お勤めしている方の夏の連休と言えばお盆休み。
このお盆休み中に、身内や親せきなどで初盆があるという方もおられるはず。
初盆に伺う時には香典を持っていきますが、いくらくらい包んだら良いのでしょうか。

初めてであれば見当もつかない香典の金額。今回は香典とその包む金額について一般的な話として説明します。

スポンサーリンク



初盆とは、故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことで、新盆とも呼ばれることがあります。初盆は故人が亡くなって初めて自分の家に帰ってきて、親族たちと一緒に過ごす期間。それだけに大事な行事と言っても過言ではありません。そのため、他の法要よりも丁寧に手厚く故人を迎え入れてあげる供養であると言われています。
初盆には、故人の親族や親しかった友人なども交えて法要を執り行うのが一般的です。
スポンサーリンク



初盆には香典が常識

普段のお盆などに伺うのであれば、お供え物として手土産を持っていけば良いのですが、初盆には香典を持っていくのが常識です。初盆に伺うためには忘れてはならない大切なマナーのひとつだと思ってください。
スポンサーリンク



香典とは?

香典とは、亡くなった方の霊前にお供えする金品のことを言い、香というのは線香の香。霊前に線香の代わりに金品を供えることから香典と言われています。ただし、初盆に包む香典には香典とは書きません。香典やご霊前は四十九日までに使うものであり、四十九日以降は亡くなった方は仏様となるため、ご仏前と書くのが常識です。
ちなみに神式では、線香を使わないので香典という言葉は使わず玉串料といい、キリスト教などでは御花料という言葉を使います。仏教であれば、初盆の香典の表書きにはご仏前と表記しましょう
スポンサーリンク



初盆の香典にはいくら包む?

初盆の香典の金額は、地域によっても違いはありますが、一般的と言われている金額は3,000円から10,000円です。初盆にお坊様の読経のあとに食事などが用意されているのであれば、その分も含めて香典を包むと良いでしょう。
スポンサーリンク



香典とお供え

初盆に伺う場合、香典と一緒に故人の好きだったお菓子やお酒、果物などを持っていくと喜ばれます。暑い時期なので、日持ちの良いものがおすすめです。お供えを持っていくのであれば、香典に5,000円、お供えに3,000円くらいのものを差し上げる形で良いでしょう。
スポンサーリンク



初盆の香典について知ることもひとつのマナー

初盆に伺うにあたって香典について知ることは、恥ずかしい思いをしないためにも得ておくべきひとつのマナーです。初盆では故人の霊をもてなし、一緒に過ごし、思い出話をすることが一番の供養になりますよ。
スポンサーリンク