事故を起こしてしまった加害者になってしまった場合どのような負担が考えられるのでしょうか?
  • 被害者の車に対する修理費
  • 被害者に同乗者がいた場合、その人の治療費等
  • 自賠責保険ではカバーしきれない被害者に対する費用
  • 被害者との直接交渉
  • 自身の車の修理費
  • 自身の治療費
  • 自分の車に同乗者がいた場合の治療費
もし、加害者が支払わなかったり交渉がお互い上手く成立しなかった場合は、被害者が裁判所に訴え出ることもあります。
予想のつかない費用と時間が加害者には大きな負担としてのしかかってきます。
任意保険に加入していれば保険会社が被害者側と連絡を取ってくれ治療費や車の修理代などの手続きを代わりに行ってくれます。
(かけている任意保険の補償内容による)
一度事故を起こすと再発の可能性も含めて、その後の任意保険の掛け金は上がってしまいますが。
最後に
事故の被害者にも加害者にもなりたくはありませんが、絶対自分は事故は起こさない巻き込まれないという保障はどこにもありません。
事故はわき見運転だけでなく、冬場の路面凍結、雨の日のハイドロプレーニング現象などでもおこることがあります(筆者の経験上)。
避けようと思っても避けられない事故です。
もちろん任意保険は決して安いとは言い切れませんが、事故が起きてしまった時の負担を考えると任意保険はかけておいた方が安心できます。
人生は何かあってあたりまえ、何もなかったら「あーよかった」です。
交通事故だってしたくてするものではありません。
何かあった時の備えとして、車を所有運転するならその責任の一つとして考えていくのがいいのでしょう。
スポンサーリンク